大人の男性こそ穿きたい「サルエルパンツ」の特長と魅力、着こなしコーディネートを作るポイント

個性の強い印象があるサルエルパンツ。
別名“タイパンツ”と言われることもありますが、タイパンツはどちらかというとエスニック要素が強い印象があると思います。
しかし、サルエルパンツは西洋的なオシャレ度合いが強く、普段着でも魅力的に着こなすことができるんです。
今回は、大人の男性こそ穿きたい「サルエルパンツ」の特長と魅力、そして着こなしコーディネートを作るポイントについてご紹介します。

個性的なサルエルパンツを穿きこなすポイント

サルエルパンツというと、エスニックなタイパンツを連想する人もいると思いますが、最近のサルエルパンツはテーパードパンツに近いシルエットで作られています。

股下がゆったりしていればいるほどエスニック要素が強く、カジュアルな着こなしになりますが、股下が浅めだとテーパードパンツに近いシルエットになります。

大人の着こなしを目指すのであれば、まずは自分のクローゼットの中に締まってある手持ちの洋服と合いそうなサルエルパンツを選びましょう。

サルエルパンツが下半身のコンプレックスをカバーしてくれる

股下がゆったりしているサルエルパンツは、足の長さをぼかし、太ももの太さ、大きなお尻など、男性がコンプレックスを抱きがちな下半身の悩みをカバーする効果があります。

また穿いているときは一見“腰パン風”に見える着こなしも、サルエルパンツは股上が深い特長ゆえ。きちんと腰で穿くことができます。

よく大きいお尻をカバーするために、あえて腰パンで穿く男性も見かけますが、正直なところ女子ウケはあまり宜しくありません。着こなしの清潔感を保ちつつ、コンプレックスを解消に導いてくれる点もサルエルパンツの魅力といえるでしょう。

大人の男性は、浅めのサルエルパンツを選ぶが正解

見た目の個性が強いサルエルパンツは股下のゆったり感が特長的。

カジュアルファッションが苦手な大人の男性が穿きこなすなら、テーパードパンツに近い形を選ぶと着こなしやすくなります。

ジョガーパンツよりはきれいめ、テーパードパンツよりはカジュアルな着こなしコーデに仕上がるのが嬉しいポイントですね。

サルエルスキニーで細足効果&キレカジに

膝より下がタイトめのサイズで作られたサルエルパンツを選ぶと、脚をより細く見せることができます。

エスニックなタイパンツは、全体がダボつき、独特のゆったりめに作られたシルエット感が特長的でもある一方、テーパードパンツ寄りのサルエルパンツなら全体のシルエットがスマートな印象に仕上がります。

そして普段着ている服とも合わせやすく、デートや街歩きコーデにも難なく穿きこなすことができるはずです。

サルエル×ノーカラーシャツでセットアップ風に仕上げる

サルエルパンツを、エスニックテイストで着こなすならセットアップ風にコーディネートするのがオススメです。

ただし、柄物や真っ白・真っ黒なセットアップにしてしまうと、着こなしのハードルが高くなってしまいますので、サルエルパンツ初心者の男性は、まずカーキやベージュ、グレーなどを組み合わせてみましょう。

ノーカラーシャツが、エスニック要素をさらに高めてくれるはずです。

革ジャンを合わせて男らしいビッグシルエットを作る

流行りのビッグシルエットも簡単に作ることができるサルエルパンツは、案外革ジャンとも好相性なアイテムです。

きちんと裾が絞ってあるタイプのサルエルパンツを選ぶことで、足首も細く見えますので、足元にスリッポンや浅めのローファーを履いても違和感なく、スッキリと着こなすことができます。

大人の男性だからこそ実現できるワイルドファッションで、男らしい着こなしに挑戦してみましょう。

細身サルエルはシャツと合わせてきれいめコーデに仕上げる

サルエルパンツの魅力は、なんといってもゆったりめに穿ける独特のリラックス感ですが、キレカジスタイルを簡単に作るなら細身シルエットのサルエルパンツがオススメ。

細身タイプのスマートなシルエットが、サルエルパンツ特有のリラックス感やカジュアル感をそこまで全面に出し過ぎず、全体的にきれいめな着こなしに仕上げることができます。

また大人のキレカジスタイルを作るなら、同系色のシャツと合わせるだけでOKですので、コーディネートも難しくありませんよね。

着回しやすいキレカジコーデにはデニムサルエルを穿く

独特なシルエットから「着回しが難しそう」と敬遠されそうなサルエルパンツですが、デニム生地なら簡単に着回すことができます。

サルエルパンツは、足の股を大きく開くような動作をしない限りあまり目立ちません。特に股下が浅めのテーパードパンツ系なら、リラックス感もありながらきれいめな印象もキープしてくれます。

しかも、普通のジーンズよりもアクティブに動くことができる点も、サルエルデニムを穿く大きなメリットといえるでしょう。

サルエルパンツと抜群に好相性なパーカーコーデ

大人のカジュアルスタイルに取り入れたいサルエルパンツは、カジュアルなパーカーとも好相性。

セットアップ風のジャケパンスタイルにパーカーを合わせれば、大人のキレカジスタイルが完成!
スニーカーを合わせればカジュアルなスポーツミックスに、スリッポンやローファーを合わせればデートでも使えそうなオシャレコーデに仕上げられます。

大人のキレカジコーデを作るにはスーツ生地のサルエルを選ぶ

大人のゆるっとしたカジュアルスタイルってなかなか決まりにくいですよね。それは生地感のせいかもしれません。

薄手の洋服は楽な反面、どうしてもだらしない印象を与えてしまいます。しかし同じシルエットでも、生地にハリがあるだけで、だいぶ着こなしの印象も変えられます。

そしてまさに、ゆるっとしたサルエルパンツには、しっかりめのスーツ生地やデニム生地を選ぶと、大人相応の身だしなみが整った着こなしに仕上がります。

アラフォー世代には懐かしいサルエルパンツも、今は形を変えてオシャレに着こなすファッションアイテムの一つになっています。
下半身のコンプレックスをぼかすために、なんとなく腰パンがやめられないという人は、ぜひサルエルパンツも検討してみください。

ファッション #サルエルパンツ #タイパンツ #魅力 #特長 #コーディネート #着こなし #下半身 #コンプレックス

この記事のライター
椎名 香澄
椎名 香澄
元アパレル系販売員。ジェントル系メンズファッションがお好み。素敵なスタイルをご提案していけるように頑張りマス♡
関連記事

【イケメンでも金持ちでもないのに、なぜかモテる】女性の興味をそそる男性の特徴4つ

藤本 由佳

本当に美人で魅力的なのは、どの子? 5秒でわかる「真の素敵女子」の見抜き方4つ

廣松 叶子

【休日は何して過ごしてるの?】女性にアンケートで聞いた、男性の魅力的な休日の過ごし方とは?

上田 愛子

財布はもう使わない!? スマートな男が持ち歩く「マネークリップ」の魅力とは

猫女

【フード付き=子供っぽい?】フード付きコートの魅力と、大人が真似したい着こなしコーデのコツ

椎名 香澄

【女子に聞いた!】「色気」を感じる男性ってどんな人? 大人の魅力「色気」を出す方法とは…

彩香

今さら聞けない!「BEAMS」の特徴と魅力、これからの展望について徹底解説!

Ambassador