浮気や不倫のテイで付き合っても周囲にバレにくい、男の“不貞行為”に最適な女性の特徴5タイプ

浮気や不倫って、いずれバレるのは規定路線の、危険な情事です。
ただし、当事者同士の意志の強固な共有が可能なら、バレるまでの猶予はかなり伸びることは間違いありません。

ですので「100%バレない浮気・不倫がしたい」という願望は机上の空論になりますが、とはいえ「かなり長い期間バレない浮気・不倫をしたい」という願望であれば、ある程度工夫次第で現実的なものになります。
そのためには、浮気・不倫のテクニック云々よりも断然“パートナー選び”が重要になります。
ただ見た目が可愛い子、己の自尊心を満たしてくれる子、たまたま身近にいて自分の寂しい心の隙間を埋めてくれた子など、ただ単にその場の成り行きだけで浮気や不倫の相手を選んでしまっては先が思いやられること必至。

そこで今回は、浮気や不倫のテイで付き合っても本命相手や周囲の人たちにバレにくい女性の特徴についてご紹介したいと思います。浮気や不倫のパートナーを探しているのあれば、断然こういった女性をオススメします。

特徴その①|地頭がよく、精神が安定している女性

image1

まずそもそも論ですが、「浮気」や「不倫」というアンモラルな行為は、到底バカには無理な芸当です。
しかし実際のところ、世間で浮気をしている人のほとんどが、何ら後先も考えず安直に関係を持ってしまう迂闊な人ばかりですので、浮気や不倫をする人というのは得てしてバカ、もしくは過剰なストレスや欲望にかられて自分自身を見失った精神的異常者と考えても、まんざら間違いでもないでしょう。

本当に頭がいい人かつ普通に精神が落ち着いた人であれば、何かと物事に対するリスクとリターンぐらいはきちんと対比できるものです。

つまり浮気や不倫の相手を選ぶ際は、ある程度頭の回転のよさ・心の安定も重視すべきということ。
地頭がよく機転が利く女性をパートナーに選べば、いざ浮気や不倫が本命相手にバレそうになる緊急事態にも、何かと証拠隠滅のため、臨機応変に対応してくれることでしょう。

特徴その②|密会をメインにしてくれる女性

image2

また、不貞行為がバレないためにも、浮気や不倫相手とは表立ってデートせず、密会をメインにしてくれる女性を選ぶべきです。

2人で目立つ場所に出向くな、ということですね。
いつ誰が、どこで見ているか分からないもの。ホテルデートや、こっそりとお忍びで会うことに納得してくれる女性を選びましょう。

特徴その③|日頃から友達付き合いの少ない女性

image3

浮気や不倫がバレる代表的なパターンとしては、当事者が第三者に自慢げに洩らすというものがあります。

そしてこの手のタイプの女性には、何かと日頃から友達付き合いが多く、隠し事ができないという特徴が見受けられますので、ここはあえて逆張りの性格をしたパートナー選びをすることも大切でしょう。

たとえば地方出身で近辺に友達が少なく、休日を一人で過ごすことも苦にしない女性など…。
また普段の様子を見る限り、比較的ガードが堅く守秘の意識にも長け「この子なら人に話さないだろう」と安心できるような女性をパートナーに選ぶことで、浮気や不倫が周囲に漏れ伝わるリスクを極限まで減らすことができるでしょう。

特徴その④|恋愛依存しない女性

image4

浮気や不倫の相手である男性のことを必要以上に追いかけ回しゾッコン惚れしてしまう女性って、たまにいますよね。
ああいうタイプの女性は、遅かれ早かれいずれ必ず暴発してしまいます。
ですので、もしあなたが浮気や不倫をするなら、ヘタに恋愛依存などしない自立心のあるパートナーを選ぶことも、不貞の事実を周囲にバレないためには必須の条件と言えるでしょう。

浮気相手に深くのめりこまない冷静な精神を有し、あなたに本命の相手がいても嫉妬などせず、割り切って振る舞える。そんな女性を探すべきということですね。

特徴その⑤|そもそも浮気や不倫に対して、罪悪感と危機感がある女性

image5

それから最後に押さえておくべき点としては、そもそも浮気・不倫がアンモラルなことだと理解があり、常に危機感をおぼえているタイプ。これこそが浮気をバレないための最重要ポイントとなります。

そしてこの手のタイプの女性には、“もしもの時”の危機管理能力に長けているという特徴が挙げられます。
バレない関係を長続きさせれば、それだけ自分が気まずい思いをする審判の日の到来も遅れるわけですから、お互い浮気や不倫に対して、多少なりとも罪悪感と危機感の持てるパートナーを選ぶことも大切でしょう。

まあ、はじめにご紹介した通り、浮気や不倫が100%バレない保証なんてありません。
ダラダラなんとなく関係を続けていると、いつかどこかの拍子でバレてしまうのが常。
それでも、どうにかしてこういったリスクを回避したいのであれば、浮気や不倫の関係に至ってからあれこれ工夫するのではなく、まずははじめのパートナー選びの段階からもっと慎重になるべきでしょう。

恋愛・デート #浮気 #不倫 #バレない

この記事のライター
松本 ミゾレ
松本 ミゾレ
2013年よりフリーで活動開始。自宅に引きこもり原稿をこなす日々で慢性腰痛に。 趣味は怪獣フィギュア収集。 特技は猫あやしと怪獣フィギュア製作。 座右の銘は“休まず書け”で、野菜ソムリエの資格を持つ野菜嫌い。