昔から好きだった女性と同窓会で再会したときに試したい、男の3大アピール法!

みなさんは、昔から好きだった女性と同窓会で再会したとき、どんな態度で接しますか?
前からずっと気になっていた相手と話をするチャンスがもう一度手に入るって、嬉しいことですよね。
人によってはそのチャンスを欲しいがためだけに、県外から地元に帰ってきてまで同窓会に参加するというタイプもいるようです。

しかし、時間が流れている以上、昔と今とでは、お互いに見た目も中身の価値観も変わるもの。
何事も都合よく“昔のまま”とはいかないのが現実です。

そこで今回は、昔から好きだった女性と同窓会などで再会したときに試したいアピール方法3つをご紹介します。久しぶりの再会で、イイ男っぷりを存分にアピールしておきましょう。

同級生の女性には、自分の魅力を存分にアピールしよう

image1

同窓会で数年ぶりに好きな女性と再会する時というのは、気持ち的には非常にアガるもの。そしてせっかくの機会、どうせならその気持ちを相手にしっかりと伝えるべきです。

そのためにはまず、自分の話を聞いてもらえる土壌を相手との間に培うことが大事。特にアピールしたい相手の女性には、なるべく大人になってから得た自分の魅力について、早めに提示しておきましょう。

人の魅力というのは、結局のところ相手がそれを知らなければ意味がないわけですし、会話をしていても相手があなたに目を向けなければ、これもまた厳しい勝負となってしまいます。“魅力”というものは、極力出し惜しみなく、可能な限り存分にアピールしておくべきです。

では具体的に男の魅力とは何かと考えれば、それはやっぱり「お金」や「権威」と言えるでしょう。

現金な話ですが、良い会社に勤めていて、そこそこ稼いでる男性は、やっぱり同窓会でも女性からの注目を集めやすいわけです。こういう話を早い段階から切り出しておくことで、相手の方から食いついてもらえる可能性も高まります。

もしもあなたがこういう武器を持っているのであれば、年収、肩書きをそれとなく話して興味を誘うのも良い手でしょう。
事実、年収次第で目の色を変えてしまう女性、筆者の高校時代の同窓会にもゴロゴロいましたし……。

冗談っぽくもストレートに「好きだった」と伝えてしまうのも同級生の相手には効果的

image2

それから、同窓会で昔から気になっていた相手の気持ちを掴みたいなら、シンプルにずっと好きだったことを冗談っぽくも強くアピールしてみるのも手だったりします。

この、“冗談っぽく”というさじ加減が難しいところではあるのですが、ニュアンスとしては話を広げるため、お酒の席を盛り上げて、しかも相手には嫌な気持ちにさせないためにも、悪くはない方法だったりするわけです。
さらには、趣旨がそもそも好意のアピールにもなっていますし。
なんだかんだ、旧知の仲で以前からそこそこ気心も知れている関係であれば、この一手だけで日を改めてのデートに繋がることもあるでしょう。

また、「会えなくなってからもずっと気になっていた」という、さりげない好意を伝えつつ、実際に会えなかった期間、どういう暮らしをしていたのかについて相手の女性に聞いてみるのも、今までのことを知りたいアピールに繋がり、これまた悪い気をさせないものです。

それでなくても基本的に同窓会とは、再会した友人たちと近況報告を楽しむのが趣旨だったりしますし。

こういう質問を投げかけ、これまでの過程をヒアリングすることで、会話を切り出すためのネタの引き出しが広がる他、その女性が社会人になってからどういう生活を歩んできたのかについても容易に把握することができます。

また緊張の影響か、久しぶりの再会で、無駄にカッコつけるのではなく、きちんと相手の話を聞き、向き合うスタンスを見せれば、「この人、本当にずっと私のこと好きだったのかも…」と、より本気の姿勢をアピールすることにも繋がるでしょう。

その上で、自分の歩みとの共通項があればそれを話して聞かせることで、久々に再会した同級生の相手にも親近感を持たせることが可能になるはずです。

女性を気遣い、尊重するレディファーストは、特に地方在住者の女性に効果的

image3

最後に、同窓会という場においては、子供の頃とは違い、人間として成長した部分を見せることも大きなアピールになるわけですが、特に視覚的な意味で相手に理解を促しやすい方法としては、女性に対する気遣い・言動に気をつけること。

特に、ちょっとクドいぐらいのレディファーストを実践してみせるのは、地方在住者の女性に効果的。
都会はいざ知らず、田舎って未だに男尊女卑の文化が根強く残りますからね。

女性のことをしっかりエスコートしつつ、場の雰囲気を心得た振る舞いができる男性はなんだかんだモテるし、一目置かれるものです。
そういう男性に育ったというアピールをしてみせることで、過去に恋人からあまり尊重されなかったと感じていたり、バツ有りだったりする女性の心には、強い訴求をすることが可能となるでしょう。

ついでに、同窓会で久々に再会した相手の女性に、レディファーストをアピールする方法として、“相手のペースに合わせて飲むこと”も提案しておきたいと思います。
せっかくの同窓会で盛り上がる気持ちがあったとしても「○○さんも、もっと飲んで!」と催促するような学生のノリは控え、極力相手のペースに合わせてお酒を嗜むことで、昔の幼稚なイメージをガラッと変えることができるはず。

男性は、好意を抱いた相手には優しくするものということは、女性もよくよく理解しています。
それが分かっている上でなおも、オトナの振る舞いができるようになった同級生の存在には、きっと感じ入るものがあるはずです。

ということで、今回は前から好きだった女性と同窓会などで再会したときに試したいアピール方法3つをご紹介しました。

基本的に同窓会は、比較的みんなが集まりやすい、ゴールデンウィークやお盆辺り、そして年末年始に開かれるもの。

もしも近々で同窓会が開催される予定の方は、是非とも参加してみてください。
その上で、かつて好きだった子も来るのであれば、存分にアピールしてみてはいかがでしょうか。

恋愛・デート #同窓会 #再会 #アピール

この記事のライター
松本 ミゾレ
松本 ミゾレ
2013年よりフリーで活動開始。自宅に引きこもり原稿をこなす日々で慢性腰痛に。 趣味は怪獣フィギュア収集。 特技は猫あやしと怪獣フィギュア製作。 座右の銘は“休まず書け”で、野菜ソムリエの資格を持つ野菜嫌い。