そろそろ一軒どう?馴染みの店を作るコツ

仕事帰りにゆっくり食事やお酒を嗜むことができる大人の男の憧れ「馴染みの店」。
彼女や友人を連れて行く、自分だけの馴染みの店を持つことは大人の男の登竜門とも言えます。
そろそろ一軒ぐらい馴染の店を作りたいと考えている方に、巡りあうためのコツをご紹介します★

馴染みの店を作るコツ その1:基本の情報収集をしっかりと

「馴染みの店」を作るためには、まずは情報収集をしたいところです。

そのためには自分がどんな空間で楽しみたいのかを明確にしておく必要があります。どんな食事を楽しみたいのか、雰囲気はどの程度落ち着いていたほうがいいのかある程度絞って探すと見つかりやすいはずです。

「馴染みの店」と呼ぶためには立地も大切。自宅の近くや、オフィス周辺でふらりと立ち寄れる場所を探すといいですね。

馴染みの店を作るコツ その2:いろいろな店に足を運んで

行きたい店の候補が絞れたら、実際に行ってみましょう。

積極的に足を運ぶことが「馴染みの店」を見つけるための第一歩です。

最初ひとりで入りづらい場合は仕事仲間や友達と一緒に行ってみることがおすすめ。料理やお酒の味はもちろん雰囲気や客層も確認することを忘れずに。チェックリストを作っておくと忘れずにいることができます。

馴染みの店を作るコツ その3:美味しい食事はメニューをチェック

お店の裏メニューや本日のオススメは実は重要なチェック事項です。

「馴染みの店」となるからには毎回同じ料理では飽きてしまうもの。いかにバリエーションがあるか知っておくことが今後「馴染の店」になるかどうかの鍵になります。

季節の旬な魚や野菜を使っていると、心もはずむもの。たまには冒険して頼んでみることもいいですね。

馴染みの店を作るコツ その4:人との交流が最後の決め手!

「馴染みの店」を決めるに当たって最も大切なことは、店の雰囲気にあります。

落ち着ける場所を作り出す店主やマスターの存在は大きいもの。オススメの品を聞いてみたり、簡単な世間話をしたりして人柄を見てみましょう。思わぬ情報を教えてくれるのかもしれません。

店主と気心がしれている間柄となったとき、そのお店はあなたにとっての「馴染みの店」となります。

「馴染みの店」を作るためのコツ、いかがでしょうか?
まるで家にいるかのように、いつでも気軽に行けて落ち着ける場所を見つけておくことは大人の男の嗜みにもなります。
まずはご近所の情報収集からチャレンジしてみてくださいネ!

グルメ・料理 #馴染み #店 #お酒 #食事 #大人 #作る #コツ #ステップ #憧れ #嗜み

この記事のライター
浅田ちひろ
浅田ちひろ
3年一般企業で務めたあと、フリーライターに転身しました! トレンドを中心にいろんな情報を発信していくので、よろしくお願いします♡ 出身:千葉 好きなもの:ネコ 苦手なもの:コーヒー
関連記事

【女性にアンケートで聞いた】初めての食事デートは、どんなお店に連れて行ってもらいたい?

上田 愛子

【お酒を飲みすぎて、気持ち悪い…】二日酔いの時に、体調の回復を早めてくれる「食べ物」10選

浅田ちひろ

【お酒が飲めません…】下戸な男性が、飲み会を乗り切るために心得ておくべき「予防」と「対策」

太田 瑠花

実はメリットたくさん! 自分に合った「馴染みのお店」を見つける方法3つ

潤子

お酒を飲むと、女性は乱れやすくなる!? 彼女を大胆にさせる媚薬「アルコール」を使った心理テク

村田 芳実

二日酔い以上に恥ずかしい! お酒の呑み過ぎで顔が浮腫んだ時の対処法4つ

中村さゆり

「シャンパン」の魅力とは? 女性へ贈るプレゼントの品にふさわしい理由

きたの奈々