オトコは、謙虚であれ! 女性が惹かれる「腰の低い男」になるための心得5つ!

周囲からの信頼が厚く、大勢の人たちに好かれやすい男性は、必ずと言っていいほど謙虚で腰が低く、決して偉ぶるような態度をとらないもの。また、人からも積極的かつ素直に学ぼうという姿勢があるため、仕事上なにかとチャンスやメリットが多いのも特徴です。
しかし、男性の場合は特に、見栄やプライドもあってか、なかなか謙虚に振る舞えない人が多いのも現実です。中には「分かってはいるんだけど、それが難しいんだよなぁ…」と思う人もいるでしょう。

そこで今回は、女性が尊敬する「腰の低い男」になるための心得5つをご紹介!謙虚な姿勢は、なにも生まれ持ったスキルなどは関係なく、普段の心がけ次第で誰でも身につけることが可能です。

女性が「腰の低い男」に惹かれるワケとは?

image1

見た目は綺麗だけど内面が高飛車な女性と、外見は普通だけど物腰が柔らかい女性。あなたは、どちらの人を好みますか?

おそらく大半の男性が、「外見は普通だけど、物腰が柔らかい女性」を選ぶのではないでしょうか。それは女性も同じこと。むしろ女性の場合は、基本的に外見よりも性格重視の人が多いため、なおさら腰が低く丁寧に接してくれる男性に惹かれやすいといえます。

いつもオラオラな態度で、偉ぶる人には“怖い”という印象からつい避けてしまいがちですが、常に謙虚な姿勢で振る舞える男性には安心して近寄っていきやすいのです。


では、実際に腰の低い人になるには具体的にどうすれば良いのでしょうか?ここからは、腰の低い男性になるための心得5つを見ていきましょう。

腰の低い男になるための心得①|何事もポジティブに捉える

image2

まず、腰の低い謙虚な人になりたいのであれば、日頃から何事もポジティブに捉えるクセを身につけましょう。

たとえば、何かトラブルが発生したときにネガティブ思考の人であれば、どうしてもマイナス要素が先行してしまい、人にたいして必要以上に高圧的な態度で叱責したり、また卑屈な性格から誰かのせいにしてしまう人っていますよね。

その点ポジティブ思考の人であれば、トラブルに巻き込まれたときも「ピンチをチャンスに変える」という逆転の発想で、誰かしら人のせいにするのではなく、本質的な問題に向き合い、上手にピンチを切り抜けることができます。

普段から、何事もポジティブに捉えるクセを身につけることで、仮に誰かがミスをしても焦って人にあたることなく、落ち着いた精神状態で冷静に物事の対処にあたることができますし、トラブルを引き起こして落ち込んでいる人を見かければ「大丈夫だよ」と、広い心で受け止めてあげることができます。

もちろん、場面や状況によっては精神を取り乱してしまうこともあるでしょう。
しかし、日常から前向きに考えるクセを持つことで、自然と気持ちにも余裕が生まれやすくなるため、たとえ自分の意図しないミスやトラブルが発生した際も、人に原因の矛先を向けるのではなく、本質的な問題解決と再発防止に時間を割くことができます。

何があっても、冷静かつ的確に対処できるようになれば、周囲からも「心が広く頼りがいのある人」というイメージを持たれるようになるでしょう。

腰の低い男になるための心得②|優しい言動を心がける

image3

物腰が低く、謙虚な人として見られたいのであれば、常日頃から誰にたいしても優しい言動を心がけましょう。

お店の店員さんや小さな子供、高齢者など、普段あなたが周囲の人にたいしてどういう口調や態度で接しているのかを、女性は事細かに観察しているもの。

たとえば、お店の店員さんがミスしたときに、「なにやってるんだ!こっちは客だぞ!」と怒鳴る人や、相手のことを見下して命令口調になったり、友達のように馴れ馴れしく舐めきった態度で接するのはNGです。
お客様は神様ではなく同じ人間。店員さんとはいえ、相手も仕事をしているのです。

自分以外の人にたいして、きつい口調で攻撃したり、横柄な態度で接してしまう人は、まず相手の立場で物事を考え「自分の代わりにやってくれている」という気持ちを持つことで、少しは他人にたいするリスペクトや感謝の心が生えてくるはずです。

また、あなたの周囲にたいする振る舞い方をみて、職場の上司や部下、恋人である彼女は一体どう思うでしょうか。
誰かに尊敬されたいのであれば、まずは自分から行動や態度で示すこと。人に見られている場面だけではなく、人に見られていないときも常に優しい言動を心がけましょう。

腰の低い男になるための心得③|仲間を大事にする

image4

また、腰の低い謙虚な男を目指すうえで、普段から仕事仲間を大事にすることも大切です。

意外に思う人もいるかも知れませんが、基本的に女性は、男友達の多い人や同性に評判のいい男性にたいして、より好印象を抱くもの。なぜなら、世間には女性を前にすると無駄に張りきってカッコつけようとする男性が多く、よりその人の素顔を知るためには、男友達との関係性や同性からの評判を聞くことが一番見抜きやすいからです。

