大根で暴力!? リアルDV体験談から思うこと。

日本テレビ系「愛してたって、秘密はある。」という福士蒼汰くん主演の日曜ドラマで、第一回目にして、母親にDVをする父親を主人公が殺してしまうというショッキングなシーンが放送されました。 その日 私は友人宅で同ドラマを見ていたのですが……思いがけずソファからずり落ちそうになる自分の足を一生懸命持ち堪えて、大きく突っ込みました。
………「本気のDVで殴ってくるヤツはこんなもんじゃねえ!!!」。
今回は、過去の恋愛で私が実際に付き合った元カレから受けたDV体験をお届けします。ドラマの世界とリアルの現実は、得てして違うものなのです。

なぜか“よく殴られる女性”という人種がいる

image1

不肖わたくしバツ3ライターですが、過去の恋愛で何人かの男にDVを受けています。おそらく殴られやすい人種、というものに属するかと思います。

なぜ殴られるのか?ということに関してはまた別の機会にお話いたしますが、本気で殴ってくる人間というのはもう周りが何も見えていないものです。

福士くん主演のドラマみたいに、
『片手だけで平打ち何発も!!』というシーンがありますが、正直 殴る方も痛いと思う。

私の性格上、相手に殴られて黙っていられるほど気の弱い女性ではない(でしょうね)ので、大声を出したり、抵抗してやり返したりしますが、多分向こうも相当痛いと思うんですよ。

メンタル的にも、そしてフィジカル的にも。

DV男にも言い文がある

image2

殴りかかってきた男の精神状態など知ったこっちゃないのですが、何年か前に当時お付き合いしていた男性から殴られた後に言われた言葉として「5歳の男の子を一人で育てている女の精神力は普通じゃない、そりゃ殴る!」……という衝撃的な迷言がありました。

おっ…おおう、殴られる理由が私にあったか……(そうなの?)

当時お付き合いしていたその彼は、私と付き合っていながら何人もの女性と関係を持っており、そのことを延々と追い詰めたため、DVへと発展してしまったと記憶しています。 彼を追い詰めた元々の原因は確かに私ですが、今でも私は悪くないと思っています。

そうして、心身ともに私に勝てないと判断した彼は、今度は本気を出して馬乗りでガチ殴りしてきました。
その日の武器、ワイン瓶。

さすがにそのときは入院しましたね……死ぬかと思いました。
全然もう、片手とかじゃなくて、足と右手で抑えて左手にワイン瓶と、全身をフルに使って全力でガチ殴りって感じでしたよ。ちなみに彼は左利き。どういうジャンルで天才肌発揮してるの?

またその彼は、自分に対するコンプレックスが異常に強い人だったので、お酒を飲むたびに聞いてもいない過去にあった出来事を根掘り葉堀り一人よがりに語り出す人でした。
~辛くて可哀想だから酒と女に逃げてしまう俺~
といちいちミュージカル調に伝えてくるので、影でこっそりと「ミュージカルクソ男」と呼んでいたのはいい思い出です。

DV男の暴力は繰り返される!

image3

その後、私は防犯意識から、家中の武器になりそうなものを隠し、捨てました。

しかし、彼はまた同じ過ちを繰り返そうとしたのです。
誰も犯罪できないような収容所のような家の中で、私を殴ろうとしたとき、彼は大根を握りました。
皆さんご存知のあの夕飯によく出る、すりおろすと美味しい白い根菜ですよ。

当時かなり気絶グセのついていた私ですが、大根ではさすがに気絶に至らず、先に大根が折れました。

そりゃそうでしょうね!
勝った!!やっぱり大根には負けない!と思………うわけないだろ、ふざけんな。

そのあと彼は「こいつ、キチガイなんだよ!」と、言っていました。

この場合、大根を使ってでも殴りたい彼と、大根ででも殴りたくなってしまう相手の私「どっちが本当のキチガイか?」という観点は皆さまの主観にお任せします。
……っていうかそれ死ぬほどどうでもいいっていうか。

コミュニケーションの不具合からDVが生まれる

image4

とにかく本気で殴ってくるやつは、「片手オンリーの平手打ち」なんてことはほとんど無いはずです。

本当に狂気めいたDV男というのは、たとえ相手が気絶しようと頭をガンガン足蹴にして、これでもかってぐらい打ちのめしてくるし、血が出る間もなく冷たい床の上に倒れて動けなくなります。もちろん救急車は自分で呼ばないと来てくれません。

だって相手は、私が悪いと思っているから。
殴ってくる相手の話は、大体何を言っているのか理解できません。
きっと言葉を使ったコミュニケーションが苦手だから、その先に殴り合いが待っているんでしょうね!

もうそこまでの関係性になってしまったら、ふたりのいる環境含めすべてのことを一旦リセットして見直した方がいいですよね。

と、まぁこんな感じでDV男と付き合ってきた私ですが、特にPTSD(「心的外傷後ストレス障害」の略)などのトラウマに襲われることもなく毎日元気に楽しく生きています。
それでも、こんな性格とメンタルを持つ私が相手でも、暴力を振るってこない非暴力男はいるものです。そして、まさかの大根で私を殴った彼にも殴らないでいられる女性はきっと存在するはずです。おそらく異性のカップルとして…というよりも人間としての相性が相当悪かったのではないかと思います。
そのときの年齢なんかもかなり関係してくるだろうし、相性とタイミングって、ほんと大切ですね。

……知らんけど。

恋愛・デート #恋愛 #DV #暴力 #体験談 #福士蒼汰 #愛してたって秘密はある #コミュニケーション

この記事のライター
中村 瑠衣
中村 瑠衣
フリー編集/ライター/シナリオライター バツ3。自分の子どもしか愛せない。
関連記事

【どう付き合えばいい?】子持ちバツありの女性と恋愛・結婚する時に気をつけること6つ

松本 ミゾレ

彼女からの“束縛”や“嫉妬”が激しすぎる…「恋愛依存体質」の女性と付き合うときに気をつけること。

藤本 由佳

【引っ込み思案で、アガリ症…】恋愛における「コミュ障」の改善に役立つ対策方法3つ

松本 ミゾレ

気の強い女子は、苦手? 男性が敬遠しがちな「気の強い女子」と付き合うメリット3つ

彩香

都会女子とはまったく違う?「田舎女子」あるあるの恋愛傾向4パターン

彩香

おとなしい、静か、シャイ……自他ともに認める「奥手男子」の恋愛必勝法!

藤本 由佳

【“高齢化社会”の当事者になって分かること】「介護」と「恋愛」の両立が、かなり難しい件……

松本 ミゾレ