ホントに彼女のこと好き?本当に好きな相手の女性にはしない行動とは?

好きなのに上手くいかない、相手の気持ちが見えないなど不安なことは多々あるし、悩みはつきないものですよね。
しかし、それって本当に相手を好きじゃないからではないですか?
本当に好きな相手ができたらしなくなる4つの行動を教えます。

〈本当に好きな相手にはしない行動 その①〉詮索

本当に好きな人ができたら、まずは相手のこと信じてやまなくなるはず。

相手を信じていなかったり、疑ったりすることがあるからこそ、細かいことまで知りたいと思うもので、これって決してポジティブなことではないですよね。

携帯をチェックしたり、周りの人に様子を聞いたりする気持ちも分かりますが、決して健全なことではありません。

好きな相手には、お互い2人だけの世界が成り立てばそれだけで幸せなので、他人のことをあえて持ち出して嫌な空気にする必要なんてどこにもないのです。

〈本当に好きな相手にはしない行動 その②〉駆け引き

駆け引きって、簡単に言えば自分のペースに相手を引き込もうとする頭脳戦。
“この時はこうして、次はあんな風に言って、ここで少し不安にさせて…”など相手をコントロールしようと思うのって決して本当の「好き」ではありません。

むしろ、自分がどれくらいの力量で相手を落とせるか、夢中にさせるかなどを楽しんでいるとも思えますよね。

つまり駆け引きが出来る時点で、相手を自分と対等に見ているか、それ以下だと思っているとも考えられます。

本当に好きな相手には、駆け引きなんかより、いかに自分が好きかを伝えたくなるはず。
そもそも駆け引きをする余裕なんてないはずです。

〈本当に好きな相手にはしない行動 その③〉束縛

束縛って恋愛の中で問題視されることが多いですよね。
「○○はダメ、○○はこうして、○○はしないで。」など、相手の行動に制限をつけるのって果たして「愛」なのでしょうか?

“好きすぎてそうしてしまう。”などよく耳にしますが、好きであればあるほど、相手の幸せを願うようになるもの。

例え自分が一緒じゃなくても、相手が楽しいのであれば異性とのご飯や、たまにの友達との外泊も許すべきですよね。

「相手の幸せ=自分の幸せ」と思えないのは、まだまだ相手よりも自分が大切、ということでもあります。

〈本当に好きな相手にはしない行動 その④〉自分を押し付ける

相手のことが好きだからといって、「この気持ちを分かってほしい、知ってほしい」と思う必要はないのです。

気持ちを伝えることは大切ですが、それはあくまでも相手に対してのことであって、あなたのことは言わなくて大丈夫。むしろ伝えるべきではないです。

相手に気づかれない思いやりほど美しいもので、「あなたのためにこんなこともしたよ!あんなこともしたよ!」など恩着せがましく言うのはやめましょう。
自分はそんなつもりがなくても、相手からしたらプレッシャーに感じる場合もあるのです。

愛は自分のなかでひっそり、こっそり、そして深く育てるものであり、誰かに見せびらかすようでは意味がありませんよ。

恋愛は様々なカタチがあり、一概にひとくくりにはできないものです。
あなたとその相手のことなので決めつけることもなかなかできませんが、きっと本当に好きな人ができたら今までの自分ではいられなくなるはず。
まずは自分の気持ちとゆっくり向き合ってみましょう。

恋愛・デート #本当 #好き #相手 #行動 #女性 #彼女 #不安 #気持ち #信じる

この記事のライター
成嶋朋恵
成嶋朋恵
アパレル店員♪コーディネートの工夫が大好き♡