【男の“ピンク色”がもたらすファッション効果とは?】ピンク色のアイテムで作る、着こなしコーデ

昔は、女性っぽい色の代表と思われていた“ピンク色”ですが、最近では男性の中でもごく普通にピンク色のファッションアイテムを身につけていますよね。
世代的には、まだ何となくピンク色に抵抗のある男性もいると思いますが、男性がピンク色を着ることに周囲や女性はどう感じていると思いますか?
今回は、男性がピンク色のアイテムを身につけたときの“印象”や“効果”、そしてピンク色を使って作る着こなしコーデをご提案したいと思います。

男が身につける「ピンク色」に対する印象は?

ピンク色から想像するものといえば、桜の花や桃の果物など、美しく可愛いものといった、優しいイメージのものが多いですよね。

そんな女性らしいイメージを逆手に取って、ピンク色のアイテムを身に着けた男性は「男らしさ」と「優しさ」の間で生まれるギャップから、グッと惹かれる女性も多いんだとか…♡

男らしい着こなしファッションであればあるほど、視線の惹きつけ役としてピンク色を程よく散りばめると優しい印象が際立ちます。

雰囲気も一変! ピンク色のワイシャツ

普段スーツで過ごすビジネスシーンでの印象を少し変えたい時は、薄いピンク色のワイシャツがオススメ。日本人の肌色とも相性の良いピンク色は、老若男女問わず、多くの人が取り入れやすい色合いの一つ。

また、あまり顔色の良くない人がピンク色を身につければ、頬に赤みがさしてハツラツとした雰囲気に変わることも少なくありません。第一印象が重要なここぞの場面で、あえてピンク色のワイシャツを選んでみるのも効果的かもしれませんね♡

主張しすぎないピンク色のカットソーはインナーに

カジュアル使いのアイテムを選ぶなら、ピンク色のカットソーも着回しもしやすく、重宝できるはずです。

また、ピンク色はデニムとの相性もいいので、インディゴブルーや薄色デニムでも自在に馴染んでくれます。いつもは白いシャツを合わせてしまいそうなカットソーを、ピンク色に変えるだけで、グッと優しい印象がプラスされますね。

あまりピンク色を前面に出し過ぎず、インナーとして着こなすのが大人っぽさが残るコーディネートに仕上げるコツです。

男子ウケより女子ウケを狙うなら、パーカーはピンク色がオススメ

男らしくて無骨な印象のある革ジャンも、インナーにピンク色のパーカーを合わせるだけで、パッと明るくなり親しみやすさが増します。

黒コーデはカッコいいのですが、やっぱりどこか近寄りがたい怖い印象も与えてしまうので、ピンク色を効果的に使うと女子ウケ的にも好印象です。

辛口コーデの中に甘いテイストを入れた「甘×辛ミックスコーデ」は基本中の基本。

簡単コーデを作るなら、ピンク色のセーターが楽チン

カットソーやパーカーよりも、ちょっときれいめに着こなせるのがセーター。

ピンク色のセーターというと女性らしさが強いと思われがちですが、黒やグレーを効果的に加えれば男らしい印象を損なうことはありません。むしろ、いつものセーターをピンク色に変えるだけで見た目の印象を効果的に変えることができるので、いろいろ手を加えたり工夫する必要はなく、比較的簡単に女子ウケを狙った着こなしが作れるアイテムといえます。

ピンク色のGジャンコーデは、デートにオススメ

Gジャンという男らしいアイテムも、ピンク色に変えるだけで華やかな印象に変わります。

男性がピンク色のGジャンを着るのはあまりピンとこないかもしれませんが、ブルーのジーパンとピンクのGジャンのデニムコーデは、女子的にもかなりオシャレ上級者!

インナーには、プリントTシャツやボーダーなどの柄物アイテムでもOK。彼女とのアクティブデートにオススメしたいコーディネートです。

男らしく、ワイルドに着こなすピンク色が強めのダウンジャケット

女性でも着こなすのが難しいショッキングピンクのダウンジャケットは、意外とワイルドファッションにも効果的に使えるアイテム!

