これぞ究極の略奪!? 既婚女性がみせる「脈ありサイン」の言動7つ!

もし好きになった相手の女性が、左手の薬指に指輪をはめた既婚者だったら…。好意をいだいた相手が、旦那もしくは子どものいる人妻だと知れば、おそらく大半の人はおとなしく諦めるでしょうが、なかには「どうしても諦められない…!」という執着心の強い男性もいるかもしれません。
また、「最近妙に親しく接してくる既婚女性がいて、もしかしたら俺に気があるのかな…?」と疑問をもつ男性もいるでしょう。

そこで今回は、既婚女性がみせる脈ありサインの言動7つと、既婚女性にアプローチをして実際に付き合うときの注意点をいくつかご紹介したいと思います。

既婚女性の脈ありサイン①|頻繁にラインを送ってくる

image1

ラインのメッセージは、恋愛のアプローチにおいては必須ですよね。このアプローチ手段を使うのは、既婚女性も例外ではありません。
とくに用事もないのにラインを送ってきたり、他愛もない雑談のメッセージを送ってくるのは、相手にたいして好意的な気持ちがある証拠といって間違いないでしょう。

また、ラインのメッセージ以外で頻繁なやりとりを行う例として、その既婚女性とSNSで繋がっている場合、たとえば、あなたの投稿にたいしていつも「いいね!」やコメントなどのアクションを起こしてくれるのも、脈ありサインと言えるかもしれません。

既婚女性の脈ありサイン②|共通の趣味で誘ってくる

image2

基本的に既婚女性の場合、“旦那”という特定のパートナーがいる以上、みずから直接的かつ大胆なアプローチはできませんので、たとえば「○○さんこれ好きって言っていたし、楽しめるんじゃないかなって思うんだけど、一緒にどうかな?」というふうに、共通の趣味を誘いの口実に使って、あたかも正当性があるかのように接触してきます。

「お食事でもどうですか?」「ふたりでどこか遊びに行きたいな」といったストレートなデートの誘い方をしてしまうと、それが証拠となり旦那さんに不倫の事実がバレてしまう恐れがあるからです。

それ以外にも、たとえば職場の同僚や共通の友人・知人を巻き込み、遠回しな誘い文句でプライベートの遊びに誘われる場合も、脈ありの可能性が高いといえるでしょう。

既婚女性の脈ありサイン③|旦那や子どもなど、家庭の愚痴をこぼす

image3

既婚女性が旦那や子どものことなど、プライベートな愚痴をこぼすというのは、それだけ相手のことを信用している証拠です。とくに同じ主婦仲間や女友達ではなく、わざわざ男性であるあなたにたいして不満を打ち明けてくるようなら、脈ありの角度はかなり高い状況といえるでしょう。

さらにこの手の女性は、ただ単に「愚痴を聞いて欲しい」という願望だけにとどまらず、「甘えさせて?」という誰かに頼りたい女性心理から愚痴をこぼしている可能性も考えられます。

決して推奨するわけではありませんが、いつもあなたに家庭の不満や愚痴をこぼすような既婚女性は、あなたの行動次第で割と簡単に口説き落とせるかもしれません。

既婚女性の脈ありサイン④|自分のうつっている写真を送ってくる

image4

ことあるごとに、自分のうつっている写真を送ってくるような既婚女性も脈ありの可能性が高いといえるかもしれません。
とくに、これまで特定の既婚女性にたいして「○○さんって、見た目すごい若く見えますね」や「肌めちゃめちゃきれいですね」など、相手の容姿について褒めたことがある場合によく見られるアプローチ方法です。

たとえば旅行に出かけた際は、きれいな景色と一緒にうつっている自分メインの写真を、美容院に行ったときはヘアメイクで髪を整えた施術後の写真を、このように逐一自分がうつっている写真を共有してくるのです。

この脈ありサインには、「もっと私を褒めて」や、「もっと私のことを見て」といった、結婚後なかなか夫以外の異性に褒められることのない既婚女性ならではの心理が隠されています。

既婚女性の脈ありサイン⑤|結婚指輪をはずしている

image5

男の人と会う際、薬指にはめた指輪を外すような既婚女性は、既婚者としてではなく、ひとりの女として見て欲しい。そんな承認欲求のあらわれといえるでしょう。このような状況に遭遇した際も、かなりの高確率で脈ありサインと考えられます。相手の異性にたいして、多少なりとも恋愛感情をいだいていない限り、人前でわざわざ指輪を外すようなことは普通しませんからね。

実際のところ、左手の薬指に指輪をしている女性をみて、「よし、アプローチしてやろう!」という発想になる人はなかなかいませんし、「既婚者なのに結婚指輪を外している」というだけで、どこか心に隙があるように感じる男性も多いでしょう。
それぐらい左手の薬指にはめられた結婚指輪というものは、“既婚者”というハードルの高さを相手に強く印象づけるのです。

既婚女性の脈ありサイン⑥|露骨にボディタッチしてくる

image6

さりげなくも頻度多めに、ボディタッチをしてくるような既婚女性も脈ありの可能性が高いといえるでしょう。

これは、「相手の男性に好意をいだいていて、自分の気持ちを伝えるためにわざと触る」という明確な意図をもったうえで、あざとくアプローチしてくる場合もあれば、「好きの気持ちが抑えられない」という強い欲求心から、自然とボディタッチが多くなってしまう場合もあります。

