ビジネスマンの「涼しい恰好」はどう作る? 夏ファッションにおすすめ 6アイテム

湿度の高い日本の夏。いくら蒸し暑い季節でもビジネスシーンにはきちんとした恰好を求められる場合も多く、洋服選びも一苦労。休日オフのプライベートこそ短パン・Tシャツ等、割とラフ目の恰好で過ごせますが、仕事やTPOを必要とする場では、自由に涼しい恰好とはいきません。
そこで今回は、夏を涼しく過ごしたいビジネスマンにおすすめの「ファッションアイテム」6つをご紹介します。クールビススタイルの着こなしにも役立ててみてください。

夏アイテム①|シアサッカー生地のネクタイ

クールビズという言葉も世の中に浸透して久しく経過しますが、「ここぞ!」というシーンでは、ネクタイを締める機会もまだまだ少なくないのが現実。そんな暑い夏にネクタイを必要とするシーンには、シルクやポリエステルなどの素材で作られた通年向けのネクタイではなく、夏向けのネクタイに切り替えてみてはいかがでしょうか。

綿素材を中心に作られたシアサッカーの生地素材は、見た目のメンタルストライプ柄が涼しくみえるだけでなく、実際 首に巻いてみても首回りの通気性の良さを感じさせる一品です。また、アメリカントラッドのアイテムとして、手持ちのボタンダウンシャツとの相性も抜群。夏向けのネクタイとして一本常備しておいても良さそうです。

夏アイテム②|ソラーロ生地のネクタイ

ソラーロとはイタリア語で「太陽」のことを意味し、緯糸(ぬきいと)に赤色の糸を使い経糸(たていと)にはベージュやグリーン・ブルーの糸を使って織り込んだ生地のこと。緯糸と経糸で別々のカラーを織り交ぜることで、太陽の日差しが生地にあたった際、玉虫色のキラキラととても上品な色に輝きます。

またこのソラーロ生地は、メンズの夏ファッションには欠かせない定番生地として、昔から実に様々な衣服に使用されてきました。クラシカルスタイルやイタリア生地を使った上質なワイシャツに良く似合うソラーロのネクタイは、一本持っておくと夏の着こなしの幅も広がります。

夏アイテム③|カラミ織のシャツ

カラミ織りとは、“よこ糸”と“たて糸”がからみ合う織り方が特徴で、ガーゼ素材のような隙間の多い生地のことを言います。

「絽織(ろおり)」「目玉織(めだまおり)」「紗織(しゃおり)」など織り方の種類も様々ありますが、糸と糸の隙間によってとても風通しの良い生地の作りをしています。

一般的なワイシャツに用いる生地「ブロード織り」や「オックスフォード織り」よりも製作に手間がかかるため、どこでも買えるわけではない比較的希少価値の高い生地。もし店頭などで見かけたら、その独特の触り心地を確認してみてください。

夏アイテム④|クールマックス生地のスラックス

クールマックス生地とは、もともとスポーツウエアに使用されていた化繊生地で、(1)汗の吸水力の高さ、(2)濡れても素早く乾く、(3)手触りがひんやり、の3点が主な特徴。

このクールマックス生地は、昔こそカットソー向けのジャージー素材がほとんどでしたが、近年では、3点の特徴はそのままに“スラックス”や“ジャケット”などカジュアルウエアやビジネスウエア向けの商品も開発しています。

またクールマックスの生地は、ポリエステル素材100%ではありますが、他の一般的なポリエステル素材に比べて着心地や肌触りが段違いに優れています。蒸し暑い夏に一度身につけたらあまりの快適さにきっとクセになるはず。

夏アイテム⑤|鹿の子織の開襟シャツ

ネクタイを締める必要のない夏のビジネスシーンでは「開襟シャツ」がオススメ。
開襟シャツを選ぶポイントは、主にポロシャツなどに使用されている鹿の子織りの生地をセレクトすること。

