確実に当てたいならコレ! 誕生日や記念日に彼女が希望するプレゼントをさりげなく聞く方法3つ

彼女と交際していれば(今回のプレゼント、何にしよう…)って悩むことも多いよね。
とはいえ、直接本人から聞き出すのも結構難しくない? 変な探りをいれてバレるのも怖いし、そもそも勘であげて間違ってたら最悪だしね…。
そこで今回は、誕生日や記念日に彼女が欲しいプレゼントをさりげなく聞く方法についてご紹介。彼女の希望に沿ったプレゼントを間違わず、より確実に選びたいならこうやるといいよ。

「いま〇万円自由に使っていいよってお金もらったら何買う?」と聞く

image1

これは実際に筆者が昔付き合ってた彼にやった聞き出し方なんだけど、その彼の誕生日1か月くらい前に、会話の流れで「いま〇万円自由に使っていいよ、ってお金もらったら何買う?使わないとそのお金24時間以内に消えちゃうの」って聞いたら素直に「iPadかな」って答えてくれたよ。

たまに宝くじが当たったことを想定して聞く人いるけど、宝くじを例に出しちゃうと1,000万円とか1億円とか言い出して、一年に一度の記念日じゃ到底買えないモノまで出てくるから気をつけて。
しかも堅実的な女性に「宝くじ当たったら〜…」って話をしたら、一番初めに出てくる答えは「貯金」だと思うしね。

消えちゃうお金をもらったら…ってくらいありえない話ならまぁ貯金とは言わないでしょ。「募金する」とか言われたらキツイけどね(笑)

彼女が一番仲良しの女友達に聞く(聞いてもらう)

image2

ストレートに彼女へ聞けないなら、これが一番確実な方法かな。
彼女と仲良しの女友達に「いま何のプレゼントが欲しいのか、さりげなく探ってくれない?」ってお願いしておけば、どこかのタイミングで彼女に聞いてくれるでしょ。女性が欲しいモノは、同性の人に聞いてもらうのが一番。怪しまれないし、バレるリスクも少ないと思うよ。
でもね、これ共通の友達がいる人限定で使える手なんだよね…。

だから、できればだけど、こういう時のために自分の友達を紹介したり、彼女の友達を紹介してもらったりしておいたほうがいいと思う。
意外といざというとき(喧嘩して別れそうとか、サプライズしたい時とか)に積極的に助けてくれる、手伝ってくれるのが共通の友達だったりするしね。

誕生日や記念日の1〜2か月前に内輪で飲み会とかやって、連絡先交換とかいいかもよ。

彼女と買い物の最中に、さらっと聞いてそのまま買ってしまうのもアリ

image3

実際に、これ筆者されたことある。

彼の買い物について行ったら「由佳って服にあんまり興味ないよなぁ…。何に興味ある?いま率直に何が欲しい?」って聞かれたのね。で、「えー…。財布古くなってきたから、財布かな?」って答えたら「よし。買い行くか!誕生日近いしな」と。本当にそのまま買ってくれたよ。
即席誕生日プレゼントだったけど、自分の欲しいのもらえたし、これはこれである意味サプライズで、素直に嬉しかった。

(彼女は何欲しいんだろう…)ってあれこれ悩むなら、さらっと聞いてそのまま一緒に買いに行くのもアリだと思うよ。まぁ、(彼女にはコレがいいかなぁ)とか、頭フル回転でプレゼントを用意してくれる、というのはそれはそれで嬉しいけどさ…。

これはあくまで筆者的にだけど…誕生日とか記念って、サプライズで自分の好みからかけ離れたモノもらうより、自分好みのモノもらった方が断然嬉しいもんだよ。

彼女の誕生日とか2人の記念日とかにプレゼントを渡すなら、できるだけその人が欲しいモノをあげたいよね。自分であれこれ考えて選ぶのもいいけど、彼女や彼女の周りにいる友達に聞いて買ったほうが無難よ。

恋愛・デート #彼女 #欲しい #プレゼント #聞く #探る #方法

この記事のライター
藤本 由佳
藤本 由佳
都内勤務のホステスです。 まだ誰のモノでもないアラサーです。 白馬に乗った王子様はお姫様しか迎えに行かないことに最近気付きました…。
関連記事

「今日は、したくない…」だけじゃダメ! 彼女を傷つけないエッチの断り方・マナー4つ

藤本 由佳

「あーもうダメだな…」彼女が自分に対して、興味がなくなってきたことが分かる見切りの言動6つ

松本 ミゾレ

たまにはトキメキを与えないとね! 付き合いの長い彼女が、彼氏に惚れ直す瞬間4パターン

藤本 由佳

相性やテクニックなんて関係ない! 初エッチで、彼女の緊張をやわらげる言動5つ

森下 あゆみ

浮気に女漁り……とにかく女関係がだらしない先輩の彼女と寝てやった

コラム小説

「もう今の彼と別れたい…」と、心が揺らぐ彼女の気持ちを取り戻す方法4パターン

藤本 由佳

これで不安もなくなる! 彼女が本当に自分のことを好きかどうか確かめる方法4つ

藤本 由佳

「捨てられる前に、捨ててやった」彼女の部屋に仕込んだ“盗聴器”から聞こえてきたホンネの数々

コラム小説