濡れにくい女性とセックスする時の対処法4つ【原因は、体質? それとも自分の力不足?】

セックスをする際は、しばしば想定外の事態に直面することってありますよね。
たとえば、自分のアレの反りがイマイチで、そのために挿入後に中折れしそうな気配をびんびんに感じたり、あるいは運動不足が祟って、行為中に足がつってしまう事態に陥ることだってあります。

さらにその中でも意外と焦るのが、いざ挿入というくだりになったはいいものの、相手の女性がほとんど濡れていないという事態に直面した時でしょう。
体質か。あるいは自分の力不足か。原因はさまざまあれど、濡れにくい女性とセックスの行為に及ぶ可能性は誰にでも起こり得ることです。

そこで今回は、ぜひ男性の皆さんに知っておいてもらいたい、濡れにくい女性とセックスする時の対処法について、いくつかご紹介したいと思います。もしセックスをする相手の女性が濡れにくい場合は、こんな原因が考えられるでしょう。

その①|ストレスは、男女共に性感を鈍らせる

image1

濡れにくい女性が、そもそもどうして濡れにくいのか。
その理由の一つに、ストレスが関係しています。
日頃の様々なうっぷんが蓄積され、そのせいでイライラしやすい状況でのセックスは、当然集中もできません。

ストレスは溜れば溜るほど、セックスどころではないメンタルに陥りますので、濡れる濡れないの話でもなくなるわけですね。

この場合の対処法としては、まず根本的な原因であるストレス解消に努めてあげること。たとえば寝る前であれば、マッサージをしてあげたり、会話を多めにするなどが良いでしょう。

その②|単純に、あなたのセックスが下手すぎるという可能性もある

image2

ズバリ、男性側のセックスにおけるテクニックが下手で濡れないという女性もいるでしょう。

彼女の下手すぎるフェラチオが原因で萎えてしまう男性がいるように、女性も下手くそな愛撫では興ざめしてしまいます。
もしあなたがセックスをする相手の女性が、ことごとく濡れていないという場合には、これはもう原因は外ではなく内にあると確信すべきでしょう。

そして対処法はただ一つ。独りよがりなセックスはやめて、スキルアップに努めるべきですね。

その③|そもそもの体質が原因で濡れにくい女性もいる

image3

そもそも濡れにくい女性の中には、体質的にあまり濡れないという原因が含まれているケースも、ぜひ覚えておきたいところです。

実際に「私、誰とエッチしてもあんまり濡れないんだけど気持ちいいよ」と言う女性も中にはいるものです。

この手の膣液の分泌が少ないタイプの女性は、案外少なくありませんので、もしセックスをする相手の女性が体質的にあまり濡れないという場合は、十分にクンニをした上で、愛液+自分の唾液で挿入をスムーズにするよう努める対処法がオススメです。挿入がスムーズにいかないからと焦るのではなく、じっくり前戯で濡らす努力をしましょう。

その④|それでも濡れない場合は、ローションを使いましょう!

セックスで濡れにくい女性に対して無理に挿入をすると、お互いに性器を傷めてしまい痛みを伴うこととなります。
男性側はコンドームを装着すれば性器を傷めるリスクは多少回避できますが、これでは相手の痛みまではカバーできません。

こういう場合の対処法としては、ローションを使うこと。これが一番手っ取り早い方法でしょう。
きちんと相手の了承を得た上でローションを用いることで、挿入時のお互いの負担は間違いなく減らせます。

また、たとえ相手が普通に濡れやすい女性であっても、一晩に何度も愛し合ううちに体から水分が抜けていき、徐々に濡れにくくなるという女性もいます。このような事態にも、ローションは有効に使えることでしょう。
部屋に一本常備しておくと、かなり役に立ってくれるはずです。
商品名

TENGA ホールローション【潤い超リアル! 本物志向系ローション】


たしかに濡れにくい女性とのセックスは、普通に濡れる女性に比べていささか面倒な点は否めません。
しかし、文句を言っても仕方のないこと。
どうせ裸の付き合いをするのですから、相手の状況にあわせて男性側も順応するよう努力すべきでしょう。
今後、もし何かしらの原因で濡れない女性とセックスをする時には、今回ご紹介した4つの対処法をぜひ参考にして頂ければと思います。

恋愛・デート #セックス #濡れにくい #原因 #対処法

この記事のライター
松本 ミゾレ
松本 ミゾレ
2013年よりフリーで活動開始。自宅に引きこもり原稿をこなす日々で慢性腰痛に。 趣味は怪獣フィギュア収集。 特技は猫あやしと怪獣フィギュア製作。 座右の銘は“休まず書け”で、野菜ソムリエの資格を持つ野菜嫌い。