勘違いイケメンの男あるあるの特徴9つ! 自撮り、キメ顔、見下し…とにかく痛い!

男性の中には、自分で自分のことを“まぁまぁのイケメン”と評価している人もいるはず。でも、自分でそう思っている時点でかなりの勘違いである可能性大……。

本来“イケメン”って、自分で名乗るものではなく、周りの人から言われる言葉だからね。 あくまで自分に自信をつけるため、自己肯定感を高める目的で内々に思う分には構わないけど、日頃の言動や振る舞いに(俺はイケメン♡)(最高なオトコ♪)って自信が満ち溢れているようだと、正直かなり痛い……。
女性に(え? この人もしかして自分のことをイケてると思ってる? ヤバすぎるなぁ…)(なんか、ナルシストっぽくて気持ち悪い……)と、冷たい目で見られるのはツラいでしょ?
そこで今回は、勘違いイケメン男あるあるの特徴と、そんな男性がやりがちな言動、そして勘違いイケメンから真のイケメンになるためのポイントをいくつかご紹介。勘違いイケメンはただただ恥ずかしいけど、本物のイケメンはやっぱりカッコイイし、例外なく女性にモテるよ。

勘違いイケメン男あるあるの言動9つ

知らず知らずのうちに“勘違い”の言動をとって、女性に引かれたりしたら普通にイヤでしょ? まずは、どんな言動が(勘違い!)(この人、痛い!)と思われてしまうのか知っていないとね。ということで、勘違いイケメンあるある&よくやりがちな言動を9つチェックしてみて。

(1)街中で自分の顔が映ったら、すぐにキメ顔…

街中で自分の顔が映ったら、すぐにキメ顔普段から無意識に自分の顔を見る回数が多い男性もいるはず。一人でこっそり、手鏡等でチェックするのならいいけど、公共の場で自分の顔を何度も見ている人だと(あーこの人、自分のことをカッコイイって思ってるんだろうな…)って、周りは認識するね。
街中のショウウィンドウとか、駅に設置してある鏡とか、とりあえず反射するモノを見かけたら、すぐにキメ顔したり、前髪を直したりするのは気持ち悪い。人って、見てないようで意外と見られているから気をつけたほうがいいよ。

(2)目が合っただけで“俺のことが好き”と思い込む…

(女性はみんな俺のことが好き!)って思っている男性もいるかもしれないけど……多くの場合、あなたの勘違いだからね? 目が合っただけで(きっと俺に一目惚れしたに違いない♡)とか、痛すぎるでしょ…。 
で、そいういう自意識過剰で(女性はみんな俺を見たら惚れる!)と信じてやまない男性ほど、一緒にいる人に「あの人、さっきから俺のこと見てくるだけどさぁ(照)」とか言っちゃったりするけど……言わない方がいいよ。(いや、偶然でしょ?)と呆れられるから。自意識過剰なオトコは痛いし哀れよ。

(3)馴れ馴れしく、そして図々しい態度…

自分はモテる、と勘違いしている男性ほどグイグイ女性に接近するし、すぐに女性を下の名前で、しかも呼び捨てで呼ぶし、すぐに連絡先を交換しようとするよね。
(俺から近づいていって、この子は喜んでいるに違いない!)と思っているのかもしれないけど……ただただ気持ち悪い。馴れ馴れしい&図々しい態度は、高確率で女性に嫌われるから!
ジーっと特定の子を見つめていて、視線をそらされたり、素っ気ない態度をされるのは、見つめられて恥ずかしいからじゃなくて、(ウザい)(気持ち悪い)と引かれて避けられているだけだからね。

(4)女性を査定したような発言をする…

女性を査定したような発言をする勘違いイケメンの野郎ほど、女性を査定する発言がひど過ぎる。たとえば「あの子、顔は可愛いけど体型がねぇ」とか「顔を見なきゃエッチできるわー」とかさ……。
勝手に辛口査定する男ほど全然イケメンじゃないのに、なぜか自分はイケてる!モテる!って勘違いしている幼稚な人が多いんだよね。
上から目線の意味不明な査定は誰もハッピーな気分にならないから、やめたほうがいいよ。

(5)他の男を見下す発言をする…

女性を見下すような発言をする勘違いイケメンも多いけど、反対に同じ同姓の男性を見下すような発言をするオトコも勘違い甚だしい。
「あの人、あの服自分にあってると思ってるのかなー? マジでセンスないわ」とか「パッと見いい男だけどさ、ああいう男って絶対性格悪いもんな!」とかさ……。
誰かを蹴落とすような発言をする男性って、仮に顔がかっこよくても心まで腐りきった真のブサイクだから。

(6)SNSに自撮りをあげて、みんなからの賞賛を待つ…

それから、自分で自分のことをカッコイイと思っている勘違いイケメンほど。自撮り写真をSNSにあげたりして気持ち悪い。友達とのツーショットとかなら許せるけど、自分だけ、しかもキメ顔とか……“キモい”の極みだから。
いい歳した男の自撮りとか誰も見たいって思ってないから、わざわざSNSにあげなくていいよ。正直、通りすがりにあなたのSNSを見た人は(ゲッ! きしょ…)って反応になると思う。

