日焼けしたい男性に、正しくきれいな「小麦肌」を作るためのポイント4つ!

きれいな小麦肌に日焼けしたいと思い海へ行ったところ、真っ黒に日焼けしたり、皮膚の皮がべろべろとめくれたりしたことのある人もいるでしょう。
実は、きれいな日焼け肌を作るためには、適度に紫外線を防ぐ必要があるのです。
今回は、日光浴で肌を焼きたいという男性に、日焼けの仕組みから正しくきれいな小麦肌を作るためのポイント、そして日焼け肌を作るうえでおすすめのアイテムまで、詳しくご紹介したいと思います。

まず知っておきたい、日焼けの仕組み

image1

日焼けは、メラニン色素が肌に沈着した状態のことを言います。
このメラニン色素とは、肌の色を作っている色素のことで、人種によってメラニン色素の種類や量は異なります。またメラニン色素は、肌が紫外線を浴びたり外部からの刺激を受けた際に、肌の奥へと侵入するのを防ぐ役割を持ちます。

つまり日焼けは、外的刺激から身体を守るための防御反応として肌が焼けている状態のことを言うのです。

日焼けに向かない人とは?

image2

日焼けをすること自体、肌に良いものではありません。
日焼けによって肌が乾燥し刺激に弱くなるため、将来的にシミやしわ、たるみのリスクが上がります。また、次に挙げるような肌体質の人は、特に日焼けはしない方がいいでしょう。

・肌が赤くなる人

日焼けをしても、肌が黒くならず赤くなるだけの人は、メラニン色素の分泌が少ないため、紫外線が肌の奥まで侵入し、様々な肌トラブルを引き起こす可能性があります。
肌が赤くなるのは、紫外線によって炎症が起きた状態のため、そのまま放置にするとシミになる恐れもあるでしょう。

・シミやしわが多い人

シミやしわが多い人は、すでに紫外線のダメージを受けている可能性が高く、日焼けによってさらに肌トラブルが引き起こす恐れがあります。特に、まだ30代や40代なのにシミやしわが多い人は注意しましょう。
またシミやしわは、実際の年齢よりも老けたマイナスの印象を与えるため、できるだけ防ぎたいところです。

このような肌体質の人は、できるだけ日焼けは避けた方が無難でしょう。
また肌体質に問題がないという人も、間違った方法で日焼けをすると、肌が黒くなりすぎたり、皮が剥がれたりします。不要な肌トラブルを避けるためにも、ここからは正しい日焼け肌の作り方についてチェックしていきましょう。

正しい日焼けのやり方①|適切な「時間」を設定する

image3

夏など日差しが強い日は、降り注ぐ紫外線の量も多いため、短時間で日焼けすることが可能です。
ただし日差しが強い分、当初はきれいな小麦肌を作りたいと思っていたのに、想像以上に焼けてしまい真っ黒な肌になってしまう恐れもありますので、肌を焼く時間に気をつけましょう。
中でも7月~8月の期間は、1年で最も多くの紫外線が降り注いでおり、また地域など紫外線を浴びる場所によっても紫外線の量が異なるため特に注意が必要です。

日焼けしたいという人のために、きれいな小麦肌を作るまでにかかる目安の時間を以下にまとめました。

・海やプール=約15分~20分
・高層ビルが立ち並ぶ都会=約40分~50分
・建物が少ない田舎=約1時間~1時間10分
・山=約20分~50分(標高が高いほど早く日焼けします)

上記はあくまで目安の時間で、紫外線の量や日差しの強さはもちろんのこと、そのほか肌体質や体調によっても焼け方が変わりますので、もし日焼けしすぎないようにしたい場合は、短い方の時間を目安に日焼けすると良いでしょう。
そして日焼けを続けていけば、徐々にその時の状況におうじて自分に合った適切な時間帯が把握できるようになるはずです。

正しい日焼けのやり方②|効果の低い「日焼け止めオイル」を塗る

image4

日焼け前に効果が低めの日焼け止めオイルを肌に塗っておくことで、一気に日焼けしてしまうことを防ぎ、じっくり時間をかけて日焼け肌を作ることができます。

特に、日差しも強く紫外線の量がたくさん降り注いでいる日や、肌体質の関係で短期間のうちに真っ黒に日焼けしてしまうという人は、あらかじめ日焼け止めオイルを塗っておけば、小麦肌程度に留められるでしょう。

