今どきファッションをリーズナブルに楽しむ! 大人メンズの「プチプラ」ブランド10選

プチプライスを意味する「プチプラ」。昔のように「安かろう悪かろう」では流行しないプチプラファッションに各メーカーも力を入れています。
今回は、メンズ向けにおすすめのプチプラブランドをご紹介! リーズナブルに今どきファッションが楽しめるブランド達を押さえておきましょう。

ユナイテッドアローズの姉妹レーベル「green label relaxing」

大手ファッションブランドとして名高いユナイテッドアローズのレーベルの一つで、リーズナブルな商品が揃っているのが「green label relaxing」です。

大人のファッションが楽しめる人気のブランド。ハイブランドで売られているスーツが5万円程度する生地を使ったものでも2万円前後で手に入ります。キレイめのデザインが多く、お財布にも優しいと評判です。

人気のカジュアルファッションブランド「RAGE BLUE」

様々なジャンルの服を取り扱っていますが、とりわけカジュアルファッションのアイテムが数多く揃う「RAGE BLUE」。レイジブルーの公式ターゲット層は10~25歳代と若年層を意識した設定になっていますが、30代にも人気のあるブランドとして密かな人気を集めています。

イマドキだけど流行を追いすぎないシンプルさが魅力の商品展開で、オシャレに敏感な男心をくすぐるブランド。

日本のプチプラ定番ブランド「UNIQLO」

プチプラ商品の代表的ブランドといっても過言ではない、国内・国外ともに名の知られるユニクロ。
リーズナブルな価格帯の中にも良質なアイテムが揃い、着こなし方の工夫次第で十分ワンランク上のファッションが楽しめます。

なんといっても安さが売りのユニクロですが、シンプルなデザインながらもコストパフォーマンスも優秀で、様々なコーディネートを楽しむことができるでしょう。派手さが無い分、30代以降の人もプチプラファッションが楽しめます。

少ロットが売りのブランド「H&M」

H&Mのウリは、なんと言っても少ロット多品種の商品展開。
シーズン中に流行している商品を売りきったら、また新たな商品が棚に並べられるというスタンスのもと運営されており、「他の人と同じ服を着ている」というアイテム被りから逃れられます。

流行アイテムをH&Mで一つ手に入れれば、他ブランドとのプチプラコーデと相性がいいのも嬉しいポイント。さらに様々なメーカーとのコラボアイテムも数多く出ているので、まさにお値段以上のコーディネートが作れます。

ミニマリスト達の定番ブランド「無印良品」

ミニマリストやナチュラル系のファッションを好む人たちから人気を集める「無印良品」。
無印良品が好きな人は、なんとなくボーダーを着ているイメージもありますが、まさに流行に乗りすぎず、とはいえ定番に落ち着き過ぎない感じが特徴に出ています。

着回し力が高く、品質も良質なものが揃う点が無印良品の特徴であり魅力。素材感や着心地を重視したいリラックスアイテムがオススメです。

ユニクロの姉妹ブランド「GU」

ユニクロの姉妹ブランドで、よりリーズナブルな「GU」も人気のブランド。
今流行中の洋服が安く手に入るので、あまり高い服を買って「似合わなかった…」と1回で着るのをやめてしまいそうなトレンドの服でも気軽に挑戦することができます。

そしてGUの人気に火をつけた990円デニムも要チェック。今はもっと種類が豊富になっているので、お腹周りのサイズが変わりがちな大人はGUがいいかも!?

見た目の高級感がウリのブランド「ZARA」

高級な印象もある「ZARA」ですが、実は店舗で値札を見ると「あれっ!?こんな安いの!?」と驚いたことのある男性も多いのではないでしょうか。

ZARAの特徴は、なんといっても見た目の高級感。「今度の週末は会食の予定が…」「パーティーはジャケット必須で…」などと急な困り事のときでも、ZARAに行けば間違いなしのアイテムが買えます。ちなみにキレイ目ファッションにキマるZARAブランドは、女子ウケにもオススメです。

キレカジ層から特に人気のブランド「nano・universe」

実はセレクトショップの「ナノユニバース」もプチプラブランドの仲間。

郊外に行けば行くほど、ナノユニバースの実店舗にはオリジナルブランドの商品が立ち並びますが、都心のナノユニバースでは、インポートやデザイナーズアイテムが数多く出揃います。またナノユニバースでは、比較的ドレッシーなテイストのアイテムも多く、オフィスでもカジュアルに着こなせるシャツやジャケット類のアイテム購入もオススメ。

ナノユニバースは商品特性上、30代の消費者も多いですが、リーズナブルな価格帯として、キレカジ(キレイめカジュアル)好きな20代の若者にも人気のブランドです。

比較的コーディネートしやすいブランド「URBAN RESEARCH」

ナノユニバースと若干客層が被る「アーバンリサーチ」もセレクトショップです。

商品展開はナノユニバースとほぼ同じテイストですが、価格帯は若干アーバンリサーチの方がお高めといった印象。プチプラ特有の海外製ではなく、日本製の商品も数多く出揃い品質も安定しているため、「安くても良質なモノ」が欲しい大人メンズには特にオススメしたいプチプラブランドです。

ナノユニバースよりは比較的カジュアルめですが、自分でオシャレに着こなせないという人は、このアーバンリサーチでトータルコーデしてもらっても良いでしょう。

セレクトショップ界のキング的存在のブランド「BEAMS」

まさにセレクトショップ界のキングとも言うべき存在「BEAMS」。
ビームスは、他のブランドに比べると「そんなに安くないよね?」という印象もあると思いますが、オリジナル商品も数多く揃い、中にはプチプラと呼べるリーズナブルな価格帯のアイテムもきちんと用意されています。

またビームスは、ナノユニバースやアーバンリサーチと同様、郊外に行けば行くほどオリジナル商品が店頭に並び、特にアメカジ好きな男性にとっては商品を見ているだけで飽きることなく楽しめるでしょう。

リーズナブルなプチプラブランドとはいえ、着こなし方の工夫次第で、チープに見せることなく気品も損なわない、大人の着こなしコーデがいくらでも作ることができます。
プチプラといって侮るなかれ。低予算の中でもアイテム同士を上手に組み合わせ、自分に似合うファッションコーデを確立させましょう。

ファッション #プチプラ #ファッション #ブランド #リーズナブル #低価格 #安い

この記事のライター
猫女
猫女
駆け出しのライターです。 幅広くいろんな記事を書きながら、なるほどと思わされることが たくさんある毎日を送っています。
関連記事

【外見や内面の印象で、服装選びは変わる!】自分に似合うファッションコーデの作り方

田中 優

【あなたは幾つ当てはまってる?】見た目がダサい男性に共通する、ファッションのNG項目8つ

彩香

実はあまりよく知らない!? DCブランドの草分け的存在「タケオキクチ」の魅力を徹底解説!

Ambassador

【見る人がみれば、一目でわかる!】女子が思う、ファッションセンスがない男性の特徴5つ

彩香

夏の着こなしは、女子ウケを狙え! 大人の男性にオススメなアウトドアファッション・5コーデ

彩香

【男子の顔・体型お悩み別】コンプレックス解消のファッションコーデ10パターン

成嶋朋恵

【プレゼント】女性が憧れる日本のジュエリーブランド <年代別まとめ>

結城 友美