超イタい…意識高い系男子“あるある”のNGデート8選!【向上心の高い男性は要注意】

自己成長意欲が人一倍強く、向上心の高い“意識高い系”なオトコ。
自分は「センスがよくて、デキる男だ」というアピールを過剰にする男性は、デートでも知らないうちにイタい行動を連発してしまいがち…。

そこで今回は、意識高い系男子“あるある”のNGデート8選をご紹介します。
よく友達や職場の同僚から「意識高いよね」と言われる、また自分でも「ちょっと俺って意識高い系なところあるかも?」という自覚のある男性は、気になる女性や本命の彼女から嫌われる前に、しっかりチェックしておきましょう。

意識高い系男子…その特徴とは?

image1

向上心の高い男性ってカッコイイですよね!
上昇志向が強く、自ら常に高い目標を設定し、日々の情報収集を怠らない、そんな人たちのことを総称して「意識高い系」と呼びます。

しかし、ただ口に出すだけで、実力や行動が伴っていない人は、周囲から失笑されてしまうでしょう。
たとえば、自己啓発本を読んだだけで満足してしまい、実際の私生活にまったく活かされていない…。やたらセミナーなどの交流会に参加しているわりには、人脈も上っ面の付き合いばかりで、セミナーの中身についても詳しく語ることができない…。勉強熱心なのは素晴らしいことですが、どこか本を読んでいる自分や、自発的にセミナーへ参加している自分に酔っているだけの様子も感じられます。

上から目線でいろいろな批判をするものの、いざ詳しく聞きだしたりすると言葉に詰まって薄っぺらい回答しか返ってこない…なんていうケースも少なくありません。

さらに自分のことを大きく見せるため、なにかと誇張表現してしまうのも意識高い系男子に見られる特徴の一つといえるでしょう。
人に好かれたり、興味をもたれることにたいして人一倍執着心が強く、人と会話するときは自慢を挟まずにはいられないタチ。「俺はこんなにスゴイんだぞ!」とでも言わんばかりに、自慢を披露してきますが、たいていの人からはウザがられて距離を置かれている側面もあります。

ではここからは、意識高い系男子あるあるのNGデート8つを見ていきましょう。

意識高い系男子あるあるのNGデート①|時間に細かく、心に余裕がない

image2

意識高い系男子は、とにかく自己主張が強く、他人に合わせたり人から管理されることを嫌うため、女性とデートする際も、具体的にどこへ行って何をして過ごすかというデートプランの詳細を自分で決めたがります。

たとえば、時間を有効的に活用するため、休日の朝も6時起床の8時集合。そこから一緒にジムへ行って汗を流し、その後はゆっくりできる書店で自分を高めるための本を探す…なんていうデートプランを平気で組みますが、当然NG。

また1分1秒も自分を無駄にしたくないという時間第一主義の性格から、仮に彼女が電車の遅延で待ち合わせ場所に5分遅刻しただけでも大激怒!中には「スケジュールは全部決まってるのに!」と、一日中プンプン怒りっぱなしという人もいます。

女性から見たら、たった5分の遅刻も許せないほど心に余裕のない男性は、逆にカッコ悪いことこの上ありません。

意識高い系男子あるあるのNGデート②|他人と違うことをやりたがる

image3

他人と同じに扱われることを極端に嫌う意識高い系男子は、食事デートで女性を連れて行くレストランを選ぶ際も、ガイドブックに載っているような人気店をあえて避ける傾向があります。

たとえば、日本では珍しいナイジェリア料理やチェコ料理など、わざわざマニアックな料理店を選び「他のオトコとは違う自分」をアピール!
たしかにユニークで、ドキドキ&ハラハラ感はありますが、どんな料理か想像できないうえ、口に合うかもわからないお店に連れて行かれたら、大半の女性は困惑してしまうでしょう。

これまでに一度くらいは足を運んだことのあるお店か、世間の評判が高いお店ならまだ許せますが、ただの興味本位で彼女をマニアックなお店に連れて行くのは絶対に止めましょう。

意識高い系男子あるあるのNGデート③|自分の趣味を相手に強要する

image4

自分の個性を人にアピールしたがりな意識高い系男子は、食事デートのみならず、映画など趣向性の出やすいシチュエーションでも顕著にあらわれます。

彼女を映画デートに誘う際、まるで自分の趣味を相手に押しつけるかのように、マイナーなインディーズものや、まさに意識高い系の人が好きそうなアクションヒーローものに連れて行ったことはありませんか?
食の好みだけではなく、映画などの趣味においても、人の好き嫌いはハッキリ分かれるものです。

マイナーな映画でも、彼女の好みに合いそうな映画を選んでくれれば気遣いを感じられますが、相手の好みをまったく考慮せず、ただ自分が観たいものに無理やり連れて行くような行動は避けたいもの。
とくに知り合ってからまだ日が浅く、これから相手のことを探り探り知っていこうという段階ならなおさらです。

まだ相手のことをよく知らない女性を映画デートに誘うときは、難しい内容、重たい内容の映画は極力避けるようにしましょう。

意識高い系男子あるあるのNGデート④|普通を避けて、非モテな行動を連発する

image5

そして意識高い系男子は、普通でありきたりなことを避けようとするあまり、常識はずれの「非モテ系な行動」に走りがち。

たとえば、飲食店の中でもずっと帽子を被り続け無駄にオシャレな恰好を保とうとする、TPOが求められる場所にきつめの香水をふりかけてくるなど、なにかと自分だけのオリジナルな個性を追求し、常に目立とうとします。