画像のシャツは、DEIFICEがラコステに別注したシャツ。生地はスポーティな鹿の子織りですが、芯地の取り方も含めて仕立ては通常のシャツと同じ形状モデルとして作られているためビジネスシーンでも違和感なく着こなせます。

また通常のシャツに比べて汗のべた付きも気にならない生地素材として、夏に外回りの多い営業さんは特に重宝できるアイテムではないでしょうか。

夏アイテム⑥|メッシュ状のレザーベルト

元々メッシュ素材のベルトは、主に夏のリゾートやカジュアル向けのファッションアイテムとして使われ、ビジネスシーン等、TPOを求められる場には不向きと言われてきましたが、近年ではクールビズの影響もあり、“ビジネス”と“カジュアル”の境界線はだいぶ緩くなってきています。
そこでチノパンやポロシャツなどの夏ファッションに合わせてメッシュ状のベルトを仲間入りさせてみるのはいかがでしょうか。

特にベルトを身につけるウエスト回りは、下着・シャツ・パンツなど様々な衣類が重なり合う部分で夏場は最も蒸れやすい箇所。そこに分厚い革状のベルトを巻いては通気性も悪く益々蒸れやすい状態となり、汗の影響で肌が痒くなることもあります。

蒸れやすいウエスト部分をメッシュ状のベルトに変えるだけで、通気性が良くなり涼しさや過ごしやすさもだいぶ違うはずです。そしてメッシュ状のベルトを選ぶ際は、レザー製で編みの細かいタイプの方がよりビジネスシーンにも対応しやすくオススメです。

夏は太陽の日差しが強く、とにかく蒸し暑い…。
クールビズが浸透してきたとはいえ、ビジネスシーンやTPOの場に相応しい恰好には限りがあります。
そんな時に工夫したいのが、ファッションの選び方。、普段の着こなしに夏向けのアイテムを上手に取り入れて、夏をより涼しく快適にお過ごしください。

ファッション #夏 #ビジネスマン #涼しい #ファッション #クールビズ #アイテム

この記事のライター
Ambassador
Ambassador
MENDYのアンバサダーとして活動しています。 得意ジャンルは「ファッション」。
関連記事

【口のニオイ、大丈夫?】ビジネスマンが常備しておきたい「口臭ケア」グッズ4つ

浅田ちひろ

職場の「部下」や「若手社員」の理解できない言動にはどんな心理が隠されているのか?

高萩 陽平

【ビジネスマンの口臭対策に!】ニオイケアに絶対揃えておくべき優秀アイテム4つ

黒田 亜希子

【ワイシャツ、それで合ってる?】着こなしのシーンにあわせた「色・柄」の選び方をおさらいしよう!

浅田ちひろ

ランニングは楽しむもの! メンズ向けに「春夏秋冬」の季節にあわせたトレーニングファッション

加藤えり

足元の身だしなみは“輝き”で決まる!「革靴」の正しいお手入れ方法と基本手順4step

横井 亜希

【営業も内勤も!】ビジネスマンにオススメの「オフィス用サンダル」10選

浅田ちひろ

男の「名刺入れ」は嫌みなく持つ! 大人のビジネスマンにオススメしたいブランド4つ

Azusa

あれ、もしかして興奮してる? 女性が発情しやすい夏のイベント4つ

加納 凛

今年もアイツがやってくる…! 夏にゴキブリと遭遇しないためのオススメ対策法4つ

Ayano.S

「ダサい」「キモい」「クサい」の3拍子! 女子が不快に思う男の『ムダ毛』4箇所

結城 友美

いくら暑いからって寒い場所も勘弁して! 彼女が嫌う夏の冷え過ぎデートスポット4つ

浅田ちひろ

夏に手放せない! 大人のショートパンツ「穿き方」と「選び方」ポイント8つ

Ambassador

暑すぎて楽しめない? カップルで夏デートを「涼しく」過ごす方法8つ

岸 真理恵

夏は日焼けだけじゃない! 意外と侮れない「紫外線」の影響と肌を守るスキンケア対策とは?

猫女