【カラダが硬い人のデメリット6つ】プロが教える、カラダが硬くなる原因とその改善方法とは?

「以前よりもカラダが硬くなった気がする…」「昔はもっと柔らかかったのに…」
お風呂上がりや寝る前、もしくは久しぶりに運動したときなど、ふとした瞬間に自分のカラダが昔と比べて硬くなっていることに気付く人もいるでしょう。またカラダの硬さは自覚症状がなく進んでいくため、気付いたときにはだいぶ硬くなっていた…というケースも少なくありません。
今回は、カラダが硬い人のデメリットを中心に、カラダが硬くなる原因、またカラダを柔らかくするための改善方法についてご紹介したいと思います。

カラダが硬くなる原因とは?

image1

そもそも、カラダが硬いとはどういうことなのでしょうか。

一般的に「カラダが硬い」といわれるのは、関節の動く範囲である“関節可動域”が狭いことを意味しています。
この関節可動域は、関節の問題、骨の問題、関節周りにある靭帯や腱の問題など、いくつかの要因によって変化するものですが、その原因の多くは主に「筋肉」が関係しています。

もともと人間には関節が動かせる限界の可動域が決まっています。
例えば腕を前後に動かした際、前から頭上にあげる肩関節の屈曲角度は180度まで、後ろに腕を上げる肩関節の伸展角度は50度までが限界、と動かせる可動域は決まっています。
しかし、肩関節の周りにある筋肉の柔軟性が低下することによって、それよりも狭い可動域でしか動かなくなってしまい、腕が上がらなくなってしまう…ということが起きてしまうのです。

では、なぜ筋肉の柔軟性が低下してしまうのでしょうか。まずは筋肉の柔軟性を低下させる原因をチェックしてみましょう。

原因(1)|運動不足

カラダを動かす時間が減れば、筋肉を動かす機会も少なく、筋肉の柔軟性も必然的に低下します。
日頃から筋肉を使わなければ自然と委縮し衰えていくのです。このことを「廃用性委縮」といいます。経験のある人もいるかもしれませんが、骨折などによるギプス固定で長期間筋肉を動かさないと筋肉が細く硬くなり、関節を元の可動域に戻すまでに大変なリハビリ期間が必要になってしまいます。

運動不足程度ではさすがにそこまではなりませんが、普段からあまり筋肉を使わない過ごし方をすることで、徐々に筋肉が衰え、カラダ全体も硬くなってしまうのです。

原因(2)|加齢

やはり年齢の増加とともにカラダの機能は衰えてしまうもの。カラダの柔軟性が低下する原因もその一つです。
これは学生時代を始めとした若い頃に比べて、年齢を重ねると普段から定期的にカラダを動かす機会が少なくなってしまい、その運動不足が柔軟性の低下に直結しているといえます。

反対に、年齢を重ねても普段からウォーキングやランニング、筋トレやストレッチなど、意識的にカラダを動かす機会を設けていれば、カラダが硬くなる心配もなく筋肉の柔軟性は維持することができるでしょう。

それでは次の項からは、カラダが硬くなってしまうことによる具体的なデメリットについてご紹介したいと思います。

デメリット①|ケガをしやすい

image2

関節の可動域が狭いということは、急な体勢の崩れによって関節可動域よりも広がってしまった際に筋肉や関節周りの組織を傷めるリスクが高くなります。

スポーツ中はもちろん、足を滑らせたとき、つまづいて手を着いたとき、しゃがんだ姿勢から立ち上がる際など、体勢を崩すタイミングは日常生活の中にも沢山あり、いざという時にケガをするかどうかは柔軟性の有無がカギを握っています。

デメリット②|姿勢が悪くなりやすい

image3

カラダ全体の筋肉が硬くならなくても、一部の筋肉の柔軟性が低下することによって、猫背などの悪い姿勢を招きやすくなります。

筋肉には、前後・左側右側・上半身下半身など、各部位の筋肉によってそれぞれ特徴・バランスが異なります。一つの部位にある筋肉の柔軟性が衰えることによって、その他の筋肉の部位にも悪影響を及ぼし、カラダ全体の姿勢を崩す原因にも直結してしまうのです。

デメリット③|疲れやすい

image4

カラダの硬さは、筋肉の緊張の強さともいえるでしょう。そしてこの筋肉の緊張が強まることによって、カラダ全体の血行も悪くなり、体調の不調を感じやすくなります。少し動いただけでも息切れしたり、疲れてしまうという人は、もしかしたら体力の衰えに加えてカラダの硬さも原因かもしれません。

また可動域が狭くなることによって、カラダの動作時に余計な力を入れる必要があるなど、無意識的に疲れやすい行動を取ってしまっている可能性も考えられます。

デメリット④|慢性的なカラダの痛み(肩こり・腰痛など)が起きやすい

image5

筋肉の柔軟性が低下することによって姿勢のバランスが崩れ、今度は特定の部分にだけ強い負担がかかりやすくなります。特にビジネスパーソンをはじめ多くの人が悩まされている肩こりや腰痛など、慢性的なカラダの痛みは、そもそもカラダの硬さが原因で引き起こすことも多いのです。

