バレンタインで女性からチョコをもらったときの反応……どうすれば喜ばれる?

2月14日と言えば、毎年バレンタインデーがありますよね。
義理・本命のチョコレートを、女性から男性に渡すという文化がこの日本には定着しています。
おそらく大抵の男性であれば、これまでの人生で一度くらいはバレンタインにチョコをもらった経験もあることでしょう。

しかし一部の男性の中には、カッコつけの照れ隠しなのか、はたまた純粋に不器用な性格ゆえなのか…傍から見ても明らかにチョコをもらうときの受け取り方が雑な人を見かけることもチラホラ……。

そこで今回は、バレンタインでチョコをもらったときに女性が喜ぶ反応と、逆にチョコをくれた女性に失礼なNG反応について、それぞれ事例とともにいくつかご紹介したいと思います。
特に女性との会話中いつも緊張してしまうあがり症な男性、また普段の日常生活において異性からプレゼントをもらう機会が少なく不慣れな男性の方は、ぜひバレンタインで女性からチョコを受け取る際の参考にしてみてください。

女性が喜ぶ反応①|率直に「ありがとう」の言葉で、感謝の気持ちを伝える

image1

まずは人として当たり前かつ基本的なことですが、義理チョコだろうと本命チョコだろうと、バレンタインで女性からチョコをもらったときは、相手にお礼の言葉を伝えましょう。

たとえチョコをくれた相手の女性がそんなに好みではない場合でも、人からモノをもらって感謝の気持ちを表現することぐらいは一般常識のマナーであり、これができないようでは純粋にくれた相手に対して失礼にあたります。

「わざわざチョコを用意してくれてありがとう」という言葉をもって感謝と喜びの反応を示す。普通にこれがおざなりな男性、結構いますからね…気をつけましょう。

女性が喜ぶ反応②|「えっ!もらっていいの!?」という驚きの表情で、嬉しさを伝える

image2

そして感謝の意を言葉で伝えることと同じぐらい大事なのが、実際に喜んでみせることです。

たとえば「えっ? もらっていいの!?」といったような驚きの反応を示し、チョコをもらえる喜びをしっかりと表現しましょう。

女性に「渡して良かったなぁ」と思ってもらえれば上出来です。特別なサプライズではないにせよ、それと同じくらいに驚いた様子で喜んでもらえたら、そりゃぁ渡す方だって嬉しいですからね。

女性が喜ぶ反応③|「これ好きなんだ!」と言い、チョコを選ぶセンスを褒める

image3

それから、チョコをくれた女性に対しておべっかを使うという反応も割と効果的ですね。

たとえば「ほんと美味しそうだなぁ」とか「これ好きなんだ、どうして俺が好きなの知ってるの!?」というように、あえてプレゼントの中身に焦点をあてて選んだモノのセンスについて褒めるというやり方も、余裕たっぷりなオトナの魅力があって素敵です。

たとえ、くれるチョコが義理丸出し感であったとしても、選ぶセンスを褒められたらあげた方としては嬉しいでしょうしね。

女性が喜ぶ反応④|「おしゃれだね」と、包装など見た目の良さを褒める

image4

これもセンスを褒めるに近しい反応にはなりますが、男性の中には、つい贈り物の中身ばかりに目が向いてしまい、プレゼントの包装に対して無関心・無頓着というケースは少なくありません。

しかしバレンタインのチョコは、中身のモノにかぎらず包み紙やリボンなど、ラッピングにもその人自身の個性やセンスというものが出ますので、見た目の良さに目を向ける気配りも大事。

たとえば「ラッピングのデザインおしゃれだね~」とか「このラッピング君っぽくて好きだな」など、包装の見た目に対する良さを褒めるというのもアリでしょう。

女性が喜ぶ反応⑤|「食べていい?」と聞いて、その場ですぐアクションをとる

image5

これは特に、相手の女性に男らしさを演出したい男性におすすめの反応ですが、チョコをもらったその場ですぐに箱なり袋なりを開封して、中身を見るや「食べていい?」と一言聞いて勢いそのままにパクっと食べてしまい喜びを表現するというやり方も結構効果的です。

まさしく、嬉しさのあまりチョコをもらった瞬間に即レスの反応でアクションをとり、喜びを表現するという男らしく大胆な方法。

ただし、中には本命相手にチョコをあげる場合など、プレゼントと一緒に手紙が同封されているケースもありますので、もし相手の女性が「後で開けて」と言ってきたときは、すぐに止めましょう。


