ダサくならない! メンズの「デニムonデニム」の着こなしコーデを作るポイント

ここ数年ブームが来ている“デニムonデニム”の着こなしスタイル。

一昔前までは『古臭い…』『オジさんぽい…』などの理由から、ダサくオタクっぽい印象の代表的なコーディネートとして、男性に敬遠されがちな組み合わせでしたが、着こなし次第では十分に清潔感+爽やかな見た目にイメチェンできることから近年再注目を浴びています。
今回は、ダサくならない、メンズの「デニムonデニム」の着こなしコーデを作る時のポイントについてご紹介します。上下にデニムを揃える際は、ココに気をつけましょう!

ノーカラーのデニムジャケットを選ぶ

デニムonデニムのコーディネートにちょっと抵抗のある大人メンズは、普通のGジャンではなく、あえてノーカラーのデニムジャケットを選ぶと抵抗感がなくなります。

ノーカラーのデニムジャケットは、MA-1の雰囲気があり比較的おしゃれ初心者の方でも抵抗なく、すんなり着こなせてしまう優秀アイテム。またデニム以外のアイテムとも相性良くコーディネートしやすいのもポイントの一つです。

ノーカラーのデニムジャケットを選ぶことで、全体的にちょっと男っぽさが増すコーディネートに仕上がりますね。

デニムシャツと合わせてセットアップ風に仕上げる

これからの季節はシャツとジーンズのデニムonデニムもアリ!

同じような色合いのデニムで合わせるとオールインワン(つなぎ)のような感じになるのもカッコいいポイント。靴もブルーでコーディネートすれば統一感もバッチリですね。

薄い色のデニムは涼しげな印象なので、春夏のアクティブデートにもピッタリ! サングラスに白いハットを合わせてもイイかもしれません♪

Gジャンとジーンズの色差で変化をつける

一昔前であれば、デニムを「同じ色のセットアップでコーディネートする」のが普通でしたが、イマドキのデニムonデニムは、色の組み合わせを変えることでスタイルアップもできちゃう優秀コーデ。

定番のGジャン×ジーンズのコンビネーションも、片方の上着のGジャンを薄い色に変えるだけで、濃紺のデニムパンツとも色違いでおしゃれにコーディネートできます。キャップやスニーカーなど、ラフめのアイテムとも好相性に着こなせますね。

薄色Gジャンにブラックデニムを合わせる

ブルーデニムが定番すぎるという方であれば、他の色とは一線を画すブラックデニムとの組み合わせがオススメ!

白めの薄色Gジャンにブラックデニムを組み合わせれば、男っぽいクールな雰囲気を醸し出すデニムonデニムの完成です。そしてコーディネートのポイントになるデニムには、トップスかジーンズのどちらかに「トレンド感のあるアイテム」を選ぶように工夫すると尚良し。ブラックデニムを既に持っているなら、薄色Gジャンを今すぐゲットしましょう。

春夏の爽やかコーデを作るにはホワイトジーンズが好相性!

既に普通のGジャンを持っているなら、ホワイトジーンズと組み合わせるデニムonデニムのコーディネートなどいかがでしょうか?

白パンに憧れる人は多いものの、実際のところ着こなし難易度の高いアイテムで、なかなか手が出せないという男性も多いと思います。また白パン特有の若々しい印象で、あえて避けている方もいるかもしれません。

しかし、白パンは大人メンズこそ挑戦したいアイテム。ホワイトジーンズにGジャンを組み合わせれば、チャラ過ぎずほどよく爽やかな雰囲気をプラスしてくれます。特にこれからの季節には、ピッタリのアイテムですよ☆

きれいめ×ダメージのメリハリコーデに仕上げる

きれいめの濃紺Gジャンに、ダメージジーンズを組み合わせたデニムonデニムは、大人の身だしなみと適度なヤンチャ感を損なわない、メリハリを効かせたコーディネートスタイル。あえて片方をハズすのがポイントです。

ローテクスニーカーだと、だいぶ足元がカジュアルな印象に変わりますが、これからの季節なら、上着のGジャンの前ボタンを開け、足元はバブーシュやスリッポンなどと組み合わせてもオシャレですね。トレンド感を出すなら足元までこだわってみましょう。

上級テク!ワイドパンツ×ガウンのデニムonデニムで差別化を狙う

「デニムonデニムのコーディネートなんてもうやってるよ」というオシャレメンズさんは、もう少し上級者コーデに挑戦!

デニムガウン×ワイドパンツのデニムonデニムの着こなしなどはいかがでしょうか?
スリムスタイルよりも「ビッグシルエット」の波が来ている昨今、デニムonデニムのゆるっとしたコーディネートで、さらに差別化を狙った着こなしに仕上げられますよ。

デニム×デニム×デニムのトリプルコーデに仕上げる

デニムシャツにカバーオールのデニムを合わせたデニムonデニム。さらにパンツにブラックデニムを合わせたトリプルデニムがポイント!

これからの季節はGジャンよりも、ザバザバ洗える丈夫な素材のカバーオールの方が使いやすいかもしれません。
またデニムのカバーオールは、定番かつ着回しもしやすいアイテムの一つ。ジャストサイズを選ぶだけで、スマートで都会的なイメージに仕上げることができます。

デニムonデニムにジャケットを羽織る

デニムシャツとジーンズにジャケットを羽織ったデニムonデニムのコーディネート。パンツのジーンズがダメージな分、他のアイテムは全体的にキレイめのアイテムで揃えるのがポイントです。

ただし、大人コーデは“抜け感”が強すぎると全体的にダサく見えてしまうので気をつけて!
ジャケットを脱ぐまでは、デニムonデニムであることをスルーしてしまいそうなさり気ないコーディネートですが、「脱いでもかわいいんだよ!」と言えちゃうスタイリングに、女子の好感度もアップしそう♡

同系色のデニムonデニムには小物の差し色を使う

デニムonデニムの着こなしは、トータルの見た目が同系色かつシンプルだからこそ、その味気ない印象からどうしてもダサく見えてしまうもの。
そんな味気ないデニムonデニムの地味コーデに華を飾るには、ネックレスやハットなどの小物を使い上手にスタイルアップしていきましょう!

ファッションの着こなしポイントに「差し色」を使うなど、シンプルだからこそコーディネートに幅を持たせられます。同系色かつシンプルさを理由にデニムonデニムを避けている方は、トレンド感やオシャレを格上げしてくれるアイテムを積極的に取り入れてみましょう。

デニムonデニムは、見た目がシンプルな着こなしだからこそ、色やデザインの他、アクセサリーなどの小物類も使ってコーディネートに幅をもたせることがポイント。
また、デニムonデニムのようなカジュアルスタイルは、全体的に“清潔感”を損なわないように着こなしを作ることも重要です。
トーンのバランスが難しいと言われるデニムonデニムの着こなしですが、まさに「ダサい」と「オシャレ」は紙一重。今回ご紹介したコーディネートも参考に上手に組み合わせてみましょう。

ファッション #デニムonデニム #デニム #ジーンズ #着こなし #ポイント #コーディネート

この記事のライター
椎名 香澄
椎名 香澄
元アパレル系販売員。ジェントル系メンズファッションがお好み。素敵なスタイルをご提案していけるように頑張りマス♡