トレーニング中に音楽を聴く効果とは? メリット4つ!【シーン別に合った選曲方法も解説】

トレーニングを効率よく実践する上で、あると便利なのがトレーニング中のBGM。実際にスポーツジムへ行けば、音楽を聴きながら筋トレやランニングなどのエクササイズに励んでいる人を多く見かけます。
そこで今回は、トレーニング中に音楽を聴くことのメリット、具体的にどのような効果が期待できるのかについて解説し、またトレーニングのシーン別に合った選曲方法についてもあわせてご紹介したいと思います。

メリット①|気分が高まり、トレーニングの質が上がる

image1

まずはトレーニング中に音楽を聴くことで、自然と気分が高揚しトレーニングの質を上げるというメリットが期待できます。
皆さんもトレーニングに限らず、これまでに一度ぐらいは音楽を聴いたら俄然ヤル気が湧いてきたという経験があるのではないでしょうか?

トレーニングの質は、トレーニングに対するモチベーションによってかなり左右されます。モチベーションが高まっている時であれば自分を限界まで追い込めますし、反対にイマイチ気分が上がらない時は、トレーニング中もだらだらと無駄な時間を過ごし、良質なトレーニングを行うことができません。

そんなモチベーションが低い時は、音楽を聴くことで気分を高めヤル気を向上させましょう。
気分を上げてくれるような音楽を聴くことは、ドーパミンの分泌を促し、モチベーションを向上することに役立ちます。

メリット②|雑音を消し、トレーニングに集中できる

image2

静かなスポーツジムではさほど気になりませんが、ほとんどの場合トレーニング中には色々な雑音が耳に入ってきます。例えば、スタジオレッスンの音楽や館内放送、周囲のトレーニングマシンの音や会員同士が雑談する声などが挙げられますね。普段なら特に気にならない雑音も、一度耳に入るとどうしても気になってしまいトレーニングに集中できなくなってしまうことがあります。

そこでトレーニング中に音楽を聴けば、これら周囲の雑音をシャットアウトし、集中力を高めてトレーニングに打ち込めるというメリットが期待できるでしょう。

また、よくプロアスリートなどが試合前に好きな音楽を聴きながらウォーミングアップに取り組む様子を目にすることもあると思いますが、あれはまさに本番の試合に向けて要らぬ雑音を脳内から消し去り、徐々に集中力を高めていくための重要なルーティーンなのです。

メリット③|時間管理が出来て、効率よく鍛えられる

image3

音楽を聴くことは、トレーニング中の時間管理としても活用できます。
例えば、曲が変わるタイミングを一つの区切りとして「この曲が流れている間は〇〇を集中して追い込む」「この曲が終わるまでは少し休憩しよう」など、トレーニングの進行にメリハリを持たせることができるようになるでしょう。

また、通い慣れたスポーツジムに行く場合、同じ会員同士で顔見知りの人と会う機会も少なくないもの。そのような状況でよく起こりがちなトレーニング中の雑談は、集中力やモチベーションを低下させるだけでなく、無駄にスポーツジムへの滞在時間を長くしてしまい、結果的にトレーニングを非効率にしてしまう最大の原因になります。

そんな時にイヤホンで音楽を聴いていれば、周囲に話しかけられてトレーニングを中断するようなことも少なくなり、無駄な雑談に付き合わなくて済むようになるでしょう。

メリット④|苦痛から解放し、トレーニングが継続しやすくなる

image4

音楽を聴くことには、“痛み”や“ツラさ”を和らげるメリットも期待できます。
自分の好きな曲を聴いていると、楽しさや気分の上昇などを司る脳の神経が活性化され、苦痛を感じにくくなるのです。

特にランニングなどの有酸素運動に取り組む場合は、どうしても動きが単調で飽きやすいトレーニングですが、音楽を聴くことで気が紛れ、自然と時間を短く感じさせてくれる効果が期待できるでしょう。

そしてトレーニング中のストレスや苦痛から解放されれば、毎日のジム通いやカラダを動かすことも継続しやすくなり、より運動が習慣づきやすくなります。

音楽を聴きながらトレーニングする時の注意点!

image5

もちろん、音楽なら何でも効果が期待できるというわけではありません。音楽を聴きながらトレーニングする時に気をつけてほしい注意点もあります。音楽を聴きながらトレーニングする時に気をつけてほしい注意点もあります。

