自分に合った「彼女の作り方」とは? 理想の恋人と付き合いたい男性に見つけ方のヒントを解説!

魅力的な彼女と付き合いたい、そのためにも素敵な女性を見つけたい。 おそらくほとんどの男性が、自分の理想とする恋人が欲しいと望むことでしょう。 でも、そもそも“理想の彼女”って、いったいどんな女性なのでしょうか。この条件をラスラ言うことのできる人は、きっとそう多くはないでしょう。

そこで今回は、自分が理想とする女性の探し方から実際に出会うための方法、そして多種多様なアプローチのコツまで、自分が求める理想的な彼女を作るうえでのヒントを徹底解説したいと思います!

彼女を作る目的を明確にしよう

彼女がいない男性の多くは、ただ漠然と「彼女欲しいな~」と口にはするものの、いったいなぜ彼女が欲しいと思うのか、きちんと理解している人は少ないでしょう。
理想の女性を探す前に、まずは自分が彼女を作りたいと思う理由・目的をはっきりさせることが大切です。

というのも、目的をはっきりさせないまま彼女を作っても、不毛な恋で終わってしまうケースが少なくないからです。

たとえば、「結婚を視野に入れてお付き合いできる彼女が欲しい!」という男性がいるとします。「彼女が欲しい、その理由は結婚したいから」というふうに、彼女を作る目的がはっきりしていますね。
この男性が結婚を考えていない女性にアプローチをしても、残念ながら目的と合致しないため、結局その行動は時間の無駄になってしまうでしょう。
もし運よく付き合うことができたとしても、将来設計などの根本的な考え方が合わず、すぐに別れちゃいそうですよね。

このように、彼女を作る目的を明確にすることは、理想的な彼女を作るうえで絶対に欠かせないプロセス。まずは彼女が欲しい理由、恋人を作る目的を明確にしたうえで、「その目的に合った彼女は、どんな性格で、どんな見た目の人か」というふうに、目的から理想の彼女像を逆算するように考えていく必要があるのです

とはいえ、「彼女を作る目的か…。いろいろ考えてみたけど、イマイチよくわからない…」という人もいるでしょう。そこで、男性がよく彼女を欲しいと思う定番のものをいくつかピックアップしますので、自分はどれに該当するのか、彼女を作る目的をはっきりさせる参考にしてみてください。

【目的①】とにかく今すぐに彼女が欲しい!

とにかく今すぐに彼女が欲しい!まず「何でもいいから、とにかく彼女が欲しい!」という男性は、ひょっとすると、彼女を作ることが目的になってしまっているのかもしれません。彼女ができたあとの、もう少し先までよく考えてみましょう。
仮に「思い出をいっぱい作りたいから!」といった、少し抽象的な目的でも大丈夫。その場合、目的は“思い出作り”になりますので、一緒に過ごす時間を多くとれそうな相手がベターでしょう。反対に、遠距離恋愛の彼女はちょっと厳しいかもしれませんね。

【目的②】結婚も視野に入れて彼女を作りたい!

結婚も視野に入れて彼女を作りたい!冒頭でも触れましたが、仮に結婚を視野に入れた彼女が欲しいのであれば、相手の女性もそれなりに強く結婚を望んでいる人を彼女候補として選ぶべきです。
中には「最初は結婚を考えていなかったけど、付き合っているうちに、結婚を意識するようになった」というふうに、運よく交際後に気持ちが切り替わる女性に出会える可能性もゼロではありませんが、その反対に、「まだ遊びたいのに、結婚を迫られるのがウザい…」なんて思われてしまうことのほうが可能性としては高いでしょう。
それなら、交際前から結婚を視野に入れてくれる女性をターゲットにしたほうが、すんなり付き合えるでしょうし、最終的な目的を果たすうえでも近道ですよね。

【目的③】いちゃいちゃしたい!

いちゃいちゃしたい!「ハグしたり、キスをしたり、女の子といちゃいちゃしたい!」これも立派な、彼女を作る目的のひとつです。
人目を気にせず思いっきりいちゃいちゃできるように、自宅デートが好きなインドア派の女性を探すと良いでしょう。

【目的④】心の支えが欲しい!

