男のおしゃれセンスは”付け替え”で。モードに合わせて選ぶ腕時計ブランドとは

シチュエーションによって好きな腕時計を付け替えるのも、大人の男を感じさせるものです。
そして時計選びのセンスも磨いて、本物の”モテ男”を目指したいですね。そんな「シチュエーション」「モード」に合わせて身に付ける腕時計アイテムをご紹介します☆

男のステータスを表すビジネスモード

時間を大事にしてほしいビジネスマンには、品質の良い時計をしているほど、きちんとした印象を与えてくれることでしょう。

電波時計は、いつでも正確な時間を教えてくれ、つけているだけで信頼感もUPできるアイテムです。
セイコーのASTRONは衛星の電波により、世界のどこでも正確な時刻を表示できるので、世界中を飛び回るビジネスマンにとっても魅力的な一品ですね。

休日などのリラックスモード

肩ひじ張らずに素のままでいたいから、着けていても邪魔にならない、薄型のSKAGENはいかがでしょうか?
カジュアルながらも洗練されたデザインにセンスを感じます。

どんな服にも合わせやすく、つけているのも忘れてしまいそうな軽さ。
デザインも豊富で、値段もリーズナブルなので、気分に合わせて付け替えても楽しめそうですね。

趣味に打ち込みたいホビーモード

アクティブでスタイリッシュな男性におすすめなのが、NIXON(ニクソン)です。

このブランドは、スポーツタイプの腕時計にありがちなゴム製のベルトではなく、ステンレス製のベルトが多く使われていることが特徴で、着けているだけで個性が光ります。

ラグジュアリーな外見でありながら、耐水機能などスペックの高い腕時計は、スポーツマン必須のモテアイテムです。

品格を感じさせるきちんとモード

冠婚葬祭などのフォーマルシーンでは、スーツなどがシンプルなぶん、時計選びでその人の印象がガラリと変わってくるものです。
その場にあった品格を感じる時計をつけていたいですね。

フォーマルシーンでは、つけていても嫌味を感じない日本製に限ります。
シチズンはシンプルで視認性が良く、高性能。
フォーマルタイプの時計はおじさんぽいものが多いけれど、シチズンは若々しくスタイリッシュな印象です。

腕時計は、ずっと身に付けるものだから、人の個性が表れるもの。
どんな時計を付けこなしているか、意外と女性はチェックしているものです。

ファッション #腕時計 #ブランド #モード #シチュエーション #おしゃれ #センス #付け替え

この記事のライター
最上 三夏
最上 三夏
さいたま市在住。 オカメインコ飼っています。 楽しい事、美味しいもの、新しいもの大好きです!