ヒゲの剃り残しは、なぜ起きる? 男性あるあるの原因5つと、正しい対処法をチェック!

ヒゲの濃い男性にとって憂鬱な毎日のヒゲ剃り…。
ヒゲ剃りは面倒ですが、だからといって毎回テキトウに済ませてしまい、顔のところどころにヒゲの剃り残しがあるようでは、相手に不潔な印象を与えてしまいます。
どれだけ顔やスタイルが良く、オシャレな服装で身だしなみを整えていても、ヒゲの剃り残しがあるだけで全てが台無しになってしまうでしょう。

とはいえ、自分では丁寧に剃っているつもりでも剃り残しが発生してしまう人も中にいます。
そこで今回は、毎日のヒゲ剃りでヒゲの剃り残しが起きてしまう男性あるあるの原因5つと、ヒゲの剃り残しに気づいたときの間違った対処法、そしてヒゲの剃り残しをなくすための正しい剃り方のコツについてご紹介したいと思います。

剃り残しの原因①|時間に余裕がなく慌てて剃っている

image1

まずはヒゲの剃り残しで最も多い原因は、朝の時間に余裕がなく慌てて剃っていることが挙げられるでしょう。

本来シェービングをするときは、同じ箇所を反復して剃るものですが、時間がなく急いでいるときは、反復して剃らなかったり、途中でやめてしまったりします。

そうすると、部分的に剃り残しが多く残り、とても目立ってしまうのです。

特にヒゲが濃い男性で、朝の時間に余裕がなくなるという人は、ヒゲ剃りにかかる時間も考慮し早寝早起きの習慣を身につけましょう。
また、シェービングにかける時間を減らしたいという人は、電動シェーバーを使うといいでしょう。シェーバーよりは深剃りできませんが、比較的早く剃ることができます。

剃り残しの原因②|シェービングクリームをなじませていない

image2

ヒゲを剃るときは、基本的に円滑剤としてシェービングクリームを塗るもの。しかし、シェービングクリームは単に塗るだけでは円滑剤の役割を発揮してくれません。ヒゲにしっかり塗り込むことで、ヒゲが柔らかくなり、カミソリできれいに剃ることができるようになるのです。

「朝はバタバタと忙しい…」「夜は疲れて面倒くさい…」などと言い訳をし、準備の時間が短いからといって、シェービングクリームを軽く塗り込むだけでは、ヒゲの剃り残しに繋がるばかりか、剃るときに皮膚を傷つけ肌トラブルを招く恐れがあるでしょう。

赤みや切り傷があると、剃り残しと同様に不潔なイメージを与えてしまうため、シェービングクリームは十分に塗り込むようにしてください。
なお、ジェルタイプなど他タイプの円滑剤も同様に、しっかりヒゲになじませてから剃るようにしましょう。

剃り残しの原因③|シェーバーを交換していない

image3

シェーバーについている刃は、使っているうちにどんどん切れ味が悪くなります。また、適切な管理をしている場合も、長期間使用していると、サビついてヒゲが引っかかるようになるのです。

目安として、だいたい1ヶ月に1回はシェーバーの刃を交換しましょう。
それよりも前に切れ味が悪くなったりヒゲに引っかかるようになった場合は、そもそも正しい保管ができていない証拠と考えられます。

そしてシェーバーを使用した後は、流水でよく洗ってから風通しのいい場所に保管しましょう。棚の中など密閉された空間に収納すると、雑菌が増えやすくなります。雑菌が大量についたシェーバーで剃ると、肌トラブルのリスクが高まるため注意が必要です。

剃り残しの原因④|ヒゲが硬い状態のまま剃っている

image4

シェービングをする際はヒゲを柔らかくする目的で、最初にアゴからホホの部位にかけて蒸しタオルで十分に温めなければなりません。
剃る前にヒゲと皮膚を柔らかくすることで、シェービングの際にヒゲの剃り残しや肌へのダメージを抑えることができます。

まずは、アゴとホホの部位にたいして蒸しタオルを包み込むように当てて、1分程度待ちましょう。手で触ってみて、まだヒゲが十分に柔らかくなっていない場合は、追加で当ててください。

蒸しタオルは、まず水に濡らしたタオルを軽く絞り、そのタオルを耐熱皿にのせ、電子レンジ(600W)で1分程度温めることで簡単に作れます。
ただし、タオルの厚さや絞り加減によって、温めに必要な時間が多少異なりますので、各々で調整しましょう。またタオルを加熱しすぎると、顔にあてた際に火傷の心配があるため、温かく感じる程度を目安にしてください。

