【登山初心者向け】知らないと後悔する!メンズの「服装選び」ポイントまとめ

そろそろ山登りが気持ち良い季節になりますね!
秋の紅葉に向けて、「これから登山を始めてみようかな?」と考えている男性も多いのではないでしょうか?

そしてせっかくの山登り。登山のファッションもおしゃれにキメたいところ!
しかし、ファッションに気を取られるあまり、危機管理について甘くなりすぎることもあります。
山登り初心者の方が服装で気を付けたいポイントについてまとめてみました。

登山の服装選びのポイントは?

ショップに行くと、たくさんのウエアが並んでいますよね。
山登り初心者にとっては、何を選んだらいいかもわからないと思います。

ジムでのトレーニングや平地でのトレイルとは服装や装備は全く違うので注意が必要です。
自然の脅威に触れる登山においては、服装を適当に選ぶと命取りになる可能性もあります。

「とりあえずオシャレなら何でもいいや」なんて思わず、山を登っているとき果たしてくれる「洋服の役割」を頭に入れてからコーディネートをするように気を付けてください。

あまり脅かすつもりはありませんが、初心者だからこそ、「何とかなるだろう」という甘い考えは捨てて、きちんと装備を揃えることからはじめましょう!

肌着・アンダーウエア

肌着は基本的に外からは見えないので機能性重視で選びましょう。

登山での服装は、重ね着が基本になります。
肌着(アンダー)、中間着(ミッド)、ジャケット(アウター)の3つは必ず揃えて下さい。
体温調整として重ね着は必須です!

一番注意してほしいのは、綿素材はNGというポイントです。
汗を吸収しても乾きにくい綿素材は、着ているうちにどんどん体温を奪ってしまいます。
間違っても普段着ている綿素材の肌着は着て行かないように。

肌に触れるアンダーウエアは「吸湿速乾性」が基本です。
化繊系の肌着は夏用と冬用があるので、季節に応じてチェンジするのがポイント。

汗の臭いが気になる人は、吸湿速乾性に加え、消臭、防臭効果のあるものを選びましょう。

中間着

実は登山の服選びで一番注意が必要なのが中間着だと言われています。

体温調整としての機能を果たすので、季節によって2枚、3枚と重ね着してOK。
シャツやフリースなど、季節に合わせて選びましょう。
基本的には、「防寒着」としての役割をしてくれるものを選びます。

初心者ならシャツよりも動きやすいフリースがオススメです。
肌着が吸った汗を上手く逃がしてくれるメッシュ素材やドライ系などもいいですね。

中間着は色柄も豊富なので、レイヤードコーデを楽しんで♪

標高が高くなるほど気温は下がっていくので、高い山に登るとき、天気が気になるとき、すこし肌寒いときはインナーダウンを予備として持って行くようにしましょう。

アウター・ジャケット

雨風から身体を守るためのアウターです。
夏山や初心者であれば完全防水ウエアやウインドブレーカーで十分です。

冬山登山の場合はダウンジャケットなども必要になりますが、登山する季節、条件によって服装は小まめに変えるのがベスト。
登山中は頻繁に脱ぎ着することを想定しておきましょう。

ただし、冬や雪国での登山は初心者にはちょっと条件が厳しいので、アウターや装備については必ず登山に慣れている上級者にアドバイスを貰ってから選んでください。

デザインや色柄も豊富ですが、あまり流行は意識せず、長く使えるものが理想。

パンツ

当然ではありますが、登山は「歩く+登る」ことが基本。
試着をするときは、腿上げ、屈伸運動をして動きやすいパンツを選びます。

また、吸湿速乾性素材の観点から、デニムや綿パンはNG。
汗をかくと動きにくくなるばかりか、体温を奪っていくので危険です。

夏は涼しい素材で十分ですが、風が強くなる春や秋頃は防風性の備わったものを選びます。
歩いているときや途中で休憩するときは岩や木に布が擦れるので、汚れや擦れに丈夫な生地を使っているタイプのパンツがいいですね。