肩こりの場合は、主に肩の上にある僧帽筋(そうぼうきん)、腰痛の場合であれば、主に脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)や腸腰筋(ちょうようきん)、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)などの筋肉の硬さが原因によって引き起こしている可能性が考えられます。

デメリット⑤|冷え性やむくみに繋がりやすい

image6

カラダが硬く筋肉の動きも悪いと、当然血行も悪くなり、冷え性やむくみの原因に繋がることもあります。

特に脚の血液は、筋肉が収縮することによって起こるポンプ作用を元に血液を重力に逆らって心臓へと戻す役割を担っています。カラダが硬いことによって、このポンプの役割である血液を心臓部へと流す動きが弱まり、その結果冷え性やむくみを引き起こしやすくなるのです。

デメリット⑥|運動中のパフォーマンスが低下する

image7

カラダが硬くなることで、運動やスポーツのパフォーマンスが低下してしまう可能性もあります。
関節可動域が狭いことで、カラダに対する力の伝達がロスしたり、プレー中に動ける幅が限定されてしまうなど、もともと頭の中で描いていたプレーイメージとは程遠い動きになってしまうのです。

実際に年齢を重ねても活躍し続けるアスリートには、カラダの柔らかい人が多いもの。練習時や筋トレ時に全身のストレッチを1時間以上行うという選手もいるくらい、アスリートは筋肉の柔軟性をとても重視しているのです。

カラダを柔らかくするためには?

image8

ここまでは、カラダが硬いことによるデメリットについてご紹介してきましたが、では実際にカラダを柔らかくするにはどうすれば良いのでしょうか。
最後は、筋肉の柔軟性を高めるために日常生活を過ごす上で意識すべきポイントをご紹介したいと思います。

●ストレッチを取り入れる

筋肉の柔軟性を高める最も効果的な運動は「ストレッチ」です。ストレッチを継続していくことで筋肉の柔軟性は徐々に向上していきます。
そしてこのストレッチをより効果的に実践するためには、以下3点がポイントです。念のため頭に入れておきましょう。

ポイント(1)カラダが温まった状態でストレッチをする

まずストレッチの効果を高めたいのであれば、カラダが温まっている状態で実践するようにしましょう。お風呂上りや運動後など、筋肉の温度が上昇している時はストレッチの効果も高く伸びやすくなります。

ポイント(2)ストレッチは“痛み”ではなく、“伸び”を感じる

ストレッチの方法はいくつかありますが、カラダを柔らかくすることを目標にするのであれば、じっくり伸ばす“スタティックストレッチ”が最適です。
スタティックストレッチとは、ストレッチで伸びの体勢をとったらそのまま動かさず、20秒程度状態をキープするやり方。

本来ストレッチ中は、伸ばしすぎによる痛みを感じると、筋肉は逆に縮もうと働いてしまうもの。
そのためストレッチは、自分自身が痛みを感じずに「伸びているな」と感じるところまで伸ばすやり方が正解です。無理に伸ばしすぎても逆効果になりますので気をつけましょう。

ポイント(3)日常生活の中にストレッチを取り入れる

ストレッチの時間がとれなかったり、どうしてもやるのを忘れてしまうという人は、日常生活の中で伸ばす動作を取り入れてみましょう。

テレビを観ながら、仕事中イスに座ったまま、お風呂のシャワーや入浴中など、ストレッチは日常さまざまな場面で取り入れることができます。寝ていても、座っていても、立っていてもストレッチをすることは可能なのです。

また、ストレッチはストレス解消などにも役立ちます。「ちょっとカラダが張ってきたな」と感じたらストレッチをする習慣を身につけると良いでしょう。

●長時間の同じ姿勢を防ぎ、こまめに動く

長時間同じ体勢を維持したままで過ごすと、筋肉は緊張し硬くなりやすくなります。
勉強中や仕事中などイスに座った姿勢や立ちっぱなし、長時間に及ぶ車の運転、しゃがんだままでの庭仕事など、気づかないうちに同じ姿勢が続いてしまうことは日常生活を過ごす上で割と頻繁に起こり得ます。

そんな時は、意識的に姿勢を変えることが重要。
こまめに休憩を取り入れ、その時に大きくカラダを動かし筋肉の緊張を弱めるようにするだけでも、カラダの硬さを防ぐことに役立ちます。

カラダの硬さによるデメリットが沢山ある反面、メリットはほとんどありません。もしカラダが硬いといいう自覚のある人は、すぐにでも改善するようにしましょう。
またカラダを柔らかくすることは、筋肉をつけることと同様に短期間で効果が出るものではありません。ストレッチをはじめ毎日コツコツと継続的に実践することによって、徐々に柔らかいカラダへと仕上がっていくのです。
毎日のストレッチを根気強く継続し、柔軟性の高いカラダ作りを目指しましょう!

健康・メンズ美容 #カラダが硬い #原因 #デメリット #柔軟性 #ストレッチ

この記事のライター
和田 拓巳
和田 拓巳
プロスポーツトレーナー歴16年。 プロアスリートやアーティスト、オリンピック候補選手などのトレーニング指導やコンディショニング管理を担当。治療院での治療サポートの経験もあり、ケガに関する知識も豊富でリハビリ指導も行っている。 医療系・スポーツ系専門学校での講師や、健康・スポーツ・トレーニングに関す...