原因⑤|ちゃんと剃れているか確認できていない

image5

毎日繰り返しシェービングをしていると、習慣化にたいする慣れや面倒くささから、どうしてもしっかりヒゲを剃らなければならないという気持ちが薄れがちになるもの。
その気の緩みこそが、剃り残しの原因に繋がります。

どれだけ丁寧に剃っていても、剃れているかどうか確認するようにしましょう。
シェービング後に確認できていない場合、自分の剃り方のクセがわからず、いつまでたっても剃り残しが解消されない可能性があります。
アゴと首の境目、首の前面から横面を中心にチェックしてください。

自分が剃り残しやすいところを把握できれば、効率的にシェービングができるようになるでしょう。もし自分のクセに合わせて工夫しているにもかかわらず、いっこうにヒゲの剃り残しがなくならない場合は、そもそもシェーバーの切れ味が悪くなっている可能性が考えられます。

ヒゲの剃り残しに気づいたときの間違った対処法2つ

image6

鏡をみてヒゲの剃り残しに気づいた際、間違った方法で処理すると、肌を傷つけてしまい、のちに肌トラブルを引き起こす危険があります。
ヒゲの剃り残しで男性がよくやりがちな間違った対処方法についてチェックしてみましょう。

(1)毛抜きで抜く

毛抜きでヒゲを抜くと、毛穴がダメージを受けてしまい、埋没毛(まいぼつもう)を引き起こす原因になります。
埋没毛とは、新しいヒゲが生える前に皮膚が閉じてしまい、ヒゲが埋まってしまう状態のこと。黒いぽつぽつ毛穴の原因になるため、ヒゲの剃り残しが気になっても、決して毛抜きを使った安易な対処はしないようにしましょう。

(2)剃り残ったヒゲを手早く処理する

剃り残ったヒゲを手早く処理することは、シェーバーで肌を傷つける原因になります。
しっかり処理できないうえに、皮膚を傷つけ肌全体を痛める恐れがあるため、普段どおり丁寧に処理するようにしましょう。

ヒゲの剃り残しをなくす、正しい剃り方のコツ3つ

image7

最後に、ヒゲの剃り残しをなくすために、次に挙げる正しい剃り方のコツをマスターしておきましょう。

(1)最初に蒸しタオルでヒゲを柔らかくしておく

剃り始めの前に蒸しタオルでヒゲを柔らかくすることで、シェーバーが滑らかに通りやすくなります。
ヒゲは銅線と同じ程度の硬さがあるといわれているため、このような事前の準備は必須でしょう。そして使用したタオルには、雑菌や皮脂がつくため、必ず洗って乾かしてください。

(2)皮膚を引っ張った状態で深剃りをする

皮膚を引っ張りながらヒゲを剃ることで、格段にシェービングがしやすくなります。
肌には凹凸があるため、そのままの状態でシェービングしてもきれいに剃れません。
逆に深剃りもしにくく、肌を傷つけやすくなるのです。
皮膚をしっかり引っ張り、ヒゲを確認したうえでシェービングしましょう。

(3)鏡でよく見ながら剃る

鏡をみて、ヒゲ剃りの状況をよく確認しながら丁寧に剃りましょう。
1回の処理でどこまで剃れるのかを把握して、無駄のないシェービングを目指してください。早く確実に剃れるようになることで、朝の忙しいときでも剃り残しのないシェービングができるようになります。

ヒゲの剃り残しは、だらしない印象を与えてしまうため、イケてるメンズを目指すのであれば絶対に避けましょう。
正確に、かつ素早くシェービングができるようになれば、朝の時間にも余裕が生まれ、心にもゆとりを持てるようになります。
毎回ヒゲの剃り残しが気になるという男性は、今回ご紹介したそれぞれの原因もふまえ、自分が日ごろやっているヒゲの剃り方を一度見直してみましょう。

健康・メンズ美容 #ヒゲ #剃り残し #原因 #対処法

この記事のライター
加藤良大
加藤良大
歴7年のフリーライター。アパレル企業からライターに転身し、医師監修記事の元原稿や美容記事の執筆本数は10,000本を超える。前職の経験を活かし、ファッション記事、ビジネス記事など幅広く手掛ける。