まずは、自分が大好きなアーティストが歌う楽曲、もしくは素敵なメロディや歌詞など、耳元に流れてくる音楽に意識が集中してしまうような曲はトレーニング中に聴く音楽としては向いていません。
目の前のトレーニングよりも曲の世界観に入り込んでしまい、思うようにカラダが動かない…間違ったやり方で非効率になる…などの失態に繋がる恐れがあります。またトレーニングに対する集中力が低下してしまうだけでなく、エクササイズ中であればケガに繋がる危険性もあるでしょう。

さらに、曲のテンポにも注意すべきです。トレーニング中に動くリズムと、聴く音楽のテンポが合っていればスムーズに行えますが、曲調が変わるタイミングなど、曲のテンポが変わるとやりにくさを感じてしまうこともあるしょう。

【シーン別】トレーニング中に聴く音楽の選曲方法

image6

では、どのような曲がトレーニング中に聴く音楽として最適なのでしょうか。もちろん人によって好みの音楽は違いますので、ここでは音楽を選ぶ方向性・ポイントとして、トレーニングのシーン別に合った選曲方法をいくつかご紹介します。

▶ウォーミングアップ中に聴く音楽

トレーニングを始める前のウォーミングアップ時であれば、トレーニングに対するモチベーションが高まるような音楽の選曲がベストでしょう。例えば、皆さんご存知の「ロッキーのテーマ」などは、想像するだけで気分が高まりそうですよね。
その他にも、例えばオリンピックの時に流れていた曲や、サッカーW杯の時によく流れていた曲など、スポーツに関係している曲を選ぶと、ただ好きな音楽を聴くよりも一層トレーニングへのモチベーションを高めることができるでしょう。

▶ハードな筋トレ中に聴く音楽

筋トレ中は、くれぐれも聴く音楽に意識が向かないように注意する必要があります。そのため筋トレ中に聴く音楽としては、自分が大好きな曲というよりもアップテンポでリズムに乗りやすい曲を選ぶと良いでしょう。
テンポは人間の行動にも大きな影響を与えます。テンポがゆっくり目の曲を聴いている場合は動きも遅くなり、テンポの早い曲を聴いている場合は、自然と動きも早くなるもの。キビキビとメリハリをつけてトレーニングに取り組むのであれば断然アップテンポな曲がオススメです。

▶有酸素運動中に聴く音楽

有酸素運動中は動きが単調になりやすいため、いかに運動時間を短く感じられるような曲を選ぶかが重要です。そのため有酸素運動へ取り組む時に聴く音楽としては、自分が好きなアーティストの曲、もしくは思い出深い乗りやすい曲を選ぶと良いでしょう。
例えば、自分がどのくらい運動したかを確認するためにトレッドミルやエアロバイクについている時計を見ながら行うと、不思議と時間が長く感じてしまうものです。
そこで自分の大好きな曲をセレクトして順番を決めておけば、「この曲になったら大体何分走ったな…」「この曲で最後だから頑張ろう!」など、モチベーション管理や時間の把握がしやすいという点でも効果的と言えるでしょう。
また、できれば“自分の走るテンポ”と“聴く音楽のテンポ“が一緒の曲をセレクトすると、より動きもスムーズに行えるはずです。

▶クーリングダウン中に聴く音楽

トレーニング終わりのクーリングダウン中に聴く音楽としては、心拍数を抑えリラックスできるような心地よいテンポの曲を選ぶと良いでしょう。
もしくは、よくヨガトレーニングなどで使われるヒーリング音楽を活用するのもアリです。
それら心に優しい音楽を聴けば、歌詞に意識をとられることもなく、筋肉の伸びを実感しながら効果的にストレッチが行えるようになるはずです。

トレーニング中に音楽を聴くことは、誰でも手軽に行えるにもかかわらず、想像以上のメリット、いい効果を発揮してくれます。
音楽を上手に活用して、トレーニングをより快適に楽しく実践しましょう!

健康・メンズ美容 #トレーニング #音楽 #曲 #BGM #メリット #効果

この記事のライター
和田 拓巳
和田 拓巳
プロスポーツトレーナー歴16年。 プロアスリートやアーティスト、オリンピック候補選手などのトレーニング指導やコンディショニング管理を担当。治療院での治療サポートの経験もあり、ケガに関する知識も豊富でリハビリ指導も行っている。 医療系・スポーツ系専門学校での講師や、健康・スポーツ・トレーニングに関す...