男のヒゲ剃りは「カミソリ」と「シェーバー」どっちを選ぶべき? 両者のメリデリを徹底比較!

男性にとっては、面倒で憂鬱な毎日のヒゲ剃り…。 基本的にヒゲ剃りといえば、「カミソリ」か「シェーバー」のどちらかを使うことになるわけですが、これまでT字カミソリで剃っていた人が電気シェーバーに変えるタイミングは、けっこう悩ましいもの。 特にヒゲを頻繁に剃る男性の場合は、毎日のヒゲ剃りにかかるコスパはやっぱり気になりますよね。

そこで今回は、男のヒゲ剃りは「カミソリ」と「シェーバー」のどちらがいいのか? についてそれぞれのメリット・デメリットを比較解説したうえで、ヒゲ剃りの目的や利用用途におうじた向き不向き、コスパの良さをご紹介したいと思います。

「カミソリ」のメリット

「カミソリ」のメリットまずは、カミソリのメリットから詳しくみていきましょう。

▶深剃りできれいに剃れる

カミソリは、シェーバーと比べて深剃りしやすいことが特徴です。
深剃りできるシェーバーもありますが、皮膚に刃が直接触れないため、やはりカミソリの方が断然深剃りに適しています。

また、カミソリは刃の枚数が多くなるほどに深剃りがしやすくなるため、ヒゲを根本部分から深く剃りたい場合は3枚刃以上のカミソリを選ぶといいでしょう。
ただしカミソリは、肌に触れる刃の枚数が増えることで、肌へのダメージが大きくなるのが難点です。

▶電気代がかからない

カミソリは、電動シェーバーと違って電気を使わないため、電気代がかかりません。つまり、電気代の節約になる点もカミソリのメリットを言えるでしょう。
とはいえ、シェーバーの電気代は年間数円程度とされているため、大きなメリットに感じない人もいるかもしれませんね。

ただ、電気を使わないカミソリのメリットは、電気代がかからないだけではありません。例えば、シェーバーを充電し忘れていたためにヒゲを剃れなかった…といったミスやトラブルの心配がないのも魅力の一つ。さらに、旅行や出張に持っていっても、充電のことを気にする必要がないこともメリットと言えるでしょう。

▶買い替えのコストが低い

カミソリは、1本または何本か入りの1パックあたり、およそ1,000円~2,000円程度で購入できますが、シェーバーは安くても1台あたり3,000円、高いもので20,000円を超えるタイプもあります。
カミソリは刃の交換にかかるコストこそ負担が必要ですが、シェーバーの買い替えコストに比べたら微々たるものでしょう。

また、シェーバーは電化製品のため、どうしても経年劣化による故障のリスクがともないます。もし買い替えになれば、3,000円~20,000円のコストが追加でかかりますので、そういった買い替えのリスクも含めてカミソリのコストが低い点はメリットと言えるでしょう。

「カミソリ」のデメリット

「カミソリ」のデメリット続いては、カミソリのデメリットを詳しくみていきましょう。

▶定期的な交換が必要

カミソリそのものの交換頻度は低くても、刃は最低でも1ヶ月に1回は交換が必要です。
カミソリの刃は、どれだけ適切に保管していても、多少のサビつきが起きたり、刃こぼれしたりするもの。
そして、そのままの状態でカミソリを使用していると、ヒゲが剃り残しやすくなるばかりか、皮膚が傷つき肌トラブルにつながりやすくなるでしょう。

また、雑菌が刃こぼれの部分に入り込むことで、しっかり殺菌できなくなり、こちらも肌にトラブルを引き起こす原因になります。

▶シェービング剤が高くつく場合がある

カミソリは、肌に直接刃先が当たるため、基本的には肌への負担を和らげるシェービング剤を使用する必要があります。
特に肌の弱い男性は、ある程度シェービング剤にこだわらなければ肌が荒れやすくなりますので、結果的にシェーバーよりもコストが高くなる可能性も考えられるでしょう。

ただし、値段の安いシェービング剤が必ずしも肌への負担を抑えられないわけではありません。安いシェービング剤でも肌への負担をしっかり抑えられるのであれば、コスト面はカミソリに軍配が上がります。

▶肌への負担が大きい

ここまでにもご紹介したとおり、カミソリは肌への負担が大きく、ニキビや赤み・シミ・くすみなどができる恐れがあります。
特にヒゲが濃く、毎日ヒゲ剃り時にカミソリを使用しているという男性の場合は、それだけ継続的に肌に負担がかかっている状態のため、いつまで経っても肌荒れが治らなくなる可能性も考えられるでしょう。

どれだけカミソリできれいにヒゲが剃れても、肌荒れが起きてしまっては元も子もありません。
カミソリは深剃りができる反面、肌への負担が大きくなることを十分に理解したうえで、まずは正しい方法でシェービングをして肌への不安を減らすこと、そしてヒゲ剃り後の保湿ケアを徹底しましょう。

「シェーバー」のメリット

「シェーバー」のメリットここからは、シェーバーのメリットを詳しくみていきましょう。

▶肌への負担が少ない

ヒゲ剃り時にシェーバーを使う最大のメリットは、肌への負担が少ないということが挙げられます。
シェーバーは、カミソリと違って刃が肌に直接当たりません。そのため、肌への負担を抑えることが可能です。

ただし、深剃りできるタイプのシェーバーは、必然的に肌への負担が大きくなりますので、もしカミソリを使ったヒゲ剃りで肌トラブルが起きやすい男性は注意した方がいいでしょう。
また、シェーバーのヒゲ剃り時にもシェービングクリームやジェルは使用できますので、肌の弱い男性にはそういった方法もおすすめします。