心の支えが欲しい!「一人暮らしで寂しい…」「自分のことを一番よくわかってくれる理解者が欲しい…」という気持ちになったとき、家族や友達ではなく、彼女にその役割を担ってもらいたいと考える男性も少なくないでしょう。
このように彼女を作ることが、「精神的な支えになって欲しいから」という目的の場合、どんな性格の彼女であれば自分の支えになることができるのか、自分の強みや弱み・性格などの自己分析を重ねて理想像を明確にしていきましょう。

自分が理想とする「彼女像」を理解しよう

自分が理想とする「彼女像」を理解しよう理想の彼女を作るためには、先ほども触れたように「彼女を作る目的を理解すること」に加えて、あなたが理想とする彼女像を知る必要があります。いわば、女性のスペックとでも言うべきでしょうか。
ここでは、理想の彼女像を理解するためのヒントをご紹介します。

▶見た目

男性にとって、女性の見た目はすごく大切ですよね。付き合う彼女は可愛いほうが絶対いいに決まっています。
でもあなたは、自分が果たしてどんな女性を可愛いと思うのかを、きちんと把握できていますか? まずは自分が「可愛い」と認識するための要素は何か、ここを細かく分析してみると良いでしょう。
たとえば、あなたが好きな女性芸能人や、過去に付き合ってきた女性の顔を参考に、顔のパーツ・身長・体型・年齢等、それぞれの要素を細かく分析してみてください。あなたがグッとくる女性の外見的特徴が理解できるはずです。
ただしその際、見た目のファッションは対象外にして考えること。なぜなら服装や髪型は、付き合った後いつでも自由に変えることができますので、彼女を作る過程においては正直あまり参考になりません。

▶性格

男性によって、自分が魅力的と感じる女性のタイプや性格は異なります。
明るくて活発な性格の人がいいのか、あるいは、落ち着きがある奥ゆかしい性格の人がいいのか…。
とくに、結婚を視野に入れた長い付き合いや、精神的な支えになってくれる彼女を作りたい場合、相手の性格は非常に重要です。一緒にいることで、癒される・前向きになれるといった、気持ちをプラスの方向に変えてくれるような女性を選ぶと良いでしょう。

▶嗜好

理想的な彼女を作りたい男性にとって、好きな食べ物や趣味など嗜好の相性はけっこう見逃せないポイントです。いくら見た目や性格がタイプでも、たとえば「俺は寿司が好きでおいしいお店をたくさん知っているけど、彼女は生魚が食べられない…」や、「自分は日本酒が好きなんだけど、彼女はお酒が飲めないゲコ…」といった食の好みが合わない女性よりも、一緒に楽しめる相手と付き合ったほうが間違いなく交際も長続きしますよね。

恋人のいない男性必見!彼女ができない原因は?

彼女ができない男性必見!タイプ別、彼女の作り方ここまでの流れで、彼女を作る目的、そして自分が理想とする彼女像の見つけ方をある程度は理解できたことでしょう。しかし中には、それは心得ているつもりでも如何せん彼女ができない…と悩む男性もいるかもしれませんね。
そんな人に、ここからは彼女ができない男性あるあるの原因をタイプ別にご紹介します。彼女ができない原因から彼女を作るヒントを探りましょう。

■モテない原因を分析していない

少し厳しいことを言うようですが、彼女ができない原因は、多くの場合あなた自身にあります。ひとつ、あるいは複数、おそらくは彼女ができない根本的な原因をあなた自身で抱えている可能性が高いでしょう。
その原因は、見た目なのか性格なのか、あるいは他にあるのか…。まずはモテない原因を客観的な視点も踏まえて冷静に分析し、とりあえずは“フツメン”を目指すことから改善を図りましょう。

■出会いがほとんどない

「社会人になって出会いが少なくなった!」とか、「理系の大学で、女性がほとんどいない」と嘆いている人。あなたに足りないのは、行動力です。
今の時代、その気になればいくらでも出会いの機会は作れます。習い事を始めたり、合コンや街コンに参加したり、マッチングアプリを使うのも良いでしょう。また、FacebookやTwitterなどのSNSには、イベント情報が多数掲載されていますので、自分が興味のあるイベントがあれば、どんどん積極的に参加してみてはいかがでしょうか?