純粋にピンク色といっても実にさまざまな種類・タイプが存在しますが、柔和な薄色のピンクと違ってインパクトが強いピンク色のアイテムは、ワイルドな黒コーデが多い男性こそ似合います。

きれいめに着こなすピンクだけでなく、男らしく着こなせるピンクもあるんです。

硬いスーツスタイルを優しい印象に変える、ピンクのネクタイ

スーツスタイル全体のイメージを底上げするネクタイの小物アイテムは、さりげないオシャレポイントとしてもかなり重要!

スーツとワイシャツの隙間からみえるネクタイ色を、ピンクに変えるだけで、一気に親しみやすい雰囲気を作り出すことができます。

割とかっちり目のビジネスシーンには合わない場合も多いですが、社内外の懇親会やちょっとしたパーティ、ラフな商談などで身につければ、その場の雰囲気を緩和させる効果が期待できます。

爽やかなファッションコーデによく似合う、ピンク色のキャップ

ピンク色を全身コーデのワンポイントアイテムとして取り入れるなら、キャップなどの帽子として被ってもオシャレ!

黒いキャップでもカッコよく決まるコーディネートですが、あえてピンク色にすることでグッと可愛らしさが引き立ちますよね。全体をブルーや黒などのワンカラーコーデにしたときでも、頭のピンク色がアクセントになって、見た目のオシャレを格上げしてくれます。

ただし、ピンクの中にも自分に似合う、似合わない色があるので、特に顔に近いところにピンク色を取り入れるときは、自分に合うピンク色かをよく確かめてから身につけましょう。

敬遠しがちなピンク色は、顔から遠い足元のスニーカーにぴったり

洋服としてピンク色を取り入れる勇気がもてない場合は、スニーカーなど足元の靴に取り入れるのもオススメ。顔から遠い足元のある靴であれば、キャップよりもピンクを取り入れるのことに抵抗も少ないと思います。

全体の雰囲気を大きく変えることなく、あくまで引き締め役として取り入れることで一層ピンク色も引き立ちます。キャンパス地のスニーカーやレザーのスリッポンなんかも良さそうですね♡

ピンク色でも、青っぽいピンクや赤っぽいピンクなど色の濃度が若干異なります。ピンクの色自体は、比較的多くの人が取り込みやすい色ではありますが、そのピンクが青みがかっているか、赤みがかっているかでも、似合うかどうか、身につけるシーンに相応しいかどうかが微妙に変わってきます。
最低限のTPOは厳守しつつ、コーディネート全体を引き立たせてくれるピンク色を探してみましょう。

ファッション #ピンク #色 #着こなし #コーディネート #ファッション #効果 #印象 #アイテム

この記事のライター
日向ちか
日向ちか
都内在住の子持ちママです。男性に必要とされる女性でありたいと昔から意識しています。 書いた記事にも興味を持っていただけたら嬉しいです。
関連記事

ビジネスマンは夏だって外さない! クールビズの着こなしコーデ10パターン

椎名 香澄

白シャツ1枚でここまで着回せる! 大人メンズがお手本にしたい着こなしコーデ術

椎名 香澄

【カーディガンの着こなし】ただ羽織るだけじゃない! メンズのおしゃれコーデ10パターン

麗奈

オールシーズン穿きたくなる! メンズの「ホワイトパンツ」で作るおしゃれな着こなしコーデ

雨宮 薫

【まだ冬コート着てるの?】メンズの春向け「スプリングコート」の選び方と着こなしコーデの事例6つ

Ambassador

大人メンズは可愛く、爽やかに! 春夏に着る「セットアップ」の組み合わせコーデ10パターン

椎名 香澄

男性が好む「ジャケパン」の着こなしコーデを“色・柄・生地素材”それぞれの特徴から徹底考察!

Ambassador