ホワイトデーのお返しで、本命相手の女子に“さりげなく”好意のキモチを伝える方法4つ

―― バレンタインデーにもらったから、ホワイトデーにお返しをする。
3月14日のホワイトデーを、ただの義務的なイベントのように考えている男性も決して少なくないでしょう。
しかし、ホワイトデーはただ単にバレンタインのお返しをする日…ではなく、意中の女子に好意のキモチを伝えられる絶好のチャンスでもあります。
そこで今回は、本命女子にさりげなく好意のキモチを伝える方法、本命のあの子にちょっとだけ気にしてもらえるような、そんなホワイトデーのお返しの仕方をご紹介します。

その①▶お返しのモノに手紙を添えて渡す

image1

ただお店で買ってきたモノをそのまま渡すだけでは、ごく一般的な義理のホワイトデー。これでは他の人とお返しで差別化を図ることなど到底できません。

そこで本命相手の女子として、さりげなく好意的なキモチを伝えたいのなら、手紙を添えて渡すことをおすすめします。

「バレンタインはありがとう、おいしかったよ」「いつも○○してもらっているので、感謝の気持ちです」など、直筆の手紙はかなり印象に残りますよ。

ただし、あまりにも畏まり過ぎた「便せん」や「封筒」に入れて渡すのは、少しガチっぽく受け取られてしまうことも……また人によっては、この段階で既に引かれてしまう可能性もあります。

あくまでも“さりげなく”…「好き」という本音のキモチを悟られないようにするためには、メモ端やポストイットに1文くらいを書いて添えること。さらに1文の内容も定型文などではなく、あなたならではの言葉で書けるといいですね。

その②▶ホワイトデー前に、お返しのモノは「どこの何がいいか?」を具体的に聞く

image2

また、ホワイトデーのお返しに渡す中身のプレゼントを事前に「どこの何がいいか?」などと聞いてみるのもひとつの手。

普通は付き合っている相手でもなければ、義理チョコの可能性が高いはずなのに、わざわざ要望を聞いてくれるなんて「自分のことを特別視しているのでは?」と、さりげなく本命の意思を匂わせることができます。

とはいえ、「周囲の女子にも同じこと聞いてるのでは…?」「ホワイトデーに何かこだわりを持った人なのかな?」などと、誤解を生じさせては全く意味がありません。
事前にヒアリングをかける際も、『あなただけに聞いてるんだよ』と思わせるスタンスが大事。たとえば、同じ会社で働く同僚の関係であっても、個別のLINEやメッセンジャーで聞く、もしくは意図的に二人だけで会うシチュエーションを作り具体的に探りを入れるなど、工夫してみてください。

またこの伝え方は、中身のモノやホワイトデー当日の渡し方ではなく、事前のヒアリング段階が全てですので、くれぐれも事前に好意的なキモチがバレないように気をつけましょう。

その③▶ホワイトデーのお菓子に、プラスαの小物をプレゼントして渡す

image3

これも同じく“みんなにする”のでは意味のない方法ですが、ホワイトデーのお返しとして定番のお菓子と共に、小さな小物類をプラスαとして渡すやり方もいいですね。

たとえば、女子に「気が利く~」と思われるものでいうと、小さなハンドクリームがおすすめ(特にロクシタンなどはお洒落でどこにでも売られているのでいいかも)。ただしアクセサリー類などは、”永遠に残るモノ”として、また香水なども”好みが分かれるモノ”として、相手の女子に重たい重たい印象を与えてしまう可能性がありますので、渡す相手が本命彼女でもない限り、これらを選ぶのは出来るだけ避けた方が無難でしょう。

あくまで、さりげなく好意的なキモチを伝える目的でプレゼントを渡すのであれば、消費できるモノかつ男性でも比較的買いやすいモノを選ぶこと。そもそも、義理の延長であるという立場をわきまえて振る舞いましょう。

その④▶お酒抜き&ランチ時に食事へ誘う

image4

最後は、ホワイトデーのお返しにモノを渡す代わりに、食事へ誘ってみてもいいでしょう。ただしこれは、あくまで相手の女子に薄っすらとでも好意的なキモチがすでに伝わっている場合に限ります。また加えて忠告すると、食事もお酒付きの夜ではなく、ランチタイムの食事に留めておきましょう。

なぜ相手の女子が好意を抱いていない場合は避けた方がいいかというと、まだ好意的なキモチが伝わっていない段階では、相手の女子もあなたからの意図を上手に汲み取れず、変に身構えてしまう恐れがあるから。また夜のお誘いは、ホワイトデー本来の目的である“感謝”や“お返し”といった枠組みを超え、食事デートに誘われたと勘違いしてしまい、そして万が一相手の女子があなたからの好意を感じられていない場合は、「嫌」「きもい」「怖い」というマイナスなイメージを植え付けさせてしまうからです。

さりげなく好意的なキモチを伝えたいのであれば、仕事の休憩がてらランチライムの昼時に誘ってあげましょう。
食事であれば、事前にモノを用意する手間もなく、それでいて特別感も伝わりますので、もし職場の同僚の中に意中の女子がいる方には特におすすめしたい方法です。

ホワイトデーも、立派なイベント事。
意中の女子に好意的なキモチをダイレクトに伝える勇気がないという方でも、きちんとタネをまくことで恋愛の発展に繋げられます。
さりげなく好意のキモチを伝えて、相手に自分のことを意識させちゃいましょう!

恋愛・デート #ホワイトデー #さりげない #本命 #好意 #伝え方

この記事のライター
彩香
彩香
ライター兼メディアディレクター。文化服装学院出身。 得意分野はファッションと恋愛で、男性・女性を問わず多数のメディアで執筆や編集を手がける。 趣味は「酒」と「フェス」。 個人のブログでは、主に酒の席で繰り広げられる、男女の包み隠さぬ恋愛トークのリアルについて書いています。 ▼ブログ▼ http://ayaka...