キメ過ぎず、カッコつけ過ぎない。女子ウケを狙う「セットアップ」の着こなしコーデ10パターン

セットアップって、「ちょっとカッコつけ過ぎかな?」「張り切ってる感じが出ちゃうかな…」と、オシャレが好きな方でも着こなしが難しそうなイメージですよね。
今回は、キメ過ぎず、カッコつけ過ぎない…そして女子ウケも意識した「セットアップ」の着こなしコーデをご紹介します♪

シンプル・イズ・ベストなセットアップ!

まさにシンプル・イズ・ベストなコーディネート♡
キレイめなセットアップにインナーは無地の白T、清潔感のあるスニーカーも全体的にキレイにまとまっていて女子ウケ◎です。
足元がアンクル丈となっていることで硬すぎない雰囲気が出ています。
カジュアルなトートバッグを合わせればオシャレなビジカジスタイルにも♪スリッポンや革靴と合わせても良いでしょう!

ラフすぎないスウェット生地でオシャレに!

スウェット生地のセットアップも、しっかりした生地感ならラフすぎないオシャレ着になりますね♪
全体はネイビーで統一されているので、シューズやバッグは派手目なカラーのものを使用しても良いでしょう。
着こなしのポイントはチェック柄のシャツ!同系色だと合わせやすいですが、反対色の黄色のチェック柄を合わせても良さそう♡

ラフなセットアップで硬くない印象に!

ボタンではなく、ファスナータイプのジャケットがラフなスタイルのセットアップ。
落ち着いたグレーのセットアップですが、合わせやすい白Tのおかげで爽やかさもグッと引き上がります♪
インナーにはベストを合わせていますが、セットアップ以外のフード付カットソーなどを選んで可愛さをプラスしても良いでしょう。
足元のシューズをインナーと同系色でまとめると統一感も出てスッキリした印象に仕上がります♡

柄物セットアップはコテコテにならないように着こなす!

珍しいバンダナ柄のセットアップ。
セットアップが色が濃く派手目に作られているので、インナーは白や薄い色にするとコテコテにならずに爽やかさが出るでしょう。
足元はスリッポンやデッキシューズといったローカットのものを選べば涼しげな印象になりますが、秋冬はベロアやスウェード生地のスリッポンと合わせてもいいですね♪

簡単カジュアルに着こなせるデニムのセットアップ!

セットアップはなにもキレイめ生地だけではありません。
デニムのセットアップもカッコ良く、またキメ過ぎないオシャレに仕上がるのでオススメ!
スウェット生地だとソフトでカジュアルな印象ですが、デニムは男らしくワイルドな印象になりますよね♪
ワンサイズ大き目のものを選んだり、タイトめのセットアップを選んだりと、あえて自分のキャラクターやイメージ、雰囲気に合う生地感のセットアップを選ぶのも着こなしのコツです。

カッコつけないインナーパーカーがラフ&オシャレ!

ジャケットを脱いだら一気にラフな雰囲気が出るパーカーもオススメ!
友達と遊びに出かける時はもちろん、街歩きデートなら張り切り過ぎない感じも大事にしたいですよね♪
あまり気取らずカッコつけずにセットアップを着こなすなら、ラフな雰囲気を上手く取り入れながらコーディネートするのがポイント。
キャップやメガネなどを使って遊び心をプラスするのもいいですが、リュックを合わせると簡単ラフでオシャレなコーデに仕上がります♡

キメ過ぎないようデニムシャツで外して着こなす!

セットアップにネクタイや無地のワイシャツを合わせると、自分の中で「ちょっとキメ過ぎかも」なんて不安に感じてしまうことはありませんか?
あまりキメ過ぎた感じを出さないためには、インナーに普通のシャツではなく男っぽいデニムシャツを合わせちゃいましょう♪
デニムシャツは男っぽさもありながら、キメ過ぎずに済むラフなアイテム。デートにもかなりオススメのコーディネートです♡

さり気なく優しい印象を出すならセーターを合わせて!

ちょっとキレイめ素材のセットアップにセーターを合わせてもカッコよく着こなせます。とはいえ、あまりピッタリしたセーターや、キレイめのセーターを合わせる必要はありません。
いつも着ているような無地のセーターで十分♪
インナーのセーターがセットアップのオシャレ感を和らげてくれるので親しみやすい印象に♡
腰に巻くベルトもガチャベルトなどでキメ過ぎない着こなしが◎!

少しカッコつけたいなら柄物でアクセントをプラス!

カッコつけ過ぎないセットアップコーデに一役買ってくれる大人っぽい柄シャツもいいですね♪
「ちょっと派手かな?」と思えるキレイめのカットソーは、セットアップで上手く隠しながら着こなすのがオススメ!
一枚でも着こなせる柄シャツは脱いでも見栄えがいいですし、セットアップコーデ全体のアクセントにもなります。バッグも似たような柄を合わせるのがさり気ないカッコつけポイント♡

セットアップを着崩すことで自分らしい着こなしが作れる!

セットアップをゆるい感じで着こなすなら、パンツの裾をロールアップにして着崩してみましょう。
どうしてもスーツのようにキチンと着たくなるセットアップも、あえてロールアップにしたり、袖をまくって着崩すことで、自分らしい着こなしに仕上がります。
スニーカーを目立たせたいならロールアップに、ちょっとワイルドに見せたいなら腕まくりスタイルで、腕時計をチラ見せしてもオシャレ♡

無地のシンプルなものから柄物の派手なものまで、様々な種類のあるセットアップ。
今回ご紹介したものを参考にして、自分なりのコーディネートを見つけてみてください♪

ファッション #セットアップ #着こなし #コーディネート #カジュアル #カッコつけ過ぎない

この記事のライター
星野あきこ
星野あきこ
個性的というか自分を持っている男性が好きです。 立ち読み程度ですがビジネス系の本も読みます。
関連記事

これで太って見えない! ぽっちゃり体型の男性が知っておくべき「洋服選び」の絶対条件5つ

田中 優

これで迷わない!「気温15度」の季節にぴったりな服装選びと、メンズにおすすめの着こなしコーデ

田中 優

【おとこの秋コーデは、“色”で決まる!】大人のメンズが着こなしに取り入れるべき「秋色」4カラー

武吉えり

スーツ以外にも“中衣”として大活躍!「ジレ(ベスト)」で作る、大人メンズの着こなしコーデ

田中 優

洋服をカッコよく着こなすために鍛えるべき筋肉の部位と、そのトレーニング法5つ

和田 拓巳

ちょっとした外出なら、ササっと身支度! 大人メンズにおすすめしたい「ワンマイルコーデ」の作り方

田中 優

これで失敗しない!「気温20度」の季節に最適な服装の選び方、メンズにおすすめの着こなしコーデ

田中 優