もしや俺って「キープ君」…?女性にキープ扱いされやすい男の特徴

仲が良い女性と友達以上の恋愛関係になかなか発展しない男性っていますよね。いつもそのコと一緒にいるはずなのに男女の恋愛関係にはならない…。
それ、もしかしたら都合の良いときだけ彼女に呼び出されるキープ君になってるのかも。そこで今回は、女性にキープ扱いされやすい男性の特徴をまとめてみました。

いい人・一緒にいて楽な男

image1

キープ扱いされやすい男性の特徴としては、まず「友達として好かれても異性の“男”として見られていない」ことが挙げられます。

基本的に女性は「友達付き合いとしていい奴・一緒にいて楽な男」と「恋愛対象として付き合う男」はキッパリ明確に分けて見ています。

もちろん、本命候補となる男性の保険として男友達をストックする、そんな女性もいますので永続的にキープ扱いというわけではなく何かのキッカケで突然恋愛関係に発展する可能性もゼロではありません。

「もしかしてオレっていい人止まりになってるかも…?」
そんなことを不安に思う方は、相手の女性に対していつもとは違う自分を演じてみるといいかも。急にアナタをみる目、態度が変わるかもしれません。

連絡のレスポンスが秒速な男

image2

他にも特徴として、女性が送った他愛のないメールやLINEに、いつも素早く返信してしまう男性もキープ扱いされやすいと言えます。

四六時中いつもスマホを片手に握りしめ、女性からの連絡・呼び出しを心待ちにしている…。そんな男性も女性からしてみればコントロールしやすく恰好の餌食になりやすい。

レスポンスが早いことは良いことで、相手にも好印象を与えやすく、その人の長所ともいうべき点ですが、たまには計算高く相手からの連絡を焦らし「あれ、どうしたのかな?」と心配させる駆け引きがあってもいいかも。

本命彼氏に伸し上がるには、ちょっとしたズル賢さも大切ですよ。

ワガママを聞いて尽くしちゃう男

image3

「好き」や「惚れる」という恋心は、男女に関係なく誰もが抱く普通の心理。そして自分ではコントロールしにくいもの。

女性にキープ扱いされやすい男性は、まだ付き合ってもいない相手の女性に誠心誠意、全力で尽くしてしまう特徴があります。

「この人は私のことがスキだから、何でもワガママ聞いてくれるはず…」
相手にそう思われたらかなり危険な状況。

女性はアナタの好意を逆手に、
「とりあえず味方に取り込んでおこう」
そんな考えが裏に隠されているのかも。

““女性には、とにかく尽くすことが正義””
そんな考えの男性はとくに要注意です。

モテそう…だけど扱いづらい男

image4

見た目もカッコよく、話も面白い。
そんな一見モテそうだけど、本気で恋愛したらかなり疲れそうな男性も、なかなか本命カレとはなりにくく、グループで食事するだけの関係、友達付き合いで止まってしまう傾向が高いようです。

パーフェクト過ぎる、やたら正義感が強い、強引過ぎる、自慢話が多い…等は、女性からしてみれば付き合う相手としてはちょっと扱いづらい、面倒くさい男となってしまい、友達以上の関係を望まない「キープ君」という位置づけになってしまうのです。

もちろん男らしいのはステキなこと。でも…相手に窮屈な想いをさせては元も子もありませんよね。

もし相手の女性と、本気で恋愛関係を望むのであれば、少し自己主張を抑え「扱いやすい人」と思わせることがポイントです。

友達付き合いから恋愛への発展を期待しない「キープ君」。寂しがりやで、一人でいること孤独を嫌う女性に多いようです。
もし友達付き合いからの発展を望むのであれば、彼女達との付き合い方・接し方を見直してみるといいかも。

恋愛・デート #キープ #男性 #特徴 #女友達

この記事のライター
浅田ちひろ
浅田ちひろ
3年一般企業で務めたあと、フリーライターに転身しました! トレンドを中心にいろんな情報を発信していくので、よろしくお願いします♡ 出身:千葉 好きなもの:ネコ 苦手なもの:コーヒー