バックスタイルも案外見られている! 男の「後ろ姿」の身だしなみチェック項目5つ

人は正面や横など、自分の目線上から見えやすい部分には意識が向くのですが、反対に後ろ姿はどうしても見落としがち…。しかし周囲の人は、前方・後方・横向きに関わらずその人の全体をチェックしているものです。
今回は、他人に案外見られているバックスタイルのファッションチェック項目5つをご紹介します。後ろ姿の身だしなみチェック、大事です!

後ろ姿のチェック項目①|後ろ髪の「ツヤ」や「寝癖」

image1

まずは目線上の高さで目につく「頭」の部分から。
後ろ髪のツヤや寝癖などは重要なポイントの一つです。また、いくら最新のファッションに身を包んでいても、肩にフケや、白髪が見え隠れするとせっかくのコーディネイトが台無し!

毎日のホームケアではトリートメントを活用し、朝の身支度の際にはワックスやジェルを使って後ろ髪にも意識を向けてみてはいかがでしょうか。

後ろ姿のチェック項目②|ジャケットの毛玉やホコリ・シワ・ほつれ等

image2

次はジャケットなどの「トップス」です。
椅子に腰かけたり、背もたれにもたれる機会の多い人は、背中部分の生地が傷みやすくなるということはご存じですか?

着用する際に裾のあたりをチェックしたり、毛玉やホコリ、シワ、ほつれていないかなどを確認してみることをおすすめします。全身はビシッと決まっているのに、ほつれて糸が出ている…などという失態がないように、後ろ姿にも意識を向けてみてください。

後ろ姿のチェック項目③|腰パンスタイルで下着が丸見え!

image3

次は「パンツ(ズボン)」について。
ローライズのデニムが流行ったり、腰パンなど、腰を出していくスタイルがブームだった時代がありました。

似合っていればカッコいい腰パンスタイルも、ちょっとした動作で下着のパンツやお尻が半分見えそうな
男性って案外多いんです…!女性は笑うに笑えず、指摘もしづらく、引いてしまうことも…。腰パンやローライズなど、お尻にフィットしないパンツスタイルはさすがにNGです。

後ろ姿のチェック項目④|パンツの裾のすり切れは恥ずかしい

image4

「パンツ(ズボン)」に関する注意点をもう一つ。
パンツは靴との接触で裾部分がほつれやすいもの。着用する頻度が高いものに関しては、少しでもすり切れていたら新しいパンツを新調することを強くおすすめします。

会食などで靴を脱いで食事を楽しむ機会に、裾がほつれているのが見えたら、やはり恥ずかしいですよね。ダメージジーンズなどおしゃれパンツとして見せるものであればまだ許せますが、単なる寿命ですり切れている場合は早急に買い替えましょう。

後ろ姿のチェック項目⑤|かかとがスリ減った靴は、姿勢を悪くする

image5

最後は「足元」です。
お気に入りのシューズでも毎日履くとそれなりに靴底が消耗します。スリ減ったかかとの靴を履き続けると、姿勢も悪くなり、きれいなバックスタイルが保てません。

靴底の減りは、知らず知らずのうちに体のバランスが乱れて起こる自然的消耗。もし新しく靴を新調した際には、意識してまっすぐ歩く事を心掛けてみてください。

今回は簡単に意識できる後ろ姿のファッションチェック項目5つをご紹介しました。
男性のカッコ良さは、単純にパッと見の外見だけでなく、ファッションの細部にも意識を向けられた気遣い・シャープさにも現れます。
前方や横向きだけでなく、バックスタイルにも気をまわしましょう。

ファッション #後ろ姿 #バックスタイル #ファッション #身だしなみ #チェック

この記事のライター
結城 友美
結城 友美
ご縁を大切に!をモットーに今年は新しい事に積極的にチャレンジしている働くママです。
関連記事

【見る人がみれば、一目でわかる!】女子が思う、ファッションセンスがない男性の特徴5つ

彩香

夏の着こなしは、女子ウケを狙え! 大人の男性にオススメなアウトドアファッション・5コーデ

彩香

【男子の顔・体型お悩み別】コンプレックス解消のファッションコーデ10パターン

成嶋朋恵

今どきファッションをリーズナブルに楽しむ! 大人メンズの「プチプラ」ブランド10選

猫女

春夏のカジュアルファッションは「色」に注目! メンズの着こなしを外さない「色」の基本知識4つ

Ambassador

こんな格好してたら、第一印象でマイナス!? 女性に聞いた「ダサい…」と思う男のファッション

上田 愛子

筋肉質だってオシャレをあきらめない! ガッチリ体型の男性に似合う、ファッションの作り方

椎名 香澄