えっ…脈アリじゃなくて勘違い!?職場の同僚女子からの「思わせぶり行動」7パターン

同じ職場で働く同僚女子からの思わせぶりな振る舞いに戸惑うことってありますよね。一見「脈アリ??」と思わせつつ、実は誰に対しても同じ振る舞いをしていたり、単にそういう性格だった…というオチも珍しくありません。
そこで今回は、職場の同僚女子からの思わせぶりなアプローチに、男性がつい「脈アリかも…!?」と勘違いしてしまう行動7パターンをご紹介します。

行動その①|受け取った書類に可愛い付箋が貼られていた

image1

「書類できました!確認お願いしますね。○○より」なんて可愛い付箋が貼られている書類を受け取り、「おっ!」とついつい期待してしまったことはありませんか?

会社の備品ではなく、明らかに個人で用意した付箋、しかも手書きの文章付き……。そんな同僚女子の可愛らしい行動・気遣いに心奪われる男性も少なくありません。

しかしこの場合、残念ながらほぼほぼの確率で脈ナシ、勘違いと言えます。「可愛い付箋を使いたかっただけ」という単純な動機から個人用の付箋を使う女子も多く、一概に好意的とは言い切れません。

そして、もし他の同僚にも同じ付箋を使っているようなら、脈アリの可能性はほぼゼロと考えて間違いありません。

行動その②|自分の印象・イメージを聞かれた

image2

「私のことどう思う?」「私って社内でどんなイメージ持たれてるのかな?」……そんなことを同僚女子に聞かれたら、つい「もしかして俺のこと好きなの?!」と疑う男性も少なくないでしょう。

しかし普通の女子は、自分の印象をわざわざ好意を寄せる男性に直接聞くことはほとんどありません。もし好きな相手にどう思われているのか気になる場合は、友達を経由するなど間接的に聞こうとします。

つまり、女子から自分の印象について質問された男性は、第三者である可能性が高く、ただ単にその女子からみて「ヒラリングしやすい異性の相手」として恰好のターゲットになったと考えるのが妥当と言えるでしょう。

同僚女子に印象を聞かれたからとウキウキ舞い上がるのは早計です。

行動その③|「途中まで一緒に帰ろ~」と誘われた

image3

職場の同僚女子と仕事終わりのタイミングが同じで「駅まで一緒に帰ろ~」と誘われて二人きり…。そこで女子から「今日、仕事でミスってさ~」などと女子から悩み相談を受けたら、つい脈アリと思う男性もいることでしょう。

しかし、そんな心躍らせるシーンもただの思わせぶり行動だった…というオチも少なくありません。あなたを誘った理由は「一人で帰るのがつまらないから」「たまたま一緒のタイミングになったし礼儀として声をかけた」というパターンがほとんど。

安易な深追いは禁物です。

行動その④|残業を手伝ってくれた

image4

「できることがあれば手伝うよ」「サッサと終わらせちゃお!」と残業に付き合ってくれたら誰でも嬉しいですよね。確かに、嫌いな同僚にはしない行動ですが、好きな相手ではなくても手伝うことはあります。

「日頃お世話になってるから」「困った時はお互い様」と快く手伝ってくれる優しい女子も少なからずいます。

そして一概に脈ナシとは言いにくく、見極めも難しいため男性が勘違いしやすい女子の行動パターンがこれ。もし、利害関係ゼロの女子に手伝ってもらったら多少は脈アリと前向きに捉えてもいいかも知れませんね。

行動その⑤|飲み会で隣の席に座ってきた

image5

職場の飲み会で、会場の席上を一通り見渡したあと、なぜか隣の席を陣取ってくる同僚女子。そんな思わせぶりな行動に「なんで俺の隣? もしかして脈アリ??と、心もソワソワ、つい勘違いに走る男性も少なくありません。

しかし、職場の飲み会では、上司の隣や盛り上がりに欠けるメンツが集まる席を避けたいのが女子の本音。「この席なら無難に飲み会を過ごせる…」「盛り上げ役もいて楽そう」などと、女子は自分にメリットのある席を意図的に選んでいるケースがほとんどです。

そう、あなたの席の隣を選んだのはたまたま。そんな中二病的な発想から一方的に勘違い行動を起こしては危険です。

行動その⑥|休日なのにLINEがきた

image6

休日にも関わらず、同僚の女子からプライベートのLINEが飛んでくれば、つい「脈アリ?」と多くの男性が勘違いしてしまう一コマ。

しかしこの場合も一概に脈アリとは言い切れません。受け取ったメッセージの内容が仕事絡みの要件なら「休日に仕事のこと聞いても嫌がらなそう」という理由が隠されていたり、仕事とは一切関係のないプライベート絡みの要件でも「コイツ詳しそうだから一応聞いてみよ」と、軽いノリで連絡してきている可能性も十分にあり得ます。

他にも「ただ単に暇だったから連絡した」という女子も今どき珍しくありませんので、たとえ休日に連絡を取り合う仲であっても「脈アリ」とは限らないのです。

行動その⑦|ミスした時に励ましのメールがきた

image7

仕事でミスした時に「大丈夫?ここから挽回しようね」「頑張れ~!」なんて励ましのメールがくると嬉しいですよね。

もちろん同じ職場で働く同僚として、心の底から心配してメールをする女子もいます。しかし中には「同僚のミスを応援できる私って素敵♡」と自己満足から行動を起こす女子がいるのも事実。

そこには「優しい女」「気遣いのできる女」など、間接的に社内からの評価を上げようと目論む一種の自己アピールでもあります。そんな社内営業的なメールを真に受けて「脈アリ」などと勘違いしないようくれぐれもご注意ください。

職場の同僚女子からの思わせぶりな行動に、つい脈アリと勘違いしがちなパターン7つをご紹介しました。そして職場を見渡せば、普段から同僚女子の振る舞いに翻弄されている男性を見かけるシーンは多々あります。女子の思わせぶりなアプローチをそのまま真に受けるのではなく、きちんと脈アリ・脈ナシを見極める目を養っていきましょう。

仕事・ビジネス #職場 #脈アリ #勘違い #行動 #振る舞い #アプローチ

この記事のライター
安井カナ
安井カナ
仕事が大好き33歳です。広告会社で働いていましたが、今はフリーライターとして活動中です。ここでしか出逢えない面白いコトを発信していきたいと思っています。