怪我や虫よけにもなるので、短パンではなく、長ズボンを選んで。

靴+靴下

登山専用靴は必須です。
この靴選びを失敗してしまうと足に負担がかかり、怪我のもととなってしまいます。
街歩き用シューズ、トレーニング用、登山用では靴の構造は全く異なります。
おしゃれの勘違いで普段の靴を履いてくるのは絶対に避けましょう。

初心者は、ソールが柔らかいタイプの、ハイキングや登山用のハイキング・トレッキングシューズがお勧めです。

靴下は靴と一緒に合わせて買うのがベスト。
登山用の靴下は普段履くものよりも一層、フィット感やクッション性が大切になります。
登山用靴下を履いたうえで登山用シューズを選んでみましょう。
いつもと同じサイズの靴を選んでしまうとフィット感が全然違うので、靴擦れをしたり足が疲れてしまう原因にもなります。

歩き慣れていない人は、指同士が擦れてマメができないように「5本指ソックス」を選ぶのもオススメです。

帽子

帽子は無くても大丈夫ですが、あるとオシャレ度が格段にアップするアイテムでもあります♪
もちろん、あった方が良い理由もたくさんあります。

紫外線や土埃や花粉などの汚れ防止などのほかに、「寒暖の差に適応しやすくなる」というメリットもあります。

頭部は脂肪や筋肉もないので、体温調節はできません。
そのため、頭は気温の影響を受けやすい部分ともいえますよね。
体温をコントロールするという意味でも、登山初心者なら帽子はあった方がいいでしょう。
突然の雨でも視界を確保してくれるので安心です。

夏なら陽射しや雨よけにもなるキャップやハット、防寒ならニット帽などもいいですね。
畳んで持ち歩けるので、1つ持って行っても損はありません。

手袋

夏ならなくても良さそうだと思うかもしれませんが、登山初心者なら手袋は持って行った方が吉。

手袋は防寒だけでなく、防暑、ケガの防止だけでなく、滑り止めという機能も備わっています。

「山を登る」ということは、ただ歩くだけでなく、登る行為も伴います。
岩場、鎖、ロープを掴んで登るとき、素手では滑ってしまうので、最低でも滑り止めのついた軍手ぐらいはあった方がいいでしょう。

でも、軍手は全くおしゃれではないので、やはり登山用のグローブはあった方がいいですね。
手でストックを持つ場合も、グリップ力の高いグローブを選びましょう。

手袋は汚れやすく、着け外しを繰り返すうちに無くしてしまうことも少なくありません。
メインで使うグローブとは別に、予備でもう1枚持っていると便利です。
最近はスマホ操作もできるグローブも出ているのでチェックしてみては?

タイツ・サポーター

あったら便利なのがタイツや膝のサポーターです。

体力に自信がある人でも、初心者ならあった方が良いかもしれません。
山頂を目指しているときはまだ大丈夫でも、下山するときになると膝がガクガクして歩けなくなってしまう人もいます。

タイツなら足全体をサポートしてくれるので、疲労や痛みもばっちりサポートしてくれます。
膝のスムーズな動きをサポートしてくれるのはトレッキング用のサポーターも同様です。
体力に自信はあっても膝に不安がある人は持っていると安心。

タイツ+サポーターは歩きにくくなってしまうので、どちらか1つあれば大丈夫ですよ♪

いかがでしょうか?とにかく山登りには思わぬ危険がたくさん存在します。
もし服選びに迷ったら、登山グッズを扱っているショップ店員さんや、登山上級者のアドバイスを参考にしましょう。

”おしゃれ”に気を使うことは大切ですが、何よりもまずは安全な山登りを心掛けること、その為にも抜かりない準備を行うことが大切です。
せっかくの山登り、服装に気を付けて楽しんでいきましょう!

ファッション #登山 #服装 #初心者 #ポイント #注意 #肌着 #アンダーウエア #中間着 #フリース #アウター #防水 #防風 #防雨 #吸湿速乾性 #機能性 #パンツ #靴 #靴下 #帽子 #グローブ #タイツ

この記事のライター
木下京子
木下京子
旅行が大の趣味。子持ちの母です。 これからもたくさんの国を訪問したいです^^