【男性でもわかる!】性行為経験ゼロ…「アラサー処女」の女性を見分ける6つの傾向

童貞を見抜くのって、ぶっちゃけそこまで難しくないですよね。
「こいつ童貞っぽいな」と思える言動をする男性は、よくよく話を聞いてみれば、やっぱり童貞だったという話。そこら中に転がっています。
が、一方で女性はどうでしょう。
ルックスが非常に悪いわけでもないのに、処女のまま社会人生活を歩んでいる女性は案外いるものです。
一見すると恋の一つや二つはこなしていそうな見た目でありながら、実はアラサー処女だった。そんな女性も、最近では本当に珍しくありません。

そこで今回は、そんな20代後半、中には30代を迎えてからも異性との性行為経験ゼロという「アラサー処女」の見分け方について、男性のみなさんが普段勘づきやすい視点から、いくつかご紹介したいと思います。

アラサー処女の見分け方①|男性の目を見て会話ができない

image1

アラサー処女を見分けるためのポイントはいくつか存在しますが、要点の一つに、日常生活で垣間見える素顔から見抜くというものがあります。

たとえば普段から男性の目を見て話すことができないような女性の場合、単純に引っ込み思案や奥手な性格と推測できますが、実際にこれがあまりにも目立つようだと、これまでまともに恋愛すら経験したことのない処女である可能性も十分にあり得るでしょう。

アラサー処女の見分け方②|男女混合の場で浮いてしまう

image2

また、会社の飲み会や合コンなど、男女が入り混じっての飲み会に参加した際、極端に目が泳いでいたり、落ち着きがない素振りを見せる女性も、アラサー処女である可能性は十分に高いと言えるでしょう。

お酒の席で過剰にカードを固めてしまい、男性に対して一切気を許すことができない。あるいはそんな経験をしたことがないため勝手が分からない。
そういう女性は何かと冗談が通じにくく、距離感のとり方も難しいため、特に飲みの場などではどうしても浮いた存在になりがちですよね。

アラサー処女の見分け方③|恋愛の話を振っただけで赤面してしまう

image3

アラサー処女を見分ける上で、相手の女性に探りを入れる方法として一番手軽かもしれないポイント。
それは、バージンが疑わしい女性の前でわざと恋愛やちょっと下ネタよりの話を振ってみることでしょう。

耐性・免疫のない女性は、こういう話を聞くだけで顔から火を噴くがごとく赤面してしまうもの。普段の日常会話においては何ら違和感なくやり取りできる女性でも、まだ自分自身が経験していないことや、一般女性の平均に比べて少し出遅れた感のあることに対しては本能的に隠してしまうのが人間であり、それを根掘り葉掘り聞かれると、バレないかどうかを気にするあまり、つい恥ずかしさが表情や態度として顕著に現れるものです。

アラサー処女の見分け方④|致命的にキスが下手

image4

アラサーだろうと何だろうと、処女なら処女と申告してくれればいいのですが、しばしばそれをぼかしたままセックスに及んでしまう女性がいます。
大抵は、ぼかしておいたほうが何かと都合が良いからそうしているのでしょう。

もっとも処女と非処女の女性では、実際に寝てみれば流石に判別がつきますよね。
たとえばアラサー処女ぐらいこじらせていると、いくら真偽をぼかしていようとキスが致命的に下手くそです。下手というか、唇同士が触れ合った瞬間の妙な震えや全体的な動作のぎこちなさなど、やり慣れていない感がすぐに分かってしまいます。
キスが上手か下手かだけでも、ある程度は恋愛経験における蓄積の有無を察することができるというわけですね。

アラサー処女の見分け方⑤|フェラチオに慣れていない、拒否反応を示す

image5

これはアラサー処女に限った話ではないのですが、性体験が乏しい女性の中には、フェラチオに抵抗をおぼえる人も少なくありません。
おそらく男性の性器を咥えるという行為自体に、どこか拒否反応を示してしまい、衛生面など諸々の観点からフェラのやり慣れていない感が露呈されてしまうのでしょう。

それに加えて、フェラチオの際に歯が当たってしまう、舌を使えない、ピストンの動作がぎこちないなど、全体的にフェラが下手くそな女性もまた、若かりし頃に優しく指導してくれるような彼氏の存在がいなかったという可能性も十分に考えられます。

これはもちろん、セックスをする関係まで発展してからの話にはなりますが、処女を見分ける上で覚えておいて損はないでしょう。

アラサー処女の見分け方⑥|セックスでは終始マグロになる

image6

それから最後になりますが、やっぱりアラサー処女は基本的に受け身…というかマグロですので、抱けば即座に「あ、セックスしたことねえな…」と勘づくことができるはずです。

何から何まで勝手が分からないまま挑む、ぶっつけ本番のセックス。
いくら頭の中に知識を身につけていても、そうそう上手く立ち回ることはできませんからね。

意外と少なくない、アラサー処女。
きっとあなたの身のまわりにも、一人や二人ぐらいはそんな女性がいるかもしれません。

また最近ではこのアラサー処女に限らず、若い頃に1度や2度の性行為経験はあるものの、長いことセックスから遠のき、異性とカラダを交えるのが怖い…という20代後半から30代の女性も増えているようです。

そんな、これまで性体験ゼロというアラサー処女や、久しく恋愛がご無沙汰という女性を見分ける際の参考に役立てていただければ幸いです。

恋愛・デート #アラサー #20代後半 #30代 #処女 #バージン

この記事のライター
松本 ミゾレ
松本 ミゾレ
2013年よりフリーで活動開始。自宅に引きこもり原稿をこなす日々で慢性腰痛に。 趣味は怪獣フィギュア収集。 特技は猫あやしと怪獣フィギュア製作。 座右の銘は“休まず書け”で、野菜ソムリエの資格を持つ野菜嫌い。