【まだ冬コート着てるの?】メンズの春向け「スプリングコート」の選び方と着こなしコーデの事例6つ

そろそろ「春」の着こなしが気になるこの季節。とはいえ、まだまだ寒い日も多いですよね。中には冬コートをそのまま着て過ごす…という方もいるのではないでしょうか?そんな寒さも和らぎ暖かくなってきたこの時期に役立つアイテムが「スプリングコート」。今回はメンズ向け「スプリングコート」の選び方と着こなし事例を6つご紹介したいと思います。

「スプリングコート」とは?

image1

「スプリングコート」とは、ブランドや何か特定のコート類を指すものではなく、春先に着用する薄手のコートの総称。

昔でいえば、春先に吹く強い突風の影響で巻き上がる埃(ほこり)を避けるために「ダスターコート」などと呼ばれた過去もありましたが、今では春先に着るコート類すべてを「スプリングコート」と呼ばれています。

コートの形は、秋冬のコートと同じく『ピーコート』『ステンカラーコート』『チェスターコート』『モッズコート』など様々ありますが 、“綿”“麻”“レーヨン”など薄手の素材から仕上げたコートが「スプリングコート」の特徴です。

「スプリングコート」の選び方

image2

スプリングコートを選ぶときは「色」「丈の長さ」「素材」「形」それぞれ4つのポイントを押さえましょう。

(1)色
一般的には「ベージュ」や「濃紺」のベーシックカラーが飽きなく着られてオススメ。
また、春らしくライトグレーや薄いブルー色のスプリングコートを選ぶことでコーディネートの幅も広がり着こなしがより楽しめます。

(2)丈の長さ
「ピーコート」タイプなら腰丈(こしたけ)、「ステンカラーコート」なら腿(もも)から膝丈(ひざたけ)ぐらいの着丈サイズのスプリングコートを選んでおくと着回しに困りません。

(3)素材
春らしく「綿素材」や「ナイロン素材」の薄手の生地タイプを選んでおけば、インナーを変えるだけで春先〜初夏まで長く着用できます。

(4)形
スプリングコートの伝統的な形である「トレンチコート」「チェスターコート」「ステンカラーコート」「ピーコート」辺りから選んでおけば、ビジネス・カジュアルともに幅広いコーディネートが楽しめます。

着こなし事例 その①|ジャケットの代わりにスプリングコートを羽織る

ビジネスシーンでも活躍するステンカラーコート。
黒パンツ×シャツの組み合わせに、ジャケット風の着こなしで春らしく軽やかな印象に仕上げています。

全体的に落ち着いた印象で、街中にスッと馴染みますね。

着こなし事例 その②|パステルカラーのスプリングコートで圧倒的な春らしさを作る

春らしい色使いに、パステルカラーは外せません。

薄めのパンツと薄茶色のインナーに、オレンジのパステルカラーを羽織った、実に春らしい着こなし。
足元のスニーカーまで含め、全身を薄めのカラーに統一することで、スプリングコートが反射的に映えます。

お出かけするのが、ますます楽しくなりそうな組み合わせですね。

着こなし事例 その③|濃いめに統一して、春のワイルドファッションを作る

パンツとインナーを、シックな色合いに統一し、そこに濃いめのスプリングコートを羽織れば、春のワイルドファッションが完成。

全体的な見た目がすっきりとシャープな印象に仕上がり、足元にはスニーカー・革靴どちらを履いてもマッチする着こなしです。

着こなし事例 その④|インナーにチェック柄は、春の王道スタイル

グレー系のスプリングコートを羽織るときは、インナーにチェック柄のシャツを着ることで、全体がボヤけた印象にならず、またシックを通り越した地味目のファッションを回避できます。

さらに、スプリングコートを脱いでもオシャレに保てるという点においても、インナーのチャック柄は春の王道スタイルといえます。

着こなし事例 その⑤|ビビットカラーで「元気」「ヤンチャ」「可愛い」を作る

「元気」「ヤンチャ」「可愛らしい」
春の着こなしにこの3大印象を作るなら、ビビットカラーのスプリングコートがオススメ。

シャツやパーカーなど、インナーに使える種類幅も豊富で、かつ小物を組み合わせることで、ワイルド系やスポーティ系など、一味違った着こなしが楽しめます。
せっかくスプリングコートを買うのであれば、春らしいビビットカラーは一着もっていても損はないでしょう。

着こなし事例 その⑤|ダボつきパンツでボリュームを持たせる

細身パンツやスキニーの代わりに、少しダボついたワイドパンツを組み合わせてAラインを意識したシルエットを作ることで、カジュアル感たっぷりの着こなしが楽しめます。

もちろん、似合うor似合わない、好きor嫌いも人それぞれ意見は分かれますが、ぽっちゃりや短足など、体型のコンプレックスの悩み解消としてもオススメの着こなしです。

着こなし事例 その⑥|スプリングコート本体にゆとりを持たせる

パンツやインナーに限らず、スプリングコート本体もゆったりめのタイプを選ぶことで、全体的にリラックスした雰囲気の着こなしが作れます。

一昔前であれば、“昭和のおじさんスタイル”として、特に若者をはじめ毛嫌いされる風潮もありましたが、相変わらずプチプラファッションの支持も高く、着こなしの作り方にスポットがあたる昨今においては、あまり気になりません。
特に洋服の着回しが好きな男性にとっては、コート本体もシンプルで組み合わせもしやすいでしょう。

冬から春に変わるこの季節、春らしい軽やかなコーディネートに仕上がる「スプリングコート」は便利に使えてオススメです。一着あれば着こなし方も豊富。
冬のアウターをそのまま着こなすのではなく、気分一新「春」の訪れをファッションと共に感じ取りましょう。

ファッション #スプリングコート #春 #着こなし #選び方 #コーディネート

この記事のライター
Ambassador
Ambassador
MENDYのアンバサダーとして活動しています。 得意ジャンルは「ファッション」。
関連記事

ビジネスマンは夏だって外さない! クールビズの着こなしコーデ10パターン

椎名 香澄

白シャツ1枚でここまで着回せる! 大人メンズがお手本にしたい着こなしコーデ術

椎名 香澄

【カーディガンの着こなし】ただ羽織るだけじゃない! メンズのおしゃれコーデ10パターン

麗奈

オールシーズン穿きたくなる! メンズの「ホワイトパンツ」で作るおしゃれな着こなしコーデ

雨宮 薫

【花見に行って、何するの?】彼女もきっと喜ぶ「お花見デート」の過ごし方10プラン

華見 月

大人メンズは可愛く、爽やかに! 春夏に着る「セットアップ」の組み合わせコーデ10パターン

椎名 香澄

「なぜか最近、肌荒れがひどいな…」春の季節によく男性が引き起こす肌トラブルの原因5つ

安井カナ