オールシーズン穿きたくなる! メンズの「ホワイトパンツ」で作るおしゃれな着こなしコーデ

ホワイトパンツを穿きこなせたらカッコいいですよね。問題はオールシーズン穿けない、合わせるカラーが難しいなど意外と上級者アイテムな点。でも、ポイントを絞ったコーディネートに仕上げれば、季節問わず、いつでもおしゃれな着こなしが可能ですよ♡

ホワイトパンツの着こなしは「素材」と「デザイン」がポイント

ホワイトパンツのコーディネートのポイントは、素材とデザイン。
同じホワイトパンツでも、素材をはじめ、丈やシルエットなどのデザインによって、『ビジネス』『カジュアル』『フォーマル』の3タイプの着こなしを作ることができます。
ホワイトパンツをもっと楽しく穿くために、スタイル別のホワイトパンツコーデをご紹介。組み合わせの参考にしてみてください。

春と夏は、ホワイトパンツを寒色系でコーデする

爽やかなイメージ、そして季節が春・夏なら断然ブルー×ネイビーの組み合わせをおすすめします。
ジャケットとネクタイをネイビーで統一し、ホワイトパンツを合わせたコーディネート。やっぱりホワイトとブルーは季節感を醸し出してくれる爽やかコーデですよね。
スーツに合わせるなら、生地はしっかりしたタイプを選びましょう。ビジネスシーンではしっかりした素材感のホワイトパンツを選んで、ジャケット生地との統一感を演出しましょう。

スマートに仕上げるなら、ストライプ柄のシャツを選べ!

さらりと着こなすなら、シャツはストライプ柄のものがいいでしょう。案外ホワイトパンツは、パンチが強いアイテム。そのため無地のシャツを選んではホワイトパンツばかりに目がいってしまい全体的に着こなしのバランスが悪くなってしまいます。ホワイトパンツを穿くときは、白地にブルーや白地にブラウンなど、ストライプ柄の線が入ったワイシャツを選ぶようにしましょう。
トップスにもパンツと同じくホワイト色を入れることで、全体の着こなしがスッキリ&スマートに仕上がります。

秋と冬は、ホワイトパンツをアースカラーでコーデする

ホワイトパンツは、組み合わせるアイテムのカラーを工夫することで秋・冬でも問題なく穿くことができます。
秋冬スタイルにマッチしやすいブラウンやベージュと合わせてみましょう。ジャケットなどのトップスにアースカラーを取り入れるだけで、秋冬コーデが完成。
ジャケットを濃いブラウンに、淡いベージュのシャツをコーディネートすることでバランスの取れたスタイルを作ることができます。

ホワイトパンツを無地シャツとコーデするときは、素材感を重視

無地のシャツを合わせると悪目立ちしてしまうホワイトパンツですが、シャツの素材感によってはこの難点もクリアできてしまいます。
ホワイトパンツに合わせるシャツは、光沢があるもの、着心地が上質なものを選ぶのがおすすめ。シャツ一枚でも高級を演出できるドレスシャツならビジネスシーンでも活躍してくれます。
カラーはネイビーやブラウンなどの色がおすすめ。
手持ちのジャケットカラーに近い色を選ぶと、統一感のあるコーディネートが作れますよ。

ホワイトパンツでビジカジ&カジュアルコーデを作るときは、カーディガンを合わせる

こちらの着こなしは、ホワイトパンツにグレーのカーディガンを合わせたコーディネート。
ラフ感とカジュアル感を残しつつ、全体的にほどよく肩の力が抜けたスタイリングに仕上げています。
カラーコーデも、モノトーンをベースにで揃えていますので、ビジネスシーンでも問題なく着こなせそうですね。
またホワイトパンツの素材をデニムにしたり、テーパードパンツに変えても、おしゃれなコーディネートが作れます。

ホワイトパンツ×ジャケットで作るビジネススタイルが最強

ビジネススタイルの王道アイテム「ジャケット」を取り入れたコーディネート。
かっちり目の着こなしを作るには、ホワイトパンツもしっかりとした素材のものを選びましょう。
組み合わせにおすすめのアイテムは「スラックス」です。スラックスのアイテムは、シルエット・素材共にジャケットと相性の良いアイテム。マットな素材を選んだ方がよりビジネス色を高めてくれます。

ホワイトパンツにベストの組み合わせが、実は好相性

こちらの着こなしは、ホワイトパンツにベストを取り入れたコーディネート。素材感によって、カジュアル寄りにもビジネス寄りにも柔軟に演出することができます。
カジュアルダウンしたいときには、ニットベストや柄の入ったベストを合わせればコーデのアクセントにもなりそう。
ビジネススタイルを作るときは、スーツやジャケットなどとも相性良く着こなせる無地のベストを選びましょう。無地のベストを取り入れることで、よりスマートな印象を作ることができます。

ホワイトパンツが似合わない理由

ホワイトパンツのコーディネートが難しいのは、下半身が目立ってしまうから。アスリート体型の人や、筋肉質な人が穿くと体のラインが悪目立ちしてしまいます。
白は膨張色。人間の視覚効果の関係で、どうしても切り離せない問題なのです。
だからと言って、ホワイトパンツを使ったコーディネートが作れないわけではありません。
ちょっとした組み合わせの工夫をすることで、体型の悩みも解消できます。

ホワイトパンツが似合わない人の対策

どうしてもホワイトパンツが似合わない、でも穿きたい!そんな葛藤をクリアにしてくれるアイテムが、ファッションの小物です。
例えばストールやマフラーなど、長さとボリュームがあるもの。
ストールなら簡単にトップスにボリュームを出すことができます。また、ファッションのアクセントにもなりますので、コーデの幅も広がりますね。
マフラーはきっちり巻くのではなく、軽く首元に巻き、長めに取りバランスを取りましょう。
ストールやマフラーの小物類が体型の悩みを上手にカバーしてくれます。

どことなくオシャレ上級者のイメージもあるホワイトパンツですが、素材の選び方や組み合わせのアイテムによって、カジュアルに限らずビジネスやフォーマル寄りのシチュエーションにも着こなすことは可能です。
コーディネート次第で、全体の雰囲気もガラッと変わるホワイトパンツ。ぜひ自分に合った着こなし方を探ってみてください。

ファッション #ホワイトパンツ #メンズ #コーディネート #着こなし #オールシーズン

この記事のライター
雨宮 薫
雨宮 薫
読書とスポーツ観戦が趣味です。 日頃から好奇心旺盛で「面白そうだな♪」という事に興味があります。 記事にも反映できるように頑張ります。
関連記事

遊び心満載! プライベートにも着回しできるメンズの「紺ブレ」コーデ10パターン

椎名 香澄

ビジネスマンは夏だって外さない! クールビズの着こなしコーデ10パターン

椎名 香澄

白シャツ1枚でここまで着回せる! 大人メンズがお手本にしたい着こなしコーデ術

椎名 香澄

【カーディガンの着こなし】ただ羽織るだけじゃない! メンズのおしゃれコーデ10パターン

麗奈

【男子の顔・体型お悩み別】コンプレックス解消のファッションコーデ10パターン

成嶋朋恵

【まだ冬コート着てるの?】メンズの春向け「スプリングコート」の選び方と着こなしコーデの事例6つ

Ambassador

大人メンズの定番! ファッションの名役者「黒パーカー」を使った着こなしコーデ10パターン

椎名 香澄

大人メンズは可愛く、爽やかに! 春夏に着る「セットアップ」の組み合わせコーデ10パターン

椎名 香澄