■出会いの数はあるけど、理想の女性に出会えていない

「女性からアプローチされることもあるけど、みんな俺の理想とはかけ離れた人ばかり…」と嘆く男性は、とにかく自分を磨いてください。ジムに通ったり、勉強したり、女性が喜ぶエスコートのふるまいを完璧にマスターしたり。また、嫌らしくない程度にブランド物を身につけて、品をまとうのも良いでしょう。
なぜ、自分磨きを頑張るのか。それは、あなたが理想としているレベルの女性たちから、恋愛対象として見てもらうため。わかりやすく言うと、あなたは自分に見合わないレベルの女性を高望みしてしまっている可能性が大きい、ということです。
「他人は自分を映す鏡」と言いますよね。つまり今のあなたは、あなたが「俺の理想以下だ」と切り捨てている女性たちと同じレベルなのです。もっと自分自身を磨き、あなたが理想として掲げる素敵な女性たちを振り向かせられるように努力しなければいけません。

■なかなか好きな人ができない

長いこと恋愛から遠ざかっていたり、これまでにヒドイ失恋や女性不信などのトラウマを経験した人がよく陥ってしまう、彼女ができない原因が「なかなか好きな人ができない」という状態です。
比較的容易に女性と仲良くなれるのに、いつまで経っても友達のままで、「この人が好きだ!」という恋愛感情がわかず、アプローチをしようとしない。そんな気持ちに心当たりはありませんか? 
この手の男性は、恋愛映画やドラマを観るなど、今一度恋愛のすばらしさを再認識し、恋する気持ちを取り戻す必要があるでしょう。

■そもそも彼女の作り方がわからない

彼女いない歴=年齢という人や、日頃から女性と接する機会が極端に少なく、女性に慣れていないという男性に多く見られる彼女ができない理由がこちら。
そもそも彼女の作り方がわからない…という男性は女性との接し方、アプローチの仕方を工夫してみましょう。
次の項目で、具体的なアプローチ方法をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

彼女を作るうえで押さえておきたい、アプローチの基本6つ

女性へのアプローチ方法は、ある程度決まった型があります。ここでは、その基本とも言うべきアプローチの型をご紹介します。
よっぽど変わった性格の女性でなければ幅広い層の異性にウケますので、彼女を作るうえでもぜひとも習得しておきましょう。

(1)共感する

アプローチのコツ(1)共感するまずは女性と仲良くなるうえで定番中の定番とも言うべきアプローチ方法、それは相手の話に共感することです。「それ、すっごいわかる!」というふうに、ちょっとおおげさに共感してもいいでしょう。
とくに異性からモテない男性がよくやってしまうダメなアプローチが、女性の話に対して、共感ではなく説教じみたアドバイスをしてしまうこと。女性はただ話を聞いて気持ちをわかって欲しいだけなのに、モテない男性は、ベラベラと要らぬアドバイスをしてしまうのです。

本人的には、良かれと思い親切にアドバイスをしているつもりかもしれませんが、そのアドバイスを聞いてもらうためにも、まずは共感する段階をはさむ必要があるのです。
女性が求めている共感とは、上から目線で偉そうにアドバイスすることではなく、ただ会話中にうなずきながら話を聞くなど、意見に同意して欲しいということを肝に銘じておきましょう。

(2)聞き手になる

アプローチのコツ(2)聞き手になるただウンウンうなずきながら話を聞くだけではなく、本当の勝負はいかに相手の話をうまく引き出すかがポイントです。
でも、「どうやって相手の話を引き出せばいいのかわからない…」という男性もいるでしょう。そんな人におすすめなのが、YES/NOのクエスチョン形式ではなく、5W1Hをつかった質問をすること。

どういうことかというと、YES(はい)NO(いいえ)で答えることができる質問ではなく、「When(いつ)」「Where(どこで)」「Who(誰が、誰と)」「Why(なぜ)」「What(何を)」「How(どのようにして)」というふうに、「はい・いいえ」では答えられない質問をするのです。この質問のやり方を意識すれば、あなたが一方的に質問することなく、ごく自然な流れで会話が広がっていくことでしょう。

