「あーもうダメだな…」彼女が自分に対して、興味がなくなってきたことが分かる見切りの言動6つ

永遠に続く幸せな日々。憧れますよね。しかし現実問題なかなか上手くはいきません。

ほとんどの場合、恋愛のテンションは徐々に下がるもの。ましてや失恋する間際ともなると、男女どちらかが、あるいは双方が相手に興味を抱かなくなります。
特に女性の場合、その傾向は顕著に出やすく、傍目からみても「あー、このカップルはもうダメだな」と、なんとなく悟ってしまいます。

そこで今回は、彼女が自分に対して「興味がなくなってきたんだな…」と分かる見切りの言動6つをご紹介したいと思います。

その①|デートの要望が抽象的になる

image1

お互いにラブラブという自覚のあるカップルは、デートの予定一つとっても、何かと彼女の方から「○○に行きたい!」とか「一緒に○○したい!」といった能動的な要望が聞かされるものです。

その反対に、以前のように前のめりな姿勢が彼女に見られなくなったら、そのときは「あ、自分に興味がなくなったんだな…」と認識すべきでしょう。

実際のところ、このように能動的な要望を見せなくなった女性との関係って、それから何年も続くことは非常に稀です。

その②|連絡の頻度が減る

image2

彼女が以前ほど自分に興味がないことを実感する、一番ポピュラーな事例。それが電話・LINEの頻度が極端に落ちるという状況でしょう。
電話がかかってこなくなる…既読スルーも増える…などが該当しますね。

とにかく彼女からの連絡頻度が少なくなり、こっちからアポイントしないと何をしてるかすら分からない。こういった状況は、女性が男性を振る直前によく見られる光景です。

その③|“友達”や“飲み会”を言い訳に、デートの誘いを頻繁に断る

image3

そして恋愛関係の終わりに差し掛かったカップルからしばしば見聞きする状況が、彼女から頻繁にデートの誘いを断られることですが、この際の言い訳として「友達と遊ぶ」をよく用いることも合わせて覚えておきましょう。

具体的に誰とどこで遊ぶのかを聞いても「友達」としか答えてくれないことがほとんどですが、大抵は別の男性に乗り換える移行期間であることが多く、あくまでも今の段階は「友達」というだけのこと。
この言い訳を使うようになってしまった女性に思い直してもらう方法を、筆者は知りません。

また、これと同じような理由で、「会社の飲み会」とやらに出かける頻度もいきなり増えるのも、こういう見切られる状況においてあるあるの言動です。

その④|以前は許せていたことに対して、不快な態度を見せるようになる

image4

一緒のベッドで寝ているときに、以前はこちらを向いて寝ていた彼女が、背中を向けるようになったり。
あるいは自分のいびきにかなり不機嫌そうな反応をしたり、寝起きの口臭に対して露骨に顔をしかめたりするような経験をしたことはありませんか?

あなたにゾッコンだった時期の彼女なら許せていたことが、お互いの関係性が冷え込むにつれ、途端に不快と受け取られることって、よくある話です。

自分に興味がないを通り越して、自分を不快な存在だと認識しているのではないかと思えるような反応がチラホラ見えるようになったら、その関係はもう破綻寸前と認識しましょう。

その⑤|セックスの際、明らかにダルそう

image5

さらには、セックスの際に彼女があからさまにやる気のない態度を見せたり、テキトウな反応しかしなくなる状況も、自分に対して確実に興味のないことを実感させる目安。

こういう姿勢って、言ってみればわざとあなたに見せているわけですから、彼女が何故そんな露骨な態度を取るのかをよくよく考えれば、おのずとその状況のマズさに気付くはずですけどね……。

その⑥|部屋に置いてある私物を、彼女がちょこちょこ持ち帰るようになる

image6

そして最後に、彼女が既に自分に対して一切興味のない状況かつ、具体的に関係の清算をもくろんでいるときによく見られる光景についても紹介しておきましょう。

ズバリ、あなたの部屋に置いてある彼女の私物を、本人がどんどん持ち帰るようになったら赤信号です。
この状況はまさしく、いつあなたと別れても問題ないように、さっさと私物を引き揚げて、別れた後に極力顔を合わせる機会を減らそうという彼女の強い意志の表れ。

別れる意思がないのであれば、私物なんて彼氏の部屋に置きっぱなしでも問題ないわけですから、それでも私物を持ち帰るということは、既に相手の腹は決まっているという証拠でもありますね。

男女の恋愛なんて、所詮は99%破局して終わるようなもの。
しかし、そこに至るまでの過程において、徐々に「あ、自分に興味がなくなったんだな…」と確信せざるを得ない状況をバンバン見せられると、流石に気分も萎えますよね…。

そんなときに大切なのは、あらかじめ破局のショックに備えて耐性を付けておくこと。
今回ご紹介した見切りの言動を理解しておけば、いざそのような状況に直面しても、ある程度冷静に対処できることでしょう。

恋愛・デート #彼女 #興味がない #破局 #別れる #言動

この記事のライター
松本 ミゾレ
松本 ミゾレ
2013年よりフリーで活動開始。自宅に引きこもり原稿をこなす日々で慢性腰痛に。 趣味は怪獣フィギュア収集。 特技は猫あやしと怪獣フィギュア製作。 座右の銘は“休まず書け”で、野菜ソムリエの資格を持つ野菜嫌い。