自称・非モテの男性が理想の彼女と付き合うために本気で狙うべき女性とは?

自分のことをいわゆる“非モテ”と思っている男性の中には「どうせ女の人って、イケメンかお金持ちの男じゃないと興味ないんだろ、だから俺は女性にモテないんだ…」と偏った考え方をされている方もいるのではないでしょうか。

実はこれ、大きな間違い! 非モテの男性だって、理想の彼女と付き合うことは可能です。
今回は、自称・非モテの男性が、理想の彼女と付き合うために本気で狙うべき女性についてご紹介したいと思います。

女性が言う「男の人は、見た目やお金なんかじゃないよ!」は鵜呑みにしないこと

image1

「男の人は、見た目やお金なんかじゃないよ!」女性のこのような発言に対して、どう思いますか?

筆者はこの言葉、きれい事だと思います。
実際に、この手のタイプの女性にアプローチをして見事に撃沈した、という苦い経験を持つ非モテの男性もいるはず。かといって「えっ?俺ってそういう女性から見てもありえないほど悲惨な男なの⋯??」と自暴自棄に陥るのは早計です。

冷静に考えてみてください。
そもそも心の底から男性のことを、見た目やお金では判断していない女性であれば、わざわざその言葉を口に出すでしょうか。

筆者は同性だからこそ分かるのですが、こういう言葉をわざわざ口に出す女性って、本心ではイケメンやお金持ちの男性にチヤホヤされたいという願望があって、自分のことをよく見せたいという欲求が人一倍強いからこそ、“あえて”このような発言を口に出してしまう人が多いように思うのです。

事実、こういう発言を繰り返している女性ほど、イケメン&お金持ち、なおかつ高スペックな男性と狙い撃ちでお近づきになり、実際に付き合ったり結婚したりする傾向がとても多いように感じます。

ときには本心の気持ちで「男の人は、見た目やお金なんかじゃない」と言う女性もいるかもしれません。
ですが、筆者の経験上このケースはかなり稀。
この言葉を鵜呑みに「この人なら、自分でも相手にしてもらえるかも?」などと過剰な期待は抱かないことをオススメします。

非モテの男性こそ、女性選びで妥協しないこと

image2

自称・非モテという男性の中には、自分と同じく、非モテな女性を狙う人もいるかもしれません。

しかし、これがそもそもの元凶。

非モテの女性である筆者も、独身時代に非モテの男性から熱烈なアタック(ほぼストーカー行為)をされた経験があります。
そして、その男性にいわれた一言が「俺がモテてたら、君のことを好きにはならなかったよ」という衝撃発言。さすがにここまで舐めくさった言葉を、軽々しく口に出す男性も珍しいとは思いますが、自称・非モテの男性が考える『非モテの女性を狙えば付き合えるかも…』という言葉とそれほど大差はありません。

基本的に女性は、“自分がどんな理由で男性からアプローチされているのか”という、相手の男性に好意をもたれたキッカケをとても重要視する生き物。
「こいつぐらいなら少し頑張れば俺でも落とせるんじゃね?」という安易な考え方が、ほんの少しでも相手の男性から見え隠れしてしまうと、一瞬で萎えてしまう人も多いのです。

そもそも、自分が妥協して選んだ女性と念願叶ってお付き合いしたところで、本当にお互いが幸せな交際へと発展できるものでしょうか。
いくら自称・非モテの男性とはいえ、理想の相手を探す段階から女性選びで妥協することは絶対にやめましょう。

非モテの男性が、理想の彼女と付き合いたいなら“高嶺の花”の女性を狙うべき!

image3

では結局のところ、どんな女性を狙えば、自称・非モテという男性でも理想の女性とめぐり逢い、お付き合うすることができるのでしょうか。


筆者は、非モテの男性にとっては“高嶺の花”的な存在だとしても、本当に好きになれた女性を狙うことを強くオススメします。

もちろん高嶺の花の定義は人それぞれ。また必ずしも、万人ウケする美女を狙えというわけでもありません。

非モテの男性が、自分の本心から「こんな素敵な女性が自分のことを相手にしてくれるわけがない。でも、どうしても好きだ」と思える女性を狙えばいいのです。

いくら片思いした相手でも、自分の本心から惹かれた女性であれば、その人に好かれようと、なんとしてでも努力したくなりませんか?

“高嶺の花”的な存在の女性であっても、男性から真剣にアプローチをされて不愉快に感じる女性はあまりいません。むしろ自分に強い好意を抱いてくれていることがわかれば、たいていの女性は「一度くらい食事に行ってみようかな」と考えるものです。
そして、イケメンやお金持ちな男性からのアプローチではなく、心の内に秘めた男性の一途な気持ち・情熱にこそ女性は弱いもの。

この一途な気持ちを一人の女性にそそぎ続ける行為こそが、理想の彼女と付き合いたい非モテな男性が実践すべき努力。学生時代など若い頃であれば『一途な男=重たい』と敬遠されがちですが、ある程度の年齢になれば『一途な男=誠実』と評価は一変するのです。

ただし女性の「いやよいやよ」は、本気でイヤだという証ですので、何度かアプローチを試みても拒絶されてしまうときは潔く引き下がりましょう。

「女の人って、イケメンかお金持ちの男じゃないと興味ないんだろ」これは非モテの男性がよくやりがちな偏見をもった考え方。
自称・非モテという男性が、理想の女性を見つけ、その人とお付き合いしたいのであれば、まずは妥協せず本当に自分が好きな女性を選ぶこと、そして一途な気持ちを持ち続け、必死に情熱を注ぎアプローチしていくことです。

恋愛・デート #非モテ #付き合う #彼女 #理想

この記事のライター
大久保 舞
大久保 舞
アラサー子持ち既婚者。 自分自身が独身時代全くモテず、同じく非モテの夫と結婚したことから、非モテの男性を全力で応援している。 非モテでも幸せを掴む方法をアドバイスします。
関連記事

彼女からの“束縛”や“嫉妬”が激しすぎる…「恋愛依存体質」の女性と付き合うときに気をつけること。

藤本 由佳

彼女から連絡がない!? 不安でしょうがないという男性が知っておくべき隠れた女性心理5つ

藤本 由佳

せっかく付き合ったのに……なかなか初エッチをヤらせてくれない女子の心理とは?

彩香

見た目に惚れて交際したものの……価値観が合わない彼女と付き合う時の心得4つ

藤本 由佳

「なかなか心を開かない…」「距離感が微妙…」彼女があなたに心を閉ざすワケ5つ

藤本 由佳

【別れるべき? それとも関係を立て直すべき?】彼女との付き合いに飽きてしまった時の対処法5つ

松本 ミゾレ

【どうしても別れたくないなら……】別れ話をしてきた彼女を思いとどまらせる方法5つ

藤本 由佳