(3)身だしなみを整える

アプローチのコツ(3)身だしなみを整える女性が彼氏に求める条件としてたびたび登場する、清潔感。これって実は、ほとんど身だしなみでカバーできることなんですよね。
「清潔感とか身だしなみとか、あいまいでよくわからん!」という男性もいるかもしれませんので、手っ取り早く身だしなみを整えて、清潔感を手に入れる方法をご紹介します。

その方法はとっても簡単。以下の3つをやるだけ。

【1】髪を短めに切り、ジェルやワックスでツヤを与えて整える
【2】チノパンorデニムに白シャツ、といったベーシックな服を着る
【3】泥などの目立った汚れがない、きれいな靴を履く

この3つを守るだけで、だいぶ小ぎれいな恰好に見えます。また、肌のきれいさも清潔感に影響しますので、乾燥などで肌が荒れている人はしっかりケアしておきましょう。

(4)誠実に接する

アプローチのコツ(4)誠実に接するいきなり馴れ馴れしくタメ口で話しかけたり、お酒に酔った勢いとはいえ初対面にも関わらず、やたらと体に触れてきたり、延々と自分の自慢話を展開するような男性は、よっぽどのイケメンか、お金持ちの人でなければ第一印象で確実に嫌われてしまいます。

彼女を作るうえで第一関門とも言うべき出会いのチャンスを次に繋げるためには、とにかく誠実な対応、かつ紳士的な振る舞いで接することを心がけましょう。

(5)焦らない、でも積極的に

アプローチのコツ(5)焦らない、でも積極的に「ほかの男に絶対とられたくない!」という強い思いや焦りから急に告白を試みたり、まだそれほど親しくない関係にもかかわらず、「自分のことをよく知って欲しい!」という気持ちで、相手にとってはただただ重い家庭環境などのプライベートな話をする、といった早すぎる自己開示はNGです。ただただ引かれてしまって終わるのがオチでしょう。

しかし慎重になり過ぎてもいけませんので、攻めの姿勢も忘れないでください。“基本的にはアプローチの姿勢を崩さず、くれぐれもやりすぎない”、その丁度いい押し引きのさじ加減を、たくさん恋愛から学びましょう。

(6)自分の武器をアピールする

アプローチのコツ(6)自分の武器を知ってアプローチするこちらはちょっとだけ難易度の高い、恋愛中級者~上級者向けのテクニック。自分の見た目や声・性格を客観的に分析し、「自分の中で、何が女性を惹きつけられるか」という強みの武器を知り、それを使ってアプローチする方法です。

たとえば、中性的な顔立ちの人で、「“カッコイイ”というよりも、“カワイイ”系の顔だな」と思ったら、もっと可愛らしい印象で見られるように、髪型をゆるめのふわっとしたマッシュヘアに変え、白や暖色系の服を着る、というふうに、まずは自分の特徴を知り、あの手この手でその魅力を最大限に引き立たせるのです。
まさしくヘタに短所を補うよりも長所を徹底的に伸ばすアプローチ方法といえるでしょう。

理想の彼女と付き合える出会い方、出会いの場所とは?

理想の彼女と付き合える出会い方、出会いの場所彼女を作るうえで効果的なアプローチ方法を知ったところで、最後はある意味もっとも重要な自分が理想とする女性を見つけるための出会い方、出会いの場所についてご紹介します。

●友達の紹介

これは主に、普段なかなか異性と出会う機会が少ないという男性が一番最初に思いつく出会いの作り方といえるかもしれません。彼女を作るためには、なんだかんだ身近な友達に頼る方法がもっとも手っ取り早く、間違いも少ないためある意味近道といえるでしょう。
また彼女候補を紹介してくれる友達は、「この2人なら、性格的に合いそうかな?」というふうに、ふたりの価値観や相性を考慮したうえで場をセッティングしてくれるため、より理想的な彼女が見つかりやすい方法といえます。

