あなたの彼女は大丈夫? 結婚に焦る女性の特徴10パターン!

カップルとして付き合う期間が長くなるほど、自然と意識しだす結婚するしない問題。
「彼女は結婚とか考えているのだろうか?」そんなことをふと思っても、直接本人にはなかなか聞きにくいですよね。
しかし本当に結婚を望む女性の場合、「ひょっとして結婚したいのかな?」と感じる発言や行動が日常に見られるもの。
そこで今回は、交際中の彼女が結婚を意識しているかどうか見抜きたい男性に、結婚に焦る女性の特徴を10パターンご紹介します。

結婚に焦る女性の特徴10パターン

結婚に焦る女性の特徴それでは早速、結婚に焦る女性の特徴をチェックしていきましょう。

(1)「ずっと一緒に…」など永遠を強調した言葉が多くなる

あなたも彼女もいいオトナ。
そんな彼女の口から「ずっと一緒に」という言葉を頻繁に聞くようになった場合は、結婚に焦っている可能性が高いでしょう。
永遠に関連した言葉を強調されたら、彼女はノリではなく本気なのだと思ってください。学生カップルがいちゃついてプリクラに書くのとはわけが違います。
いい歳をしたオトナの女性が「ずっと一緒に」などの言葉を口にしたときは、結婚したい意思表示と心得てください。

(2)結婚したときの例え話を頻繁にしてくる

「結婚したら子どもは最低2人ほしいな」、「マイホームは庭付きで、子供たちと一緒に遊びたいな」、「結婚したら毎日おいしいご飯作るね」など、交際中の彼女が結婚したときの例え話を頻繁にしてくる場合も、結婚に焦っている可能性が極めて高い状況でしょう。
このように女性が具体的な例え話をしてくる場合、たいていは結婚願望があるからです。そして、頻繁に例え話をすることで、彼氏に結婚したい気持ちを察してほしいとアピールしているのです。

(3)自分の親に何度も会わせようとする

親に会ってほしい=結婚を焦っている、とは限りません。
男性の場合は、結婚するつもりのパートナー以外は親に会わせたくないと考えがちですが、女性の場合はただの顔見せ程度でも自分の両親に彼氏を紹介することは普通にあります。
しかし、何度も親に会ってほしいとなると話は別。この“何度も”というところが、見極めのポイントです。
そして頻繁に会うようになると、やがてお正月などの家族行事に誘われるようになるでしょう。そうやっていつの間にか、あなたは家族の一員に取り込まれて結婚から逃げられなくなるのです。

(4)お金の使い道を詳しく聞いてくる

女性はさりげなく相手の年収や貯金額をチェックしますが、結婚したいとなると真剣度が違います。
「あなたが趣味にいくら注ぎ込んでいるか?」「結婚したら控えることができそうか?」など厳しい目で見てくるでしょう。
中には、彼氏が稼いだお金はうちら2人のお金という認識の女性もいて、カップルの段階から無駄遣いをしないように厳しく管理されるかもしれません。
交際中の彼女が、まるで嫁のような振る舞いでお金の使い道を詳しく聞いてくるようになったら要注意です。

(5)現実的な人生プランを語りだす

あなたの彼女は、2人の人生設計について語ったりしていませんか?
もしそれが「将来は南の島に住んで~」というような、夢見がちの漠然としたものなら安心です。
しかし反対に「○歳までに結婚してすぐ郊外に自宅を買って、○歳までには子どもがほしいかな!」などと妙に現実的なプランをあなたに話してくる場合は、結婚に焦っている可能性が高いでしょう。
これは、あなたに私の人生設計に付き合ってほしいというサインでもあります。

(6)結婚情報誌を見せてくる

部屋の中にさりげなく結婚情報誌が置いてあったり、「こんな結婚式って素敵よね~」と本の内容を紹介してきたりする場合、彼女は結婚に焦っているのかもしれません。
結婚情報誌を見せてくる女性は、結婚を意識する人あるあるのネタですので、彼女としてもう少しさりげなくアピールしたいはずです。
それをなりふり構わずにアピールしてくるのは、結婚に焦っている証拠と言えるでしょう。また、結婚情報誌の内容に興味を示さない場合は「なんでここまでアピールしているのに気持ちに応えてくれないの?」と不満を感じるようになるかもしれません。
そうすると、彼女の結婚願望がますます強くなり、喧嘩しがちになることも…。この段階まできたら、今後のことを真剣に考えた方がいいかもしれません。

(7)友人が結婚したことを頻繁に報告してくる

友人の結婚はめでたいことですが、彼女がそのことをあなたへ頻繁に報告してくるのは結婚に焦っているからかもしれません。
同世代で仲良しの友人が結婚すると、不思議と焦りがでたり強烈に結婚を意識し出したりするもの。
このように、彼女が友人の結婚をしつこく報告してくる場合は「みんな結婚してるんだから、この流れで私たちも結婚しない?」という意図に加えて、「残り物になりたくなくて焦っているんだよ」という2つの女性心理が考えられるでしょう。
これに付随して、結婚式の良かったところや、理想の新婚旅行などを話すようになったら、黄色信号と言えます。今後のことを真剣に考える時期がきたのかもしれません。

(8)子どもの話題が増えた

子どもは何人ほしい、男の子が生まれたらサッカーを習わせて、女の子にはフリフリのスカートをはかせたいなどと、より現実的に子どもの話をしてくるようになった場合、また街中で子連れの家族をみて「幸せそうでうらやましい」「私たちも早くああなりたいね」などと言ってきた場合、彼女は結婚に対して焦っているサインと言えるでしょう。
子どもを作る気があるかどうかは夫婦それぞれにもかかわらず、当たり前のように子どもの話をしてくる理由は、「結婚してくれるよね?あと、当然子どもはつくるよね?」という押し付けとも言えます。

(9)仕事がつらいと言い出す

単なる仕事の愚痴ではなく、ハードな業務や職場の人間関係を理由に彼女が仕事を辞めたいと頻繁に言いだす場合は、結婚して家庭に入りたいと訴えている可能性が考えられます。
もともと職が安定しない人の場合は当てはまりませんが、例えば仕事にプライドを持っていたり、これまで一つの職場で長く勤めていたりする女性からこのサインが見られた場合は、少し注視した方がいいかもしれません。
また、このサインは結婚後共働きをしたくない、専業主婦になりたいという意思のあらわれでもあるため、結婚するかどうかを決めるときの判断材料にもなるでしょう。

(10)なんでも年齢の話を絡めてくるようになった

彼女の口から「私はもうアラサーだから…」など、年齢に対する悲観的な話が増えた場合は、早く結婚して落ち着きたいと訴えている可能性が考えられます。
一般的に、30歳を超えると結婚へのハードルが高まるといわれているため、多くの女性は26歳以降に結婚への焦りを感じ始めます。
彼女の年齢と発言内容を照らし合わせて、結婚に焦っているのかどうかを慎重に見極めましょう。

結婚に焦る女性を正しく見極めよう

結婚は男女にとって人生の一大イベントです。
特に女性の場合、子どもを産む適齢期のこともあり、男性よりも結婚に対してシビアに考えている人が多いもの。
結婚に焦る彼女に押されるがまま結婚を決めて、将来お互いが不幸になる…なんて結末にならないよう、自分の意思をパートナーにしっかり伝えていくことが大切です。

恋愛・デート #結婚

この記事のライター
黒田 亜希子
黒田 亜希子
都内在住★ 趣味でDJなどを少々♪ ものを書くのが好きなので、役に立つ情報を楽しくお届けしていきます!