大人メンズの定番! ファッションの名役者「黒パーカー」を使った着こなしコーデ10パターン

“黒パーカー”のファッションアイテムは、定番ゆえにありきたりなコーディネートになりがちで、どうしても着こなしがワンパターンに陥ってしまうという男性も多いのではないでしょうか。
しかし、そんな黒パーカーも“+1”アイテムや手持ちの洋服の組み合わせ方次第で、グッとオシャレなコーディネートに仕上がります。
今回は、メンズファッションの名役者ともいえる存在「黒パーカー」を使ったコーディネートのパターンを、いくつか事例の着こなしも踏まえてご紹介したいと思います。

黒パーカー×大柄のチェック柄シャツコーデ

多くの男性が、タンスやクローゼットの中に一枚は持っているであろうチェック柄のシャツ。
本来チェック柄のシャツといえば、インナーや薄着のシャツに羽織るものという認識が強いですが、少し大きめのチェック柄のシャツであれば、黒パーカーの上から羽織って、トレンド感溢れるビッグシルエットのコーディネートが作れてしまいます。

ポイントは軽めのコットンシャツであること、そしてグレーやブルーなどの淡い色を選ぶこと。
また秋冬をイメージさせる色・素材感のチェックシャツは、着こなし全体を重たい印象にしてしまうため、選ぶときは注意しましょう。

黒パーカー×コーディガンコーデ

ロングカーディガンやコーディガンは、もはやオシャレな人限定で着る服ではありません。
例えばいつもの黒パーカーに、トレンドの先をいく“コーディガンガウン”を組み合わせれば、オシャレなムード全開。

全体的にラフめのファッションで、つい足元にもカジュアルなサンダルを履きたくなりますが、あまりにラフすぎては、部屋着のまま飛び出してきたような雰囲気になってしまいますので、最低限の身だしなみとして足元にはスリッポンかスニーカーを組み合わせましょう。

黒パーカー×デニムシャツコーデ

ファスナータイプの黒パーカーをカジュアルに着るなら、インナーに着るデニムシャツも忘れてはいけないマストアイテム。

黒パーカーの中に着るデニムシャツも、前ボタンをきちんと締めるだけで身だしなみの清潔感もアップ! 大人メンズのカジュアルスタイルは、「キチンと感」もプラスしないと子供っぽくなってしまいますからね。

また1年中着まわせる黒パーカーには、季節感のあるボトム選びもこだわりたいところ。特にこれからの季節は、明るめの色・軽やかな素材感のボトムを選ぶと好バランスです。

黒パーカー×ボーダーシャツコーデ

黒パーカーとの組み合わせで、いまや大定番ともいえるボーダーシャツ。

今シーズンの流行を取り入れるなら、アンクル丈パンツやリュックを取り入れたコーディネートにチャレンジしてみましょう。横に広がって見えるボーダーに膨張色のベージュのパンツスタイルも、黒パーカーを合わせるだけで全体が引き締まって見えます。

黒パーカー×デニムコーデ

下からも開くオープンファスナーの黒パーカーで作る、インナーの見せ方を工夫したデニムコーデ。
黒パーカーと同系色のジャケットを合わせることでビッグシルエットを完成させ、上手に着こなしのスタイルアップを図っています。

インナーには、ボーダー柄のシャツ、もしくはあえての柄シャツを選んでもOK。無地のシャツを合わせた無難なコーデも、着こなし次第でこんなにオシャレに仕上がります。

黒パーカー×スカジャンコーデ

何を着たらいいのか分からないという季節の重ね着コーデには、スカジャンもオススメ。
ただしスカジャンは、前ファスナーを全部閉めきってしまうと、ちょっと怖い印象なってしまいますので、前はオープンで爽やかに着こなしましょう。

たとえ全身真っ黒なコーディネートでも、そこにスカジャンをくわえれば“+1”のクッション要素で全体の地味さを上手く調和してくれます。
また頭にハットを被ったり、ダメージパンツを穿くなど、全体にカジュアルを散りばめても楽しそうです。

黒パーカー×イージーパンツコーデ

ハーフスリーブの黒パーカーとシャンブレー素材のイージーパンツのコーディネートはアラサーメンズが真似したいカジュアルスタイルです。膝下にかけて細くなるテーパードラインがモードな雰囲気をプラス。

もしハーフスリーブが難しければ、長袖を少し上にまくって手首を出すと暑苦しくなりません。
その際、腕時計やブレスレットなどのワンアイテムをお忘れなく。

黒パーカー×アンクル丈パンツコーデ

オシャレなカジュアルスタイルを目指す、大人のメンズが今取り入れたいアイテムが「アンクル丈パンツ」。
黒パーカーに短パンを組み合わせると、少し子供っぽい印象になりますが、アンクル丈なら涼しげさは変わらず、清潔感やカジュアルさも損ないません。

黒パーカーはどうしても重たくなりがちですので、足元は軽やかにローファーやm夏ならデッキシューズやエスパドリーユを組み合わせてもいいですね。

黒パーカー×セットアップコーデ

「いくらビジカジ推奨とはいえ、パーカーはナシでしょ…」と懸念する声もありますが、仕事中はパーカーを脱いで、朝晩だけの通勤コーデという使い方はアリ。黒パーカーと好相性なセットアップが一つあれば、ジャケットとパンツを別でコーディネートするなど、最低3日は違うコーディネートが楽しめます。

また仕事以外にも、旅行や出張など、遠出をする際のラフコーデとしても活用できる着こなしです。

黒パーカー×ジャケットコーデ

スーツジャケットin黒パーカーのデニムコーデが遊び心満載の着こなし。
カジュアルな黒パーカーに組み合わせるジャケットは、着丈や素材感など身だしなみを損なわないものを選びたいところ。くわえてデニムパンツもしっかり目の素材を選んだ方が無難でしょう。

薄い色や安っぽい生地のデニムを合わせると、全体的に少しチグハグな印象になり、せっかくの大人の雰囲気も台無し。大人カジュアルをオシャレに演出するのであれば、素材感は重視しましょう。

メンズファッションの定番アイテム「黒パーカー」を使って、大人カジュアルにコーディネートするときは、ジャケットやパンツ、靴などの組み合わせを工夫して「キチンと感を残すこと」がポイント。
またリラックス感を残してカジュアルさを演出するときは、トレンドを押さえつつも身だしなみの清潔感を損なわない着こなし方で遊ぶと好印象です。

ファッション #メンズ #黒パーカー #コーディネート #定番 #カジュアル

この記事のライター
椎名 香澄
椎名 香澄
元アパレル系販売員。ジェントル系メンズファッションがお好み。素敵なスタイルをご提案していけるように頑張りマス♡