男のシャワーはどこから洗うのが正解? 入浴後の正しいケアと過ごし方もあわせて解説!

毎日のお風呂でシャワーを浴びるときに、なんとなく身体や頭を洗っている男性も少なくないでしょう。 しかし実は、シャワーを浴びるときにも正しい洗い方の順番があるのです。正しい順番で洗うことによって、肌トラブルのリスクを最小限に抑えることができます。

そこで今回は、身だしなみを整えるうえでも男性のみなさんにぜひ知っておいていただきたい、毎日のシャワーはどこから洗うのが正解なのか?という点を中心に、入浴後の正しいケア・過ごし方もあわせてご紹介したいと思います。

シャワーを浴びるときの正しい順番

シャワーを浴びるときの正しい順番まずは、男性におすすめのシャワーを浴びるときの正しい順番を、その理由もあわせて順序どおりに解説していきます。

シャワーの手順①|頭(髪の毛)

最初に「頭(髪の毛)」から洗うべき理由は、シャンプーの泡が顔や背中につき、それが原因で毛穴を詰まらせてしまう恐れがあるためです。
毛穴の詰まりはニキビの原因に直接つながるため、浴室から出るときには完全に詰まりを解消しておくことが大切。
つまり、最初に頭を洗ってしまうことによって、その後に洗う顔や身体の洗浄で、毛穴の詰まりを解消できるというわけです。

シャワーの手順②|顔

頭を洗ったら、次は「洗顔」をしましょう。
洗顔料を、手の平もしくは泡立てネットを使ってモコモコの泡を作り、ゴシゴシ肌を擦るのではなく泡で顔を転がすように優しく洗います。
洗う部位の順番は、まず皮脂の分泌が多いTゾーンとUゾーンから洗い、乾燥しやすい目もとや口もとは最後に洗いましょう。

また、洗顔後は肌の乾燥を防ぐ目的で、なるべく早く保湿ケアしなければならないため「洗顔はお風呂上りの最後にすべき」という意見もあります。しかし、入浴中はシャワーや湯船の蒸気が肌につくうえに湿度が非常に高いため、過度に心配する必要はありません。
むしろ最後に洗顔をすると、皮脂を含む泡が髪の生え際についてしまい、洗い残しの原因になる可能性があります。

シャワーの手順③|身体

続いて、最後に「身体」を洗っていきます。
まずは、皮脂の分泌が多い背中から洗っていきましょう。
その後は、特に洗う順番の指定はありませんが「陰部」や「お尻」は最後に洗うことをおすすめします。最初に洗ってしまうと、陰部やお尻のニオイ・汚れが全身に広がってしまう危険があるからです。
また、足の裏や足首・二の腕などの部位は、ほかの部位に比べて目線が届きにくく洗い残しやすいため特に注意して流すようにしましょう。

入浴後のケアと正しい順番

入浴後のケアと正しい順番入浴後は、身体や顔を拭いたり、保湿ケアをしたりします。その正しい順番をみていきましょう。

入浴後の手順①|顔を拭く

まずは、顔を拭きましょう。最初に顔を拭かないと、まつ毛についた水滴で視界が開けません。その状態では、なかなかスムーズに拭いたり保湿ケアをしたりできないでしょう。
また顔を拭くときは、柔らかいバスタオルで優しく水分を取り除くことが大切です。

入浴後の手順②|髪を拭く

続いて、頭(髪の毛)を拭きましょう。髪から水滴が落ちてきて、顔や身体が濡れてしまいます。ゴシゴシと力任せに拭くのではなく、包み込むイメージで優しく拭きましょう。
特に入浴後で髪を洗った直後のタイミングは、髪をコーティングしているキューティクルが剥がれている状態のため、いつも以上にダメージを受けやすくなっています。髪のパサつきや切れ毛の原因になるため、丁寧に拭きましょう。

入浴後の手順③|身体を拭く

最後に身体を拭きましょう。首元や腕をはじめに拭き、徐々に上から下へ順番に拭いていくと、拭いたところが水滴で濡れてしまうのを防げます。
ただし、陰部やお尻は最後に拭きましょう。入浴時きれいに洗った後とはいえ、ほかの部位に比べてどうしても不潔になりやすい部位のため、陰部とお尻は一番最後に拭くことをおすすめします。

入浴後の手順④|保湿ケア

すべて拭き終わったら、すぐに肌の保湿ケアをしましょう。肌から水分が瞬く間に失われるため、できるだけ早く保湿ケアすることが大切です。
「化粧水」→「乳液」→「クリーム」の順序で丁寧につけていきましょう。ただし、皮脂の分泌が多い男性の場合は、クリームをつけるとベタつく恐れがあるため、肌の状態によっては乳液までに留めてください。
とはいえ、表面がベタついていても肌内部が乾燥している可能性もあるため、ベタついていても乳液を塗ることは必須です。

入浴後の手順⑤|ドライヤーで髪を乾かす

最後はドライヤーで髪を乾かしましょう。そのままの状態では、キューティクルが開いたままになり、髪がダメージを受けやすくなります。
また、タオルで拭き取っただけの自然乾燥では、生乾きの頭髪に雑菌がついて頭皮トラブルを引き起こす可能性もあるでしょう。
ドライヤーは、髪に熱ダメージを与えるため、最低30cm以上は離して、常に振りながら使うことが大切です。

お風呂上りにおすすめの過ごし方

お風呂上りにおすすめの過ごし方最後は、お風呂上りにおすすめの過ごし方を2つご紹介します。

お風呂上りにやること①|水分補給

入浴後は身体から水分が失われている状態のため、必ず水分補給をしましょう。
水分が不足した状態のまま過ごしていると、徐々に肌全体が乾燥してくるため、場合によっては肌トラブルの原因になります。
ただしジュース類は、糖質を多く含むため寝る前の水分補給には適していません。コップ一杯のお水かお茶を飲むことをおすすめします。

お風呂上りにやること②|ストレッチ

お風呂上りの寝る前にストレッチで身体をほぐすことで、リラックス状態が高まり眠りにつきやすくなります。
また、ストレッチによって滞った血流を促進させることで、翌日以降に疲れを残しにくくなるでしょう。
お風呂上りのストレッチは、関節をゆっくり伸ばして、ノビを感じながら行うのがポイントです。

お風呂のシャワーは正しい順序で洗いましょう!


毎日のシャワーを正しい順番で洗うことによって、毛穴の詰まりなど不必要な肌トラブルを未然に防ぐことができます。また、入浴後も正しい順番で身体を拭いて、保湿ケアを徹底しましょう。 正しいやり方を知りそれを継続することが、男の美肌を保つ秘訣です。

健康・メンズ美容 #シャワー #洗う順番 #お風呂 #入浴後

この記事のライター
加藤良大
加藤良大
歴7年のフリーライター。アパレル企業からライターに転身し、医師監修記事の元原稿や美容記事の執筆本数は10,000本を超える。前職の経験を活かし、ファッション記事、ビジネス記事など幅広く手掛ける。