ただし、効果の高い日焼け止めオイルを塗ると紫外線を強く防いでしまい、あまり日焼けできずに終わってしまいますので、日焼け止めオイルの塗りすぎや効果の強弱を事前に確認するようにしてください。

正しい日焼けのやり方③|肌を焼いた後の「アフターケア」を徹底する

image5

日焼けした肌は、乾燥によって刺激にたいしてひどく弱い状態になってしまいます。

焼いた肌をそのまま放置にしておくと、カサカサして皮膚の皮がめくれたり、シミやしわなどの原因を招くリスクが高まりますので、日焼け後は、必ず化粧水や乳液などでアフターケアを徹底するようにしましょう。

また、熱いお湯につかると肌への刺激が強いため、日焼け後しばらくの間、毎日のお風呂はシャワーだけにするか、ぬるま湯につかる程度に留めておくことも大切なアフターケアになります。

正しい日焼けのやり方④|日焼けした肌は「摩擦しない」こと

image6

日焼け後に、日焼けした肌を手でゴシゴシと擦ったり、身につける衣服などで肌に摩擦が生じると、皮膚の皮がめくれてしまうことがあります。
その結果、摩擦したところとしていないところで色の差がハッキリと目立ってしまい、ひどくカッコ悪い日焼け肌になってしまうでしょう。

きれいな日焼け肌を作りたいのであれば、日焼け後しばらくの間はむやみに肌を刺激しないよう注意してください。特に露出の多い顔・首・腕・脚まわりは、はたから見てもダサく見えてしまいますので、細心の注意を払って過ごすべきです。

ではここからは、きれいな日焼け肌を作るうえでおすすめのアイテムを厳選して3つご紹介したいと思います。

日焼け肌のおすすめアイテム①|ココナッツの香りのサンオイル

まずは、ココナッツの香りが特徴的なサンオイル。
肌に炎症を引き起こす紫外線B波だけを防ぎ、日焼けの原因となる紫外線A波を通します。

ちなみに、本アイテムにおける紫外線B波の防止効果を示す指標SPFは「SPF2」という値になりますので、15~20分×SPF2=約30分~40分は紫外線B波を防げる計算になります。
もし1時間以上日焼けする予定など、長時間肌を焼く場合は、何度か塗り直して効果を持続させるようにしましょう。
商品名

【コパトーン】トロピカル サンドフリー ハワイ (SPF2) 120ml

日焼け肌のおすすめアイテム②|日焼け後のクーリングジェル

こちらのアイテムは、日焼け後の肌をクーリングできるジェル商品。
“アルニカ”と“マヌカハニー”という成分が含まれており、肌に水分を与え肌全体にうるおいをもたせ乾燥を防いでくれます。

肌の表面がなめらかになり、きれいな日焼け肌を作るサポートをしてくれるでしょう。
ただし、本アイテムはボディ専用のため顔には使用できません。顔は、手持ちの化粧水や乳液で保湿するようにしましょう。
商品名

【GREAT BARRIER ISLAND BEE】アフターサンクーリングジェル

日焼け肌のおすすめアイテム③|保湿ケアのボディジェル

最後に紹介するアイテムは、ブルーハワイをイメージしたアフターケア用のボディジェル。

サトウキビや温州みかん・パイナップル・レモン・さくらんぼ・アロエなど、様々な天然成分が配合されており、肌にやさしいことが特徴的な商品。みずみずしい使い心地で、日焼けした肌にうるおいを与えてくれます。南国のイメージそのままに、フルーツの香りを複数楽しめるのも嬉しいポイントですね。

さらに、炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kが含まれているため、日焼けで炎症を起こした肌にも向いています。
商品名

【メイコー化粧品】ボディジェル ブルーハワイ


きれいな日焼け肌を作るためには、まず自分の肌体質や紫外線の量、日光を浴びる場所によって、適切な時間を設定するようにしましょう。

小麦肌の男性は、健康的で活発&ポジティブなイメージを与えるため、多くの男性の憧れでもあります。

反対に間違った日焼けのやり方では、シミやしわなど様々な肌トラブルを引き起こす原因になりますので、これから日焼けしたいという人は、正しい日焼け肌の作り方と日焼け後のアフターケアをぜひマスターしておいてください。

健康・メンズ美容 #日焼け #肌を焼く #小麦肌 #作り方

この記事のライター
加藤良大
加藤良大
歴7年のフリーライター。アパレル企業からライターに転身し、医師監修記事の元原稿や美容記事の執筆本数は10,000本を超える。前職の経験を活かし、ファッション記事、ビジネス記事など幅広く手掛ける。