ですので、たとえば職場の同僚や部下が仕事で大変な思いをしているときに「大変だね」と笑って見過ごす人よりも、「大丈夫?手伝おうか?」と一声かけてくれる人の方が好印象ですよね。

もちろん、あなた自身も仕事が忙しいときは人を手伝っている余裕などないと思いますが、それでも誰かが困っている様子を見かければ、一言「大丈夫?」と声をかけてあげるだけでも、だいぶ印象や評判は変わるでしょう。

一方、たしかに人によっては、仕事仲間とはいえ出世争いや成果を競う“競争相手”という見方もありますが、基本的に同じ職場で働く者同士、やはりチームワークの精神で、何か困ったときはお互いに助け合う気持ちが大切です。
ましてや、あなた自身が謙虚な人に見られたいと思うのであれば、やはり仕事とはいえ人を蹴落とすようなやり方ではなく、人を助けたり守ったりする気持ちを優先すべきでしょう。

腰の低い男になるための心得④|家族を大切にする

image5

一見、腰の低さとは関係ないように思うかもしれませんが、家族を大切にする行為も、きちんと謙虚な姿勢を持つことに繋がっています。

たとえば独身の男性であれば、父母の両親が自分を生み育ててくれたこと。また既婚の男性でれば、あなたが一生懸命仕事に打ち込めるよう奥さんがいつも食事の手配や洗濯ものなど、身のまわりのお世話をしてくれること。そしてお子さんのいる男性であれば、子供の成長などが挙げられるでしょう。

これらは全て、決して当たり前のことではありません。

人間は誰しも自分ひとりで生きているのではなく、誰かに生かされているのです。そしてその誰かとは、仕事場の上司や先輩、昔の恩人という人もいるでしょうが、やはり一番感謝すべきは身近な存在である家族です。

このように日頃から家族がいることの有難さ、大切さを知ることで、自然と他の人たちにたいしても優しく謙虚な姿勢で向き合うことができるようになるでしょう。

腰の低い男になるための心得⑤|自分のことを好きになる

image6

それから、自分のことをもっと好きになる、認めてあげることも謙虚な姿勢を持つうえで大切になるでしょう。

自分を好きになることで、自然と周りの人たちにたいしても優しくできるものです。そして、他人にたいして腰の低い姿勢で接するには、まず自分の心の中にゆとりを持つことが大事。そのためには、日頃から気分のリフレッシュ、ストレスの解消を心がけましょう。

たとえば、仕事でいつもアウトプットをしている人であれば、休日は本を読んだり映画を見たり、自然に触れてたくさんインプットすると良いでしょう。
また、毎日デスクワークで日常的に身体を動かす機会が少ない人であれば、トレーニングやスポーツで汗を流すことによって血のめぐりが良くなり、スッキリした状態で人と接することができます。

特に何も予定がない休みの日であれば、一週間頑張った自分へのご褒美として、美味しいご飯を食べに出かけたり、マッサージを受けに行くなど、癒しの時間に使っても良いでしょう。

このように、日頃から自分自身のケアに努めることで、自然と心が豊かになり、気持ちにも余裕が生まれ、誰にたいしても謙虚で腰の低い姿勢で向き合えるようになります。

いくら腰が低いとはいえ、相手に嫌われる態度2パターン

image7

謙虚で腰の低い男性でも、場合によっては嫌われてしまうケースもあります。

(1)接する相手によって態度を変える

たとえば、上司にたいしては腰を低くして一生懸命ゴマをすり、反対に部下や後輩にたいしては偉そうなに高圧的な態度をとるようではいけません。
もちろん、TPOに応じて仕方がない場合もありますが、やはり態度を急変させることで、周囲からは確実に警戒されてしまうでしょう。

(2)腰が低すぎて嘘っぽい

たとえば、せっかく褒められたのに、「そんなことありません!」と強めに否定したり、ちょっとのミスで「ごめんなさい」「申し訳ありません」と、繰り返し何度も謝られると、せっかくの謝罪の言葉もまるで挨拶のように聞こえてしまい、「本当にそう思ってるの?」と逆に疑いの目を向けられてしまうでしょう。

腰が低く謙虚な男性はスマートでカッコイイですが、相手を選んで接し方に差をつけたり、謙虚すぎる態度にはくれぐれも気をつけましょう。

人に優しく、そして真に強いオトコであるためには、冷静さ、穏やかさ、心の余裕、そして何より感謝の気持ちが大切です。
日頃から上記の心得5つを意識して過ごせば、どんな男性も自然と腰が低く謙虚な態度で振る舞えるようになるでしょう。
どれも特別な道具はいりません。
心がけ次第で実践しやすいものばかりですので、特に自分の印象を変えていきたいと思う人はさっそく今日から挑戦してみてはいかがでしょうか。

仕事・ビジネス #謙虚 #腰が低い #仕事 #尊敬

この記事のライター
山野 空
山野 空
カフェ巡りと旅行が趣味です。物を増やさない生活を心がけていますがミーハーです。 最近、御朱印集めを始めました。