「ル・クルーゼ」の魅力って?料理好きを語るならキッチン道具にも拘りを。

料理好きの人なら知らない人はいない、ル・クルーゼ。
1925年にフランスの小さな村で生まれ、今や世界中で愛されています。
そんなル・クルーゼの魅力をひも解いてみましょう。

【料理好きが愛するル・クルーゼの魅力①】カラー・デザイン

男性は、フライパンや鍋は黒やシルバーのイメージだった人が多いのでは。
ル・クルーゼで目を引かれるのは、何といってもカラフルな色使い。

赤・オレンジ・黄などのビビッドカラーからパステルカラーまで、たくさんあってとても楽しい気分になります。

デザインは、三本線やロゴがついているぐらいで、とてもシンプルなもの。
だから飽きがこなくてずっと使い続けられるのですね。

【料理好きが愛するル・クルーゼの魅力②】構造

ココット・ロンドに代表される鍋についてですが、鋳物ホーローでできています。
厚みが均一であるため、高い熱伝導率でムラなく火が入るのがメリット。

フタに重みがあり蒸気を逃がさないので、料理に旨みや栄養分がギュッと濃縮されます。

また、保温性があるのでそのままテーブルに出すこともできます。
よく、ル・クルーゼは重いと言われますが、全てが計算された構造なのですね。

【料理好きが愛するル・クルーゼの魅力③】世界の鍋

フランス生まれのル・クルーゼですが、その製品は世界の料理に合わせたものが出ています。
有名なのはタジン。

野菜・肉・豆を蒸して作るモロッコの郷土料理ですね。ユニークな鍋の形も手伝ってか、近年日本でも人気があります。

フランスやスイスで始まったフォンデュもパーティーの時に大活躍ですね。
日本でも、すき焼き用の浅めの鍋として「ココット・ジャポネーズ」などが出ています。

【料理好きが愛するル・クルーゼの魅力④】バリエーション

ここまでは主に鍋についてご説明しましたが、実はそれだけではありません。
ケトルや、シリコンまたはウッドのキッチンウェアなどもあります。

特におススメしたいのが、鍋と同じぐらい人気があるストーンウェアです。
1250℃で焼き上げられた手作りのストーンウェアは、調理器具・器・キャニスターなど幅広い使い道があります。

料理にこだわる男性なら、どれも揃えたくなるような製品ばかりです。

こうやって見てみると、ル・クルーゼが100年近くも愛されてきたわけがわかりますね。
調理器具や食器が魅力的だと、キッチンも明るく楽しくなるものです。
料理好きで拘りがあるならコツコツ集めてみてはいかがでしょうか?

ライフスタイル #料理 #ル・クルーゼ #魅力 #拘り #キッチン #道具 #男性 #鍋 #カラー #構造 #デザイン #バリエーション

この記事のライター
桃子
桃子
猫愛好家♪ マイブームはアメーバピグ。 流行に敏感なライターであることを心がけています^^