ターゲットを的確に絞れ! 落としやすい女性の心理状態と、相手を確実に落とすための恋愛テクニック

「どうしても彼女ができない」「気になる女性がいてもなかなか恋愛に発展しない」という男性定番の悩み。

この悩みを解決するためには、まずは落としやすい女性をターゲットにすることが肝心です。そしてターゲットにすべき相手の女性を決めたら、カウンセリング・テクニックの方法を、相手の女性を使い落しにかかるのです。
ごくごく単純かつ簡単なストーリーですが、効果は十分に期待できます。
また、このテクニックは非常に効果的ですが、悪用や乱用などは絶対に止めましょう。

落としやすい女性の心理状態

image1

落としやすい女性とは、ズバリ、困っている女性。それは何故かといえば、女性は悩みに弱いことが理由として挙げられます。

少し専門的な話になりますが、人間には精神を安定させる“セロトニン”という脳内ホルモンが存在します。しかし女性は男性に比べて、このセロトニン濃度が極めて少なく、落ち込みやすい特性があるのです。つまり本気で女性を落とすためには、この落ち込みやすいという心の弱みを利用するのが、もっとも効果的と言えるでしょう。

また、心理学的にいえば、悩んでいることは、精神的パワーが消耗している状態。人間はこういう状態の時には、他人からの影響を受けやすくなります。

催眠術や暗示をかけるときに被術者の精神的パワーを消耗させることがあります。まさにこれと同じ精神状態になっているということ。そしてこのような精神状態の時に、身近に助けてくれる人の存在が現れると、その人のことを信用してしまい全てを委ねても良いという思考状態に陥るのです。

落としやすい女性を探す

image2

困っている女性を探す方法として、まずは、その女性が失恋したタイミングを狙うことが挙げられます。実際に失恋の相談を受けた相手と恋愛になる事例もしばしば見受けられます。不倫で話題になったお笑い芸人の板尾創路さんが豊田瀬里奈さんを落としたのは、豊田さんの相談が始まりのキッカケと言われています。

また、自殺を考えている人の事例として、座間事件でも被害者は躊躇なく加害者宅を訪問しています。

さらに、人間関係に悩んでいる女性も落とすべきターゲットの候補者と言えるでしょう。
つまり、女性を落とす簡単な方法は、悩んでいる女性を助ける優しいヒーローになること。

女性が困っていれば困っているほど落としやすくなりますが、肝は、落ち込んでいる女性を探すことです。

周囲にアンテナを張り巡らしてマメに情報収集すること、またインターネットの悩み相談のサイトやSNSを活用する手段も考えられるでしょう。

女性を落とすための心理テクニック

image3

次の段階は、どのように優しいヒーローになるか、どのようにアプローチをし、どのように口説くと良いのかという課題です。この課題解決のためにはカウンセリングのテクニックがお勧めです。

カウンセリングでは、カウンセラーはまずクライエント(相談者・来談者)との人間関係を構築しなければなりません。人間関係が弱いとクライエントは腹を割って本音を話さないからです。臨床心理学の用語として、人間関係のことを『ラポール』と言いますが、このカウンセリングのテクニックを使うためには、「傾聴」「受容」「共感」が重要ポイントになります。

彼女の気持ちをラクにしてあげれば、彼女はあなたに感謝し、好意のお返しをしなければならないと考えるようになります。この心理を「好意の返報性」と呼んでいます。そして好意の返報性を用いることで、彼女はあなたに対して自分の話を聞いてくれる大切な人という認識を強めていくのです。

【傾聴】相手の話をじっくり聞くこと

相手の女性の悩みをじっくり聞いてあげることでオキシトシンの濃度を上げてあげることができます。オキシトシンの濃度を上げることは、精神を安定させる効果が期待できます。また、心理学的には、相手の話を聞くことで相手は、心の中に詰まったものを吐き出しやすくなり、「心の浄化作用」が働きます、
つまり、相手の悩みを聞くことは、相手の心を軽くしてあげる効果に繋がるのです。

【受容】相手の話をありのままに受け入れること

人間は相手の話をありのままに受け入れられると、相手を信用しやすくなります。そして相手を信用することで、安心して心の胸を開き、本音の話をするようになります。

【共感】相手の話に感情を共有すること

相手の話に共感すると、自分を理解してくれている、自分の味方だと感じ、深い部分で共有をはかりやすくする作用が働きます。相手に共感するという行為は、すなわち人間関係を深める効果が期待できるのです。

「傾聴」「受容」「共感」を使い女性を落とすテクニック

image7

『傾聴』は、ただ単に相手の話を聞いているだけでは、すぐに会話は止まってしまいます。相手の発言を促す方法としては、うなずく行為や「うん」「はい」などの合いの手を入れること。これを意識するだけでテンポよく会話が弾みます。

『受容』するためには、相手の言動に反論してはいけません。反論すると、発言しようとしている彼女の気持ちを摘み取ってしまうからです。「なるほど」などの言葉を意識的に使い、相手を受け入れる態度を心掛けましょう。

『共感』するための具体的な方法ですが、相手が喜べば「よかったね」と一緒に喜び、相手が落ち込んでいれば、「大変だったね」と一緒に落ち込む姿を見せてください。

また相手の話を『聞く態度』も重要です。「私はあなたの話をよく聞いているよ」という姿勢をみせるためにも、相手の目をしっかり見て、前傾姿勢で聞くと良いでしょう。

「あの子と付き合いたい…絶対落とす!」などと、一人勝手に息を巻いて張り切っても効果は薄いことを理解しましょう。
まず女性を恋愛で落としたいのであれば、困っている人・落ち込んでいる人をターゲットにすること。そして問題を抱える女性に対して、その悩みを解決してあげる姿勢をみせることで、女性からの信頼を獲得しやすくなります。

その状態を作った上で、女性と交際関係に発展させるための仕掛けが始まります。
この段階を踏まず、相手に交際を迫っても、よほどあなたに惚れていない限りは成功の見込みは極めて低く、非効率的と言えるでしょう。

また、実際に使ってみても非常に効果的な方法ではありますが、使用の仕方によっては、社会規範に抵触することがありますので、悪用や乱用を絶対に止めましょう。

恋愛・デート #恋愛 #落としやすい #女性心理 #カウンセリング #方法

この記事のライター
村田 芳実
村田 芳実
心理士の村田です。 認定心理士として、おもにビジネス・モチベーション・メンタル・恋愛・摂食障害など、誰でも使える心理学の記事を執筆しています。 人間の心は不思議でいっぱい。男性の皆さんが恋愛や仕事に活用できる心理をご紹介していきたいと思います。
関連記事

都会女子とはまったく違う?「田舎女子」あるあるの恋愛傾向4パターン

彩香

おとなしい、静か、シャイ……自他ともに認める「奥手男子」の恋愛必勝法!

藤本 由佳

【“高齢化社会”の当事者になって分かること】「介護」と「恋愛」の両立が、かなり難しい件……

松本 ミゾレ

ドンズバでゆとり世代の筆者が教える! ゆとり女子“あるある”の特徴とデートする時の心構え

彩香

そりゃ大抵の女性振り向くよ! これまで全く興味のなかった男性に惹かれた恋愛エピソード【実話】

藤本 由佳

苦労は覚悟しておくべき…!? 親離れできていない彼女の特徴と、恋愛・結婚で生じるデメリット

松本 ミゾレ

優しい男…よりも強引なアプローチが女心を動かす! 女性がドキッとするシチュエーションとは?

和田 千恵美

今ではなんと、2人に1人が該当!?「こじらせ女子」に共通する特徴と、恋愛する時の心得

彩香