●職場

また、社会人になってから出会いの数が減ってきたという男性には、やっぱり職場での出会いがおすすめ。社会人になると、一日の大半を会社で過ごすことになるため、いわば職場の同僚はもっとも時間を共にする仲間というわけです。もしかしたら古くから付き合いのある幼馴染の友達以上に自分のことをよく知る存在といえるかもしれません。
そのため、職場の同僚は互いに相手のことを知りつくす間柄という意味では、より理想的な彼女を見つけやすい場所といえます。
また、そもそも同じ職場内に女性の数が少ない、気になる人がいない…という男性は、取引先など同業界まで視野を広げてみると良いでしょう。仕事の繋がりから出会いを探すメリットは、共通の会話で盛り上がりやすく、早々に距離が縮めやすいことが挙げられます。

●合コン

昔から合コンは男女が出会う定番の場所であり、もちろん異性との交流もそれなりに期待はできますが、正直どんな女性が来るのかわからないため、理想の女性を見つけたいという男性には、ちょっと微妙かもしれません。
しかし、たとえば女性側の幹事と知り合いになれたら、「こんな子を連れてきて欲しい!」といったリクエストができる利点もありますので、合コンもまったく望みがないわけではありません。

●ナンパ

こちらも昔から見知らぬ男女が距離を縮めるために使われる手法、ナンパ。とくにこのナンパをきっかけとした出会い方は、彼女の理想像を見た目に置く男性におすすめの方法です。一目惚れしたのであれば、自分のほうから積極的に声をかけて仲良くなるのもアリでしょう。
ただしナンパという行為は、街中・クラブ・居酒屋・バーなど、女性がいる場所であれば基本的にどこでもできますが、ある程度メンタルの強さは必須。
声をかけても全く相手にされなかったり、ゴミを見るような冷たい視線を浴びせられることがほとんどですので、もし挑戦する場合は精神的に傷つく覚悟を持ってのぞみましょう。

●習い事

出会いのチャンスが期待できるうえ、さらに女性のタイプをある程度絞ることができるのが習い事です。
たとえば、アウトドアが好きというアクティブな女性を彼女にしたいのであれば、スポーツ系の習い事、反対に穏やかな性格で家庭的な女性と付き合いたいのであれば、料理教室などに通うことをおすすめします。
ただし、あなた的には彼女を作るという裏目的があったとしても、あくまでその場は習い事をするために集まっている人たちですので、出会いを探していることが見え見えな露骨すぎる行動・アプローチは控えましょう

●結婚相談所

もし将来的な結婚も視野に彼女を作りたいと考えている男性であれば、わかりやすく結婚相談所に頼るという手も全然アリでしょう。結婚相談所であれば、自分が理想とする女性像をダイレクトに伝えて、その条件にマッチした相手を紹介してくれます。
ただし結婚相談所は、当然それなりにお金がかかる場所ですので、貯金が少ないという人や、ただ単に寂しさを埋めるためや遊ぶ目的に彼女を作りたいという人にはおすすめできません。

●マッチングアプリ

マッチングアプリは20代~30代の男女を中心に、出会いの当たり前として定着しつつあります。
中には「アプリで出会うなんて…」というふうに少し抵抗を感じる男性もいるかもしれませんね。しかし、実際にマッチングアプリをきっかけに付き合った・結婚したという人は大勢います。
恋人探しから婚活まで幅広い目的におうじて利用することができますので、一度試してみると良いでしょう。

理想的な彼女を求める前に、まず自分を知ること


彼女を作りたいとき、ただ「彼女が欲しい!」と言ってばかりいるのではなく、まずは「自分にとってどんな人が理想の彼女なのか?」をよくよく分析して見てください。

理想像をしっかり理解したうえで探すことが、理想の彼女を作る一番の近道といえるでしょう。

恋愛・デート #彼女 #作り方 #理想 #恋人 #出会い

この記事のライター
tsuta
tsuta
フリーライター。 ユニークな恋愛経験が豊富で、今まで交際した女性は地下アイドル、歌手、風俗嬢、メイドカフェのメイドなどさまざま。その経験を活かし、恋愛に関する記事を執筆している。心理学や脳科学を使った恋愛アプローチも得意。