(7)SNSで女友達を作る&絡むことに必死…

SNSで女友達を作る&絡むことに必死勘違いイケメン、勘違いモテ男ほどSNSの友達が女性ばっかり! というパターンは多いね。
ネット上でしか繋がっていない女性たちから“いいね”やコメントをもらったりして、(モテている!)と勘違いするのは痛すぎるよ。真のイケメン、モテ男ほどそこまで変に女友達多くないから。

(8)ロマンチックな演出、キザなセリフで自分に酔う…

勘違いイケメンの男ほど、やっぱり脳内がナルシスト。自分に酔うためにデートでロマンチックな演出をしたり、海外ドラマを意識したキザなセリフをさらりと吐いたりするよね。
付き合ってからの記念日等でロマンチックなデートを計画してくれたら嬉しいけど、こういう勘違い男性ほど、付き合う前の微妙なタイミングで盛大にロマンチックなことをやって、交際後は手抜きするじゃん? ホント残念すぎるから。

(9)聞いてもいないのにモテた自慢トークをしてくる…

本当にモテる男性って、自分からモテるトークなど絶対しない! 過去にモテていた等、勘違いイケメンほど、“俺、すごいだろ!”と言わんばかりにモテる自慢トークを披露しがち。
聞かれてもいないのにモテるトークをしちゃうのは、自分で“モテない男”とか“勘違い男”と言っているようなものだから、気をつけたほうがいいよ。

これら9 つの特徴に当てはまるのなら、早急に改善したほうがいいね。ただの恥さらしだからさ……。

勘違いではなく、真のイケメンになるためのポイント5つ

真のイケメンになるためのポイント“イケメン”って、どうしても顔や見た目だけに焦点が当たりがちだけど、恋愛でモテる真のイケメンは顔だけじゃなくて、トータル的にみて素敵な人。勘違いイケメンじゃなく本物のイケメンになりたいのなら、内面の性格もふくめて自分を磨かないとね!
ここからは、真のイケメンになるためのポイント5つをご紹介。

▶身の丈にあった自信と謙虚さを持つ!

真のイケメンほど身の丈にあった自信はあるけど、とにかく接し方が謙虚! 井の中の蛙みたいに高慢チキな態度ではなく、ジェントルで頼り甲斐のあるタイプ。
本物のイケメンになりたいのなら、どんなにお金を稼いでいても、どんなに高学歴でも、謙虚さは忘れないほうがいい。

▶心にゆとりが持てる過ごし方を意識する!

器が小さく、幼稚でワガママな男性って、仮にどんなに顔がイケメンでもパートナーにしたいとは思わない。器が大きく、誰にたいしても親切心を振り撒ける男性がやっぱりオトナだし、人としても魅力的だよ。
どんなに仕事ができる男性も、まわりの人に優しくできる心の余裕がないと、いろいろ残念だしカッコイイとは言えないね。

▶知恵や知識、思慮深さを身につける!

おバカな男性を素敵だとは思わない。やっぱり知性と思慮深さも大事だよ。真のイケメンになりたいのなら、今の自分に満足せず常に学ぶ姿勢を心がけたほうがいい。
興味のある分野を積極的に勉強したり、日頃からたくさんの本にふれて語彙力を鍛えたり、自分の夢や目標に向かって日々何かしら新しいことにチャレンジしている人のほうがイキイキして魅力的に見えるし、心身ともにイケメンになれるから。

▶現実を受け入れ、働くことにワクワクする!

働く気のないニートとか、いちおう仕事はしているけど「会社辞めたいなー」と愚痴ったり「ラクしてお金稼ぎたい」と甘ったれたことを言って働く意欲のない男性は、仮に顔が芸能人並みにカッコよくて背が高くても、イケメンとは言い難いね。
イイ男ほど忙しいし、働くモチベーションが高いというか、社会の役に立とうとする意欲が強いから。反対に働く意欲のない男性は、イキイキと輝いてないし、会話もありきたりな内容で、一緒にいても正直つまらない。

▶清潔感&健康的なスタイルで、身なりを整える!

どれだけ顔立ちが整っていて、パッと見が素敵でも、よくよく見たら服装がダサかったり、体型がイケてなかったらちょっと残念かな……。
真のイケメンって相手にたいして不快感を与えない、むしろ好感を与える格好を意識してるもんだから。
普段からちゃんと清潔感のある格好をして、健康的なスタイルを心がけたら絶対モテるし、カッコイイよ!「飲み会が多いから太った」ではなく、「飲み会は多いけど運動している」人のほうが断然魅力的だもん。

勘違いイケメンは、自分で勘違いに気づいていないのが痛い!


勘違いイケメンって、そもそも自分で“勘違い”ということに気づいていないから、見ていてホント痛々しいし、余計に空回りしてる感じが可哀想……。
もし、勘違いイケメンの特徴に該当している男性は、これ以上恥をかかないためにも徹底的に直したほうがいいし、モテたいのなら真のイケメンになれるよう努力していったほうがいいね。

恋愛・デート #勘違いイケメン #あるある #言動 #特徴

この記事のライター
藤本 由佳
藤本 由佳
都内勤務のホステスです。 まだ誰のモノでもないアラサーです。 白馬に乗った王子様はお姫様しか迎えに行かないことに最近気付きました…。