既婚者(女)を口説くなら“ツボ”を知れ! 人妻が旦那以外の男性に言われて喜ぶ「セリフ」8つ

結婚していても口説いてみたいと思う女性はいますか?
既婚女性を口説きたいときは、独身女性を口説くときとはちょっと違う“ツボ”を心得ておく必要があります。
ちょっぴりキケンな遊びの序章……「人妻の口説き方」をご紹介します♡

人妻を喜ばせるポイントは、褒めること!

image1

結婚してからは、炊事・洗濯・育児・仕事…全てが出来て当たり前。
最初はご飯を作っては「美味しいね」と褒めてくれていた夫も、いつしか当たり前の顔をして食べている…。気付けば何をしても褒めてもらえなくなってしまった妻は、当たり前のことでも誰かに褒められると嬉しくなっちゃうんです。

例えば…
●女扱いをしてあげる
夫からは女扱いされなくなってしまった人妻を、ちゃんと女性として褒めてあげると嬉しくなります。

●旦那さんを褒める
自分の夫を褒められて嫌な妻はいません。むしろ、夫を褒めてくれたいい人としてポイントが上がる可能性もあります♡

セリフ①▶︎「旦那さんと上手くいってるんですね。残念だなぁ…」

image2

何気なく話している会話の中で不意に言われるとドキッとしちゃうセリフ!

特に口説いているようなセリフではないのに、夫とうまくいっていることをわざわざ「残念」とアピールされると、「それってどういうこと!?」とちょっとドキドキ…。
「夫と上手くいってなかったらどうするつもりなのかしら…」と、男性の気持ちを深読みしてしまいます♡

セリフ②▶︎「結婚してるとは思えないくらい綺麗ですね」

image3

新婚当初はそれこそ「若いわね」「綺麗ね」とチヤホヤされるものですが、結婚式が終わればただの人妻。

よほど美容に手をかけていたりスタイル維持に努力をしていない限り、容姿で褒められることはあまりなくなっていきます。 家の中に居るとどうしても所帯じみて生活感が出てしまうのに、「綺麗ですね」なんて言われて喜ばない人妻はいないハズ♡

セリフ③▶︎「ボクの方が相性いいんじゃない?」

image4

一緒に生活し始めて気付く生活リズムのズレや感覚の違いは「我慢」で乗り越えていくのが夫婦でしょう。些細なズレを少しずつ譲り合って微調整しながら生活をしていると、時に疲れてしまう部分もでてきます。

そんなときに「僕との方が相性が良さそう」なんてセリフを言われるとちょっと嬉しくなってしまいます。夫に対して諦めていたところを受け止めてくれるクッションのような優しいセリフです♡

セリフ④▶︎「オレと結婚してたら放っておかないのに」

image5

連日夜遅くに返ってくる夫を待っている妻は、「家族のために頑張ってくれているから」とあまり愚痴は言いたくありません。しかし、少しずつ溜まっていく寂しさを夫はあまり理解してくれません。愚痴でも何でも、話せる相手がいないというのは人妻にとってこれ以上の孤独はありません。

そんなときに「放っておかない」なんて言われて喜ばない妻はいないでしょう。上手く人妻の心の隙に入ってくるセリフです♡

セリフ⑤▶︎「旦那さんがアナタを独り占めしているなんてズルイ」

image6

結婚というのは、言わば「売約済み」という状態。

誰かのモノになってしまったという事実は変えることができない状況下で、自分自身が誰かのモノであることに「ずるい」と言ってくれる人がいるなんて知ったら思わずドキドキ!

契約上では確かに売約済み状態かもしれませんが、心まで縛ることはできません。もし、夫が独り占めしなくていいことになったらどうなるの!?と妄想が止まりません♡

セリフ⑥▶︎「結婚してなかったらなぁ…」

image7

含みを持たせたセリフに、人妻は思わずモヤモヤドキドキしちゃうセリフ♡

(「もし自分が旦那さんと結婚してなかったら自分が…」なんて思ってくれてるのかしら…?)とその先のセリフまで先読みしちゃう人妻だって多いはず。 例えジョークでも「やだ~!からかわないでよ~」なんて照れ笑いしつつ、思わず胸をときめかせて喜ぶでしょう!

セリフ⑦▶︎「ボクがあなたと結婚したかった…」

image8

仲が良い夫婦だったら「いいでしょ~♡残念でした!」と言われて終わるセリフですが、もしこれが夫との関係に行き詰っているときにこんなセリフを言われたら、思わず気持ちが揺らいでしまいそう!

仲が良い夫婦であっても、もしこのセリフが頭の中にあれば、夫とケンカしたときに不意に男性の顔が浮かんでくるかもしれません…♡

セリフ⑧▶︎「もっと早く出会いたかったな…」

image9

結婚してもまだまだ女性として見られていること、自分のことを好いてくれていることが分かるセリフなので、言われて喜ばない人妻はいないのではないのでしょうか。

特にマリッジブルーを経験したことがある人妻なら「もしかして夫じゃなくてこの人だったのかもしれない…」と、思わず気持ちが揺らいでしまうこともありそう♡

人妻とはいえ、もし男性からこんなセリフを言われたら、思わず「異性」として意識してしまうかも。……とはいえ、あまり人妻をからかってはいけませんよ! 火遊びのつもりが本気にならないようくれぐれもご注意を♡

恋愛・デート #人妻 #喜ぶ #セリフ #夫 #旦那 #男性 #口説く

この記事のライター
華見 月
華見 月
気になることはすぐに調べたくなる性分。海外ドラマや映画が好きだけどジャンルが偏りがち。その日にあった嫌なことは大体寝れば忘れていくスタイル。