とくに既婚女性の場合は自分の家庭がありますので、ひとり自由気ままに過ごせる独身女性と違って、たとえば旦那や子どもとのコミュニケーション、面倒な親族付き合いや将来に向けたお金の不安など、なかなか人には相談できない不満やストレスを日々ためこんでいることが多く、そんなモヤモヤを晴らすことができそうな相手には、とことん自分をさらけ出し、わかりやすくも積極的な行動で好意的な気落ちをアピールしてくる場合があります。

既婚女性の脈ありサイン⑦|暗に不倫を肯定する

image7

たとえば、「この前放送していたドラマ観た? あの不倫のやつ。すごいおもしろかった!」というふうに、自然な会話の流れで不倫について触れ、最終的に「そういう関係も悪くないのかもね」「円満な結婚生活を続けていくには、息抜きも大切だよね」というふうに、それらしい理由をつけて暗に不倫を肯定してくるような既婚女性もまた、現状の生活環境に不満をいだいている可能性が高く、ちょっぴり刺激的で非日常の空間に誘い込めば、割と簡単に口説き落とせるかもしれません。

浮気や不倫といった不貞行為を暗に肯定するような既婚女性は、「すでに結婚してるけど、もっと恋をしていたい」という“モテ”や“愛”にたいして過剰に飢えていたり、「あなたからのアプローチを待っています」という、さりげない脈ありサインを送っている可能性が考えられます。

既婚女性と付き合うときの注意点3つ

image8

既婚女性との恋。
相手女性からの脈ありサインに気づき、上手にアプローチすれば、意外とアッサリ口説き落とせるかもしれませんが、もし向こうのパートナー(旦那)にバレれば、多額の慰謝料を請求されるだけでなく、会社で職の立場を失うなど、かなりおおごとな揉め事に発展するケースも少なくありません。

そんな禁断の恋は決して推奨できませんが、きちんと覚悟がもてている男性のために、既婚女性と付き合うときの注意点を3つ
お伝えしたいと思います。

(1)絶対にバレないよう内密にする

仮に相手の女性と性的関係をもっていなくても、“既婚女性にアプローチしている”という時点で、相手の夫にバレたらけっこうシャレにならないもの。愛する妻をほかの男に略奪されたという状況は、単に男としてのプライドが傷つくだけでなく生涯に渡って許しがたいデキゴトになります。
ですので、まずは大原則ですが、ふたりの関係はいかなる相手にも絶対に口外してはいけません。
もし同じ会社で働く同僚女性と不貞関係を結んだのであれば、みんなの前では必要以上に仲良くしない、デートに行く際も、有名なデートスポットは避け、できるだけ人気の少ない場所か、そもそも屋外デートは控え家やホテルの中で過ごすなど、徹底的にバレないようにしましょう。

(2)痕跡を残さない

芸能人のスキャンダルで、「浮気相手との恥ずかしいラインのやりとりが流出してしまう」そんなニュースもありますが、ラインのやりとりのような、そういうふたりの関係が証明されてしまうものは極力残さないように注意しましょう。
毎日寝る前にトークの履歴を全部消したり、デートに誘うときも“デート”というワードは使わずに、「日曜日、13時から打ち合わせできますか?」といった別の言葉や、あるいはふたりだけが知る暗号を決めても良いかもしれません。

(3)バレたときの覚悟をもつ

もしあなたからのアプローチが成功し、既婚女性と付き合うことになった場合、相手側の旦那さんはひどく悲しみますし、また、正式な離婚を前に関係性がバレてしまえば、多額の慰謝料を請求される恐れもあります。
そして、既婚女性と恋愛関係へ発展する前に理解しておくべきは、相手が“不倫するような女性だ”ということ。厳しい言い方をしますが、しょせんは結婚しているにもかかわらずあなたにアプローチしてしまうような女性です。
この手の女性は、そもそも浮気癖が染みついている人も多く、ひょっとしたらあなたと交際した後も、ほかに魅力的な男性があらわれたらコロッと乗り換えられて、浮気されてしまうかもしれません。
相手の旦那さんをひどく傷つけてしまうこと、慰謝料の請求は避けられないこと、そして浮気をする女性を愛し続けること。その覚悟があなたにありますか?

今回は、既婚女性がみせる脈ありサイン7つと、旦那さんのいる女性とお付き合うときの注意点について紹介しました。
もしかしたら、なかには「相手の旦那のDVがひどく、なんとか助けてあげたいという正義感から、だんだん恋に発展した」という、理解の余地がある特殊なケースもあるかもしれませんが、既婚女性との恋は、基本的にタブーです。

あまりにもリスクが大きいため、断じて推奨するわけではありませんが、もしどうしても既婚女性への恋心が抑えられない男性は、くれぐれも、冷静さと慎重さ、そして覚悟をもったうえで行動してください。

恋愛・デート #既婚女性 #人妻 #脈ありサイン #言動

この記事のライター
tsuta
tsuta
フリーライター。 ユニークな恋愛経験が豊富で、今まで交際した女性は地下アイドル、歌手、風俗嬢、メイドカフェのメイドなどさまざま。その経験を活かし、恋愛に関する記事を執筆している。心理学や脳科学を使った恋愛アプローチも得意。