ファッションの差別は“小物”で作れ! いつものコーデに取り入れたい男のワンポイントアイテム4つ

他人と差をつける、もしくは人と違ったオシャレを身につけるには、全体コーデではなく小物のアクセントで差別化を図るのがポイント。
男性の場合は女性と違い、ジャラジャラと小物を身につけることに抵抗感をもつ人も多いですが、いつものファッションに取り入れやすい小物も存在しますのでご安心を。
今回は、男性でも身につけやすく、第一印象から人の心をグッと惹きつけるファッションコーデのワンポイントアイテム4つをご紹介します。

小物 その①|ペンダント・ネックレス

image1

ふとした瞬間に男性の首元・胸元からチラリと見えるネックレスやペンダント、女性はしっかり見ています。

ジャラジャラとぶら下げ過ぎは厳禁ですが、シャツの中からチェーンをのぞかせたり、Tシャツの上に長めのペンダントを合わせたりすると、ファッションコーデの幅も広がります。

シンプルにお気に入りのネックレスをひとつ、首からぶら下げるコーディネートも良いですが、少し主張の強いタイプのネックレスを重ね付けで身につけてもオシャレにキマります。


▼こちらもチェック!▼
【ビジネスシーンOK!】男のスーツに似合う華奢アクセサリーたち

小物 その②|ブレスレット

image2

普段から腕時計をマストで腕に巻いている方なら、ブレスレットも抵抗なくファッションとして身につけられると思います。

なかでもオススメは、時計の色に合わせたシルバーかゴールドの金具に、レザーや紐を合わせた巻き付けるタイプのブレスレットです。腕時計と同じ腕に重ねづけしても良いですね☆

巻き付けるタイプの締め付け感が苦手…という方にはシンプルなバングルタイプのブレスレットもオススメです。

小物 その③|ストール

image3

首元のアクセントとして、イエローやピンクなど、少しビビッドなカラーのストールを巻いてみるのも良いでしょう。

洋服のコーディネートは“あえて”シンプル目に抑え、首に巻くストールの色柄を主張するのがポイントです。足元のクツもしくはチラ見せ用の靴下とカラーを統一させる着こなし方もオシャレですね。

もし派手目の色や主張の強すぎる柄はちょっと…という方は、グレーやカーキなどのアースカラー(自然をベースとした色で茶系が中心)を選ぶのがオススメです☆

小物 その④|指輪

image4

彼女とのペアリングもしくは結婚指輪以外には指輪を付けたことがない、という方もいるかもしれません。しかし指先は、体の部位の中でも比較的人目につきやすいパーツの一つ。

さすがに仕事のビジネスシーンで指輪をはめることは難しいですが、オフの日限定で指輪をつけて楽しむのはアリ。

指輪初心者の方であれば、まずは人差し指か中指で試し、上級者の方であれば小指にはめるのがオススメです。指輪を選ぶ際は、ゴツゴツしたものはヤクザなど怖い印象を相手に植えつけさせてしまいますので、まずはじめのうちはシンプルなデザインからチャレンジしてみましょう。

いつもの洋服コーデにワンポイントのアクセントをつけるだけで、グッと着こなしのバリエーションも増やせます。
そして身につける小物類も、色や柄・素材を考慮して選ぶと印象を損なわずに済むはずです。第一印象を目立たせたい、他の人と差をつけたいというときには小物の取り入れがオススメです。

ファッション #ワンポイント #アイテム #小物 #コーディネート #第一印象 #オシャレ

この記事のライター
キムラ ユミ
キムラ ユミ
ファッション・トラベル・ビューティー・クッキングなどが 大好きなオトナ女子です!
関連記事

【男子の顔・体型お悩み別】コンプレックス解消のファッションコーデ10パターン

成嶋朋恵

まだ、持ってないの? メンズの持つクラッチバッグが超セクシーって噂!

西川 優里

セクシーさって男の武器だよね! 女性に好かれやすい大人の「色気」アイテム4つ

結城 友美

組み合わせの“色”で見た目の印象もガラッと変わる!「ブルー」のアイテムで作る着こなしコーデ術

結城 友美

【男の“ピンク色”がもたらすファッション効果とは?】ピンク色のアイテムで作る、着こなしコーデ

日向ちか

冬のリュックは野暮ったいイメージ? 見た目がダサくならない「リュックコーデ」の作り方

椎名 香澄

財布はもう使わない!? スマートな男が持ち歩く「マネークリップ」の魅力とは

猫女