夏の身だしなみ対策に、オトコが毎日持ち歩きたい「必須アイテム」3つ!

夏になると汗やニオイ、また自分の身だしなみについて意識する男性も多いことでしょう。
できれば夕方以降の時間まで、清潔感をキープして爽やかに過ごしたいけど「外回りのシゴトが多く、肌がベタつく…」「年齢のせいか、時間がたつと加齢臭や皮脂が気になる…」など、男性特有の悩みをかかえる人も少なくないはず。

そこで今回は、エステティシャンである筆者が、夏の身だしなみ対策で毎日持ち歩きたいオススメのアイテムを3つ厳選してご紹介。とくに女性の目が気になるという男性の皆さんは、ぜひこれらのアイテムは必須で持参しましょう!

暑い夏の日は、とにかく「汗ケア」が大事!

image1

道ですれ違ったときや、バス・電車などの移動中に女性がよく見ているポイントは、パッと見の印象でその男性に「清潔感があるかどうか?」です。

男性の中には、暑い夏の日とはいえ仕事がら仕方なくスーツや作業着に袖を通して働く人も多いですよね。
しかし、大量の汗をかいたまま衣服類を長時間そのまま放置しにておくと、徐々に雑菌が繁殖し、夕方頃になると嫌なニオイを発したり服の一部が黄ばむなど、不潔でだらしない印象を与えてしまいます。

汗には、体内にこもる熱を外に放出するという体温調整の役割があるため、人間にとって必要不可欠なものですが、首や額から汗を流しっぱなしの状態や、びっしょりと汗に濡れたまま長時間拭き取らないでは、あきらかに清潔感の無さを露呈してしまうことになるでしょう。

夏はとにかく、日中のこまめな「汗ケア」が大切です。

身だしなみアイテム①|汗ふきシート

汗をかいたときにそのまま放置、もしくは服の袖でゴシゴシ拭いているという男性はいないでしょうか?
かいた汗をそのまま放置にすると、雑菌や皮脂汚れと混ざり不快なニオイの原因になります。

朝から晩までとにかく蒸し暑い夏の時期は「汗ふきシート」を毎日持ち歩くのがオススメ。
首や額など、手の届く範囲の汗をサッとふき取れば気分もスッキリします。

また汗のニオイを予防したいときは香り付きのタイプ、暑く感じるときは冷感作用のあるタイプ、長時間の外出で汗や皮脂のベタつきが気になるときは、肌の表面がサラッとするタイプの汗拭きシートなど、目的におうじて上手に選びましょう。

最近の汗ふきシートは、シートが厚手になっているため、1枚で首元から腕・額など広範囲に渡ってふき取ることができ、大変コスパよく便利に使えます。
商品名

【ギャツビー】汗ふきシート

身だしなみアイテム②|制汗ミスト

仕事がら歩いたり走ったりと、移動する機会が多い、また作業現場でカラダを動かすことが多いという男性は、どうしても夏場は汗をかきやすいですよね。

そんな人は、外出前や作業前に首や脇・背中などに「制汗ミスト」をふりかけておくと良いでしょう。
とくに清涼感や爽快感のあるミストは、ふりかけた直後に涼しく感じられるため、急にわき出る汗を予防したり、止めどなくふき出る汗の量をコントロールしてくれます。

汗をかきやすい人、また対面で人と会う機会が多くダラダラとかいた汗でみっともない印象に見られたくない人は、出かける前や休憩時間の合間に制汗ミストをサッと吹きかけておきましょう。
商品名

【パピリオ】リフレッシュウォーターF

身だしなみアイテム③|デオドラントスティック

仕事終わりに、同じ職場で働く同僚との付き合いや取引先との会食、また意中の女性とデートの予定があるという男性もいることでしょう。
日中は汗ふきシートや制汗ミストで予防はしているものの、夏はとくに体臭のニオイが心配…というケースもありますよね。

そんなときは、ニオイが気になる箇所にサッと濡れる「デオドラントスティック」をカバンの中に忍ばせておきましょう。デオドラント剤にはスプレータイプなど様々ありますが、持ち歩き用には断然スティックタイプがオススメです。

ボトル型の香水よりもコンパクトサイズのためバッグに入れても邪魔になりません。さらに液体タイプの香水よりも香りの主張が強すぎないのもオススメしたい理由。

夏の身だしなみ対策として、まずはこまめな汗の拭き取り、そしてニオイを予防したうえで香り付けのコントロールをすることが大切です。
商品名

【Dove】固形デオドラントスティック(エクストラ フレッシュ)

男性の身だしなみ対策に「自宅ケア」のやり方

image5

夏は「汗」以外にも、肌が脂ぎっていたり、毛穴の黒ずみ&くすみも身だしなみ維持として気をつけたいところ。
とくに暑い日は肌の露出が多くなることにくわえて、夏は紫外線が強く肌が荒れやすいため、皮脂や毛穴が汚れた状態では、オジさんぽく一気に老けた印象を与えてしまいます。

そこで最後は、男性の身だしなみ対策に役立つ「自宅ケア」のやり方についてチェックしておきましょう。

(1)洗顔

まず外出から帰宅した後は、一日の皮脂汚れや外気汚れ、朝起きた後は寝ている間に出た皮脂汚れを洗顔で洗い流すようにしましょう。
皮脂汚れを放置しておくと、酸化によって、毛穴の黒ずみや毛穴のつまり、お肌のくすみ、加齢臭の原因になります。

(2)クレイパック

夏のお肌を綺麗に保つためには、週に一度のペースで構いませんので、サッと洗い流せるクレイパック(泥パック)で、毛穴に溜まった落ちきれていない汚れを綺麗にリセットすると良いでしょう。

(3)化粧水&乳液

そして洗顔後は、たっぷりの化粧水を肌になじませて乳液を重ねましょう。
基本的に男性の場合は、女性に比べて皮脂の分泌は盛んですが、肌の表面は脂ぎっていても実は肌の内部が乾燥している…という人も少なくありません。
化粧水を塗ることによって、肌全体の水分量を高め皮脂の分泌を抑え、お肌のコンディションやキメが整いやすくなりますよ。

夏の身だしなみ対策として、「汗」と「ニオイ」の防止アイテムは必須です。
とくに女性から爽やかな印象に見られたいという男性は、ぜひ今回ご紹介したオススメのアイテム、また自宅ケアの実践方法を参考にしてみてください。

健康・メンズ美容 #夏 #身だしなみ #アイテム #持ち歩き

この記事のライター
寒川あゆみ
寒川あゆみ
大阪 谷町九丁目エステサロン private salon Laule’a代表。 自身の悩みから美容に興味を持ち、エステティックの道へ。サロンワークのほか、美容ライターや講師、美容家として幅広く活動中。