仕事上であれば、他社にはないオリジナリティで差別化をはかったり、人と違う部分をアピールすることも大事でしょうが、プライベートのデートシーンまで引きずっていては一緒にいる彼女が迷惑を被るだけ。

普通なことをつまらないと感じる気持ちも分からなくはないですが、くれぐれも一般常識の範囲内に留めておくべきでしょう。
デートでは、相手の女性を思いやる気持ちが何より大切です。

意識高い系男子あるあるのNGデート⑤|無計画なデートプランで彼女を振り回す

image6

意識高い系男子は、常に頭の中が仕事のことでいっぱいなのか、ろくにデートプランもたてず、とくにお店などを予約することもなく無計画に待ち合わせ場所に登場することがあります。

意識高い系男子は、もともと完璧主義の側面が強く、仕事も抜かりなくやり遂げるタイプですが、なぜかプライベートになると抜け漏れが多く、デート中に彼女を振り回してしまう人もチラホラ。

たとえば、ランチの待ち合わせをしたのに、選んだお店でことごとく満席を告げられて断られたり、ランチが終わったら目的もなくひたすら歩き回るだけだったり…。
あなたとのデートを楽しみに、せっかく彼女がオシャレなハイヒールを履いてきたのに「いい運動になったじゃん」という一言で片づけ、挙句の果てには彼女の靴ずれにたいして「自己管理がなってない」と叱責することも…。

仕事に一生懸命な男性は素敵ですが、あまりにもプライベートがいい加減な人は、いつか彼女に愛想を尽かされ、ある日突然フラれてしまうのがオチです。

意識高い系男子あるあるのNGデート⑥|行きつけのお店に連れて行きたがる

image7

これまた意識高い系男子が好きそうな「行きつけのお店」。
自分がよく行くお店、そして常連になって店員さんも顔見知りなお店に行くと気分がいいですよね。

でも、はじめて訪れた彼女はちょっと違います。
よほど人付き合いがよく、誰とでもフランクに話せる女性でもない限り、基本的に常連ばかりが集まるようなお店にデートで連れて行かれると、かなり居心地が悪いものです。
まだ2人が付き合う前の関係であれば、なおさら相手の女性は気まずい思いをすることになるでしょう。

周囲の人たちに「誰なの?」「彼女?」と、へんに詮索されて対応するのが面倒というのもありますが、あなたが日頃から大事にしているお店に失礼が無いよう、彼女は必要以上に気を遣うはめになります。

さぞ当の本人は、常連で気分よく居心地いいでしょうが、少しは相手の気持ちも考えてあげましょう。

意識高い系男子あるあるのNGデート⑦|自分が自慢できる場所に連れて行こうとする

image8

たとえば、サッカーや野球・プロレス・相撲などのスポーツ観戦や、友達がやっているバンドのライブ、知り合いのDJがいるというクラブイベントなど、女性が興味のないデートスポットは意外と多いもの。

もちろん、純粋に恋人と一緒に楽しみたいという気持ちから誘っているのかもしれませんが、とくに意識高い系男子は、ただ交友関係の広さや自分の趣味を自慢したいだけという理由で彼女を誘っているフシも考えられます。

「自分が得意なスポーツ観戦に彼女を連れて行き、選手やルールを相手に教えつつ知識を自慢したい」または、「彼女に知人を紹介して、イケてる俺や人脈の広さをアピールしたい」など、いろいろな思惑があるのでしょうが、興味のないデートスポットに連れて行かれた相手にとっては、正直苦痛以外の何者でもありません。

よほど彼女が自分に惚れこんでいる、もしくは相手から望まれた場合以外は、自分の趣味が色濃く出るデートスポットには連れて行かないようにしましょう。

意識高い系男子あるあるのNGデート⑧|マニュアル思考でつまらない

image9

なにかと理屈っぽく、すべての物事を正論で判断しないと気が済まない意識高い系男子は、~すべき論や理論立てて解説された情報に振り回されがち。

そのため、彼女を連れて行くデートスポットを決める際も「〇〇の理由で△△が流行ってるみたいだから、今度のデートはあそこに連れて行こう」や「ここは芸能人の○○がオススメしてたお店だし、絶対間違いないでしょ」と、マニュアル思考に陥ってしまう人も少なくありません。

たとえば、お台場や横浜・銀座・おしゃれなレストランや夜の観覧車……。
たしかにマニュアルの情報に頼れば、失敗する危険も少なくなりますが、そのぶん定番すぎる場所に連れて行くと、「すでに行ったことがある」や「人が多すぎて全然楽しめない」「面白みに欠ける」など、記憶に残らないつまらないデートになってしまう可能性があります。
あまりマニュアルに頼りすぎず、自分なりの工夫を取り入れてみましょう。

今回は、意識高い系男子あるあるのNGデート8つをご紹介しました。
当たり前ですが、恋愛は相手の女性あってこそ成立するもの。オトナの恋愛を上手に楽しみたいのなら、自分を良く見せようと過剰にアピールするのは逆効果です。
人よりも向上心が強めな男性は、こんな失敗をしないように気をつけましょう。

恋愛・デート #意識高い系 #向上心が高い #デート #NG #非モテ

この記事のライター
浅田ちひろ
浅田ちひろ
3年一般企業で務めたあと、フリーライターに転身しました! トレンドを中心にいろんな情報を発信していくので、よろしくお願いします♡ 出身:千葉 好きなもの:ネコ 苦手なもの:コーヒー