▶短時間で処理できる

シェーバーはカミソリとは違って、ヒゲ剃り時にある程度雑に動かしても肌を傷つける心配がありません。もちろん、ゴシゴシとこすったり、強く押し当てたりすれば肌が傷つく恐れはありますが、正しい使い方であれば基本的に肌が傷つくケースはほとんどないのです。

カミソリの場合は、皮膚を傷つけないように恐る恐る動かすものですが、シェーバーはスピーディにかつ短時間で剃れるため、朝の忙しい時間を短縮したい男性に向いていると言えるでしょう。

▶定期的な交換が必要ない

シェーバーは、定期的な交換が必要ありません。たいてい信用できるメーカーのシェーバーであれば、何年でも継続的な使用が可能です。
つまり交換する手間がなく、お気に入りの1台を愛用し続けられる点もシェーバーのメリットと言えるでしょう。

ただし、肌に直接当たるパーツに関しては、繰り返し使用することで破損するリスクがともないますので、場合によっては交換が必要ということも念のため頭に入れておいてください。
ちなみに、カミソリも基本的には刃のみの交換で何年も使用できるため、定期的な交換が不要という点においてはそこまで大きな差はありません。

▶シェービング剤にこだわる必要性が低い

もともとシェーバーは肌への負担を軽減できる点が特徴のため、シェービング剤にこだわる必要性がありません。
つまりシェーバーの特性として、そもそもシェービング剤を使用しなくても使えるため、ヒゲ剃り時にともなうランニングコストを低く抑えられることはメリットの一つと言えるでしょう。

ただし、シェーバーであっても肌トラブルが起きやすい男性の場合は、ある程度シェービング剤にこだわる必要がありますので、多少のランニングコストは覚悟しておくべきです。

「シェーバー」のデメリット

「シェーバー」のデメリット続いては、シェーバーのデメリットについて詳しくみていきましょう。

▶ヒゲを剃り残しやすい

シェーバーは、当てた範囲のヒゲをすべて一回で剃れるわけではありません。そのためシェーバーでヒゲ剃りをする時は、何度も往復させて剃る必要があります。
中には、一往復でしっかり剃れることをアピールするシェーバーもありますが、基本的には何回か往復しなければなりません。

また、シェーバーの場合はそれでもヒゲを剃り残してしまうリスクが高く、往復させてヒゲを剃る手間と、しっかりヒゲが剃れているかを確認する手間も含め、ある程度の時間がかかってしまう点はシェーバーのデメリットと言えるでしょう。

▶お手入れが面倒

基本的にシェーバーは、毎回肌に当てる部分のパーツを取り外し、専用のクリーナーで洗浄しなければなりません。このお手入れのケアを怠ると、徐々に雑菌が増えて不快なニオイを発してしまう可能性があります。さらに、そのままの状態で使用し続けていると、肌トラブルが引き起こす危険性もあるでしょう。

このような手入れやケアを面倒に感じる男性にとって、シェーバーでのヒゲ剃りはかなりのデメリット要因と言えるかもしれません。

▶壊れたときに高いコストがかかる

ある程度信頼できるブランドメーカーのシェーバーを選べば、過度な心配はいりませんが、万が一シェーバーが壊れた際、買い替えに高いコストがかかることは一応デメリットと言えるでしょう。シェーバーは、カミソリと違って機械で動くものですので、当然故障や不具合のリスクはともないます。

このような故障や不具合も見据えて、はじめから安いシェーバーを使用しておけば、壊れたときのコストを最小限に抑えることができるかもしれません。

【結論】「カミソリ」と「シェーバー」どっちを選ぶべき?

「カミソリ」と「シェーバー」どっちを選ぶべき?ここまでは、「カミソリ」と「シェーバー」のメリット・デメリットをそれぞれ解説してきましたが、最後に『じゃぁ結局のところ、毎日のヒゲ剃りはどっちがコスパ良く使えるの?』という結論をまとめたいと思います。

まず「カミソリ」は、ヒゲをしっかりきれいに剃りたい人に向いています。
ただし、手先が不器用で丁寧に剃ることができなかったり、いつも朝の時間が切迫したりしている男性にはあまり向きません。

それに対して「シェーバー」は、一回のヒゲ剃りで同じ箇所を何度か往復しなければなりませんが、ある程度大ざっぱに剃っても肌トラブルのリスクが低いため、トータルで見ると朝の時間に追われている男性に向いています。
くわえて、シェーバーの特性上、上小回りがききやすいため、ヒゲをデザインしたい男性にもおすすめです。
逆にシェーバーは、毎日の身だしなみを整えるうえでヒゲの剃り残しを絶対に避けたい人や、ヒゲ剃りにかかる金銭的コストをできるだけ下げたい人には不向きと言えるでしょう。

「カミソリ」と「シェーバー」は、自分に合ったタイプのものを選びましょう


カミソリとシェーバーは、どちらにもメリットとデメリットがあるため、自分にどちらのタイプが合っているかよく考えて選びましょう。

コスパについても、交換頻度や買い替えコストを考えると、大きな差はありません。肌への負担や自分の性格、ヒゲの剃り方などに合わせて選ぶようにしましょう。

健康・メンズ美容 #ヒゲ剃り #カミソリ #シェーバー #メリット #デメリット #コスパ

この記事のライター
加藤良大
加藤良大
歴7年のフリーライター。アパレル企業からライターに転身し、医師監修記事の元原稿や美容記事の執筆本数は10,000本を超える。前職の経験を活かし、ファッション記事、ビジネス記事など幅広く手掛ける。