……と、ここまではバレンタインでチョコをもらったときに女性が喜ぶ反応についていくつか紹介してみました。
いわゆるプラスの反応ですね。
しかしプラスがあるということは、当然マイナスの印象をあたえる反応もあります。
以降は、そんなマイナスの印象を強くもたらすNG反応について書き添えていきたいと思います。

チョコをもらったときに言ってはいけないコトバ

image6

まずはバレンタインでチョコをもらったときに言ってはいけない言葉として、下記2つに注意しましょう。

(1)「甘いもの苦手なんだよな…」という期待外れのコトバ

滅多にいないとは思いますが、わざわざチョコを用意してくれた本人の前でこんな発言をするのは絶対にタブーです。
無礼千万ですからね。
同時に「あぁ…嬉しいんだけど、いま虫歯の治療中なんだよね」など、いくら事実のこととはいえ、いちいちそんなことを伝えるメリットはありません。黙って受け取るのが礼儀と心得ましょう。

(2)「手作りは無理…」という受けつけないコトバ

人によっては潔癖が行き過ぎて、他人の作った料理が食べられないという場合もあるかもしれません。
しかし、それをバレンタインにわざわざ手作りのチョコを用意してくれた女性に対して言うのは間違い。配慮が無さ過ぎです。
さらに、バレンタインに手作りのチョコを用意する行為そのものを「重いなぁ」などと嘆いてしまうのも当然タブーと心得ましょう。

チョコをもらったときのNG反応

image7

そして最後にもう一点、バレンタインで女性からチョコをもらったときに、やってはいけないNG反応についても3つほど紹介しておきましょう。

(1)受け取ってすぐに立ち去る

まずはよほどの恥ずかしがり屋なのか、チョコを受け取ってすぐにその場を立ち去る行為はダメですね。
お礼の言葉もそこそこに…というのはちょっと社会人として常識が無さ過ぎ。最低限きちんと相手の方を向いて、感謝の気持ちぐらいは伝えるべきでしょう。

(2)受け取ってすぐにカバンの中にしまう

受け取ったチョコの中身をよく確認もせず、すぐにカバンの中にしまうという行為も、これまた無礼ですね。
チョコを渡した女性の立場にしてみれば「私にチョコをもらうのが嫌なの?」「そこまでして他人に知られたくないのか…」と、明らかに嫌悪感を示すような反応ですし。受け取ったチョコをカバンや引き出しの中へしまう前に、開けるなり眺めるなり、少しは余韻に浸る余裕ぐらいは持ちましょう。

(3)友達や職場の同僚など他の人に渡す

さすがにこれは皆無と信じたいところですが、特にチョコなど甘いものが苦手で食べられないという男性は、「もったいないから」という理由で、バレンタインに自分が受け取ったチョコを第三者の人に食べてもらうときには少し注意した方がいいかもしれません。
たとえば自宅へ帰って家族の人に食べてもらう、または会社の同僚にチョコをもらった場合は職場から距離の離れたカフェなど、決して同僚にみつからない場所でチョコをあげるのであればまだ理解できますが、間違ってもチョコをもらった直後にその場で別の誰かに渡すなど無礼極まりない行為は絶対にやめましょう。

今回は、バレンタインで女性からチョコをもらったときの受け取り方の反応についていくつかご紹介しました。

…ところで、毎年2月14日を目前にすると、男性がコンビニなどでチョコレートを買うのは何となく抵抗をおぼえてしまいますよね。

店員さんにも「もらえないから買うんだな」みたいに邪推されそうですし。
バレンタインの時期は、チョコを欲している男性にとっては、買いたくても買えない時期。
貴重な糖分を、女性にお恵みいただく時期でもあります。
それだけに、チョコを受け取った際の謝意はきちんと表現しておきたいところですね。

恋愛・デート #バレンタイン #チョコ #もらった #喜ぶ #反応

この記事のライター
松本 ミゾレ
松本 ミゾレ
2013年よりフリーで活動開始。自宅に引きこもり原稿をこなす日々で慢性腰痛に。 趣味は怪獣フィギュア収集。 特技は猫あやしと怪獣フィギュア製作。 座右の銘は“休まず書け”で、野菜ソムリエの資格を持つ野菜嫌い。