エロい男に共通する10の特徴!オンナの興味をそそる「本物のエロ」を演出する方法。

エロい女の人って、やっぱり興味をそそりますよね。
着ている洋服にたいして肌の露出面積が多かったり、お酒が入ると色っぽくなり頻繁に下ネタを言う女性は、男としてグッとこみ上げてくるものがあります。

でも、このエロさに惹かれてしまうのはなにも男性特有のものではなく、実は女性も同じように男性のエロい部分に惹かれやすいことをご存知でしょうか?
そこで今回は、オンナの興味をそそる「エロい男」に共通する特徴と、エロさの元である色気やセクシーさを演出するための方法をご紹介します。本物のエロを兼ねそなえた男性は、マジで女性にモテます!

エロい男の特徴①|身だしなみに清潔感がある

image1

女性が恋人の彼氏に求める条件として定番中の定番「清潔感のある見た目」。
これは、エロい男を演出するうえでも欠かすことができません。出かける前、ボサボサの髪はきれいに整え、乾燥している肌はきちんとケアを施し、服には汚れや毛玉がついていないか、全身くまなく念入りにチェックしてください。

また身だしなみを整えるうえで、特に乾燥肌やニキビ跡など当日すぐには改善できないものもありますので、日頃からスキンケアやオーラルケアは欠かさずやっておきましょう。

エロい男の特徴②|包容力がある

エロい男性には、見た目や性格においても女性を優しく包みこむような「包容力」があります。
たとえば見た目の場合は、ガタイの良さやたくましい腕・厚い胸板など筋肉質な要素が挙げられるでしょう。特に腕は男らしさの象徴的な部位でもあり、性的な魅力を感じる女性も少なくありませんので、日頃から鍛えておくべきです。

そして性格の場合は、優しさと気遣いなどの要素が挙げられます。普段からさりげない気配りや丁寧な言葉遣い・謙虚な姿勢で接することを心がけましょう。

エロい男の特徴③|落ち着きのある言動

慌ただしく落ち着きがない人と、ゆっくりとした所作で落ち着きがある人。どちらの男性に大人っぽさや色気を感じるでしょうか? もちろん後者の、落ち着きがある人ですよね。落ち着きのある言動や振る舞いは、相手に安心感を与え、女性を惹きつけるエロさを演出するうえでも必要不可欠な要素です。

また、この落ち着きのある言動もそこまで難しく考える必要はありません。
普段の行動や話し口調を、気持ちゆっくり目に意識すればよいのです。

言葉を選んでゆっくり丁寧に話す、立ったり座ったり歩いたり、ひとつひとつの動作をとにかくゆっくりする、これだけでも十分に落ち着いた人に見えますので、ぜひ日頃から心がけて生活してみてください。

エロい男の特徴④|低い声を発する

image4

“女性は耳で恋をする”という言葉があるように、聴覚は女性にとって特別な箇所。そのため男性が男らしさやエロさを演出するうえで、低い声のトーンはかなり強力な武器になるでしょう。

とはいえ、生まれつきの地声を変えるのはそう簡単にできることではありませんよね。そんな自分の声が高めのトーンで低い声が出せない…という男性は、自分が出せる声域の範囲内で構いませんので、会話する際にあえて高音と低音を使い分けて話すと良いでしょう。

たとえば、普段の何気ない雑談シーンでは地声の高いトーンで話し、本当に聞いてほしいことや他人を説得する際に低いトーンへと変わるようなイメージ。同一人物から発する声のトーンに高低差をつけることで、相手の耳に錯覚を持たせるのです。

エロい男の特徴⑤|口数が少ない

おしゃべりな男性にとっては耳の痛い話かもしれませんが、年がら年中ぺちゃくちゃ喋り続けていたら、ムードもへったくれもありませんよね…。エロさにあふれる男性は、たいてい少ない口数でクールにキメます。

たしかに「おしゃべりで、話がうまい」という要素は、女性を楽しませるうえではとても重要なこと。ただし、エロさを演出するうえで口数の多さは不必要かつどちらかといえば邪魔なものになりますので、特に話好きの男性は気をつけてください。
また「口数が少ない」という要素には、ミステリアスな色気を演出できるなど意外な魅力も隠されているのです。

エロい男の特徴⑥|素養の高さ

イスに座ったときやその場に立つとき、また歩き方など普段の姿勢は育ちの良さに反映されます。ほかにも、食事中のマナーや言葉遣いなど、素養の高さを感じさせる男性には女性もうっとりしてしまうもの。

たとえば、イスへ腰かける際にめいいっぱい足を伸ばす、肩をすぼめて猫背の姿勢になる。そして立つときは手をモジモジいじる、片方に重心が偏って全体的にバランスが悪い。それから食事中はくちゃくちゃ音を立てながら食べる、トイレに行っても手を洗わないなど……シチュエーションを挙げればキリがないほど、日常生活においてその人の素養が見え隠れするシーンはさまざまあります。
公共の場では、常に見られていることを意識し、ビシッとかっこよく振る舞いましょう。

エロい男の特徴⑦|女性の扱いがうまい

image7

エロさにあふれる男性は、とにかく女性の扱いが上手で、さりげないボディタッチと自然な振る舞いで、女性の警戒心をいとも簡単に解き放ち、素の状態を引き出します。

またエロい男性は、女性が喜びそうなツボを心得ているのも特徴で、「前、これ好きって言ってたじゃん?」など、女性が過去に話した内容をこと細かに脳内へ記憶し、いざというときの武器に変えてしまいます。

恋愛初心者にはちょっとハードルが高いかもしれませんが、まずは日頃から女性をよく観察し、相手の女性がいま何を求めているのかを察する練習を繰り返してみてください。
基本的に女性は、わざわざ言葉で伝えなくても、察して欲しいと思う生き物です。

エロい男の特徴⑧|エロにたいしてオープン

これは「下ネタを積極的に話そう!」という単純な話ではありません。むしろ本当にエロい男性は、場の空気に敏感で節度をわきまえているため、自分から下ネタを言わない人のほうが多いでしょう。
ただし、ふいに第三者から下ネタを振られた際には、包み隠さずオープンに話すことに長けているのです。

また、下ネタを話す際のさじ加減が巧みな点もエロい男性を演出するうえで大切なポイントで、基本的に下ネタは、内容によってはドン引きされるリスクもありますが、本物のエロを心得ている男性は、女性に引かれない範囲に留め、クスッと笑える絶妙なラインで下ネタを話すことができるのです。

エロい男の特徴⑨|良い香りがする

近くにいる女性からふわっと良い香りが漂うと、男性的にはちょっと嬉しく、人によっては色気を感じて興奮するポイントでもありますよね。
それは基本的に女性も同じで、気になる男性の匂いにはけっこう敏感に反応し惹かれやすくなる胸キュンなポイントでもあります。

ただし、あくまで“ふわっと香る程度”に留めることが重要で、あまりにも強烈な匂いを発してしまうと不快に思われ逆にマイナスポイントになりますので、香水やコロンなどのつけすぎにはくれぐれも注意してください。
互いに密着したときに、さりげなく香る程度で品の良い香らせ方を心得ましょう。

エロい男の特徴⑩|愛嬌が良いばかりではない

image10

いつもにこやかで愛嬌のある人って、一緒にいるだけで幸せな気持ちに包まれますし、人間的にも魅力がありますよね。
しかし、それだけでエロい男を演出することはできません。エロを演出するためには笑顔だけでなく、ふとした瞬間の冷たい眼差しや、アンニュイな表情もまた重要なのです。

ただし、いきなり相手をにらみつけたり、「俺、セクシーでしょ?」と言わんばかりのキメ顔はナルシストの印象を与え引かれてしまう原因になりますので、やり過ぎや勘違いには気をつけましょう。

今回は、エロい男の特徴と、エロさを手に入れるための演出方法についてご紹介しました。
エロさの演出とは、相手の本能に訴えかけるアプローチです。
ファッションや流行などに左右されたり風化するものではなく、一生役に立つモテテクですので、これまでの印象をガラリと変えて「エロい男」や「セクシーな男」になりたい男性は、今回ご紹介した内容を参考にエロさを磨いてみてください。

恋愛・デート #エロい男 #特徴 #演出方法 #セクシー #色気

この記事のライター
tsuta
tsuta
フリーライター。 ユニークな恋愛経験が豊富で、今まで交際した女性は地下アイドル、歌手、風俗嬢、メイドカフェのメイドなどさまざま。その経験を活かし、恋愛に関する記事を執筆している。心理学や脳科学を使った恋愛アプローチも得意。