絶対に手を出すな! 浮気相手に選んではいけないオンナの特徴4つ

イケナイこと…とは思いつつも、ついつい手を染めてしまうのが「浮気」。男性の場合は、性的欲求を満たしたい…モテたい(青春を取り戻したい)…などの理由から違う異性に手を出してしまうケースが多いようですが、反対に女性の場合は、自分の気持ちを盛り上げたい…彼への愛を確かめたい…などの少し身勝手な理由から浮気や不倫に手を染めてしまう人もいます。
どちらにせよ、浮気をゼロにすることなどほぼほぼ不可能……今も昔も男女の恋愛模様は複雑かつ混沌としている状況と言えるでしょう。また昨今では女性の浮気や不倫も増えていますが、やはり「浮気」といえば男がよく犯しがちな過ち。しかしそんな浮気も、相手(女性)の選び方ひとつ間違えれば取り返しのつかない事態へと発展しかねません…。
そこで今回は、本命の彼女を傷つけず、また失わないためにも心得ておきたい浮気相手に選んではいけないオンナの特徴4つをご紹介します。こんなオンナには間違っても手を出してはいけません!

その①▶彼氏がいないオンナ

image1

1つ目は、彼氏がいないオンナ。そもそも彼氏がいる女性は浮気相手になってくれない可能性も高いですが、「浮気」という同じリスクを負っている人は、本命の相手に浮気の事実をバラそうなどとは到底考えません。

反対に彼氏がいない女性の場合は、付き合い始めこそ「本命にしてくれなくていいから」などと、口では調子のいいことを語りつつも、付き合いの月日を重ねていくにつれ徐々に「なんで私ばかり惨めな扱いをしなきゃいけないの?」と思いはじめ、影で浮気をしていながら別の女(本命彼女)とも上手に関係を築く男性のことを疎ましく感じてきます。

やがて浮気相手の妬みがピークを迎えるにつれ、わざと本命の彼女にバレるような振る舞い方で彼を困らせたり、二人の関係を潰そうと企んだり、ガマンの限界を超え「ねぇ、別れてよ!」などと強引に交際を迫る人が多いのです。

その②▶アラサーの独身オンナ

image2

2つ目は、アラサーの独身オンナ。
アラサーの独身女、特に結婚願望の強い女性を浮気相手にしては絶対にいけません。付き合い始めこそ男性側の都合に合わせた良好な関係が築けるかもしれませんが、その関係も“結婚”という欲に駆られ、徐々に本性を現し「本命になりたい…」という強い願望が彼女の中に芽生え、何らかのトラブルを巻き起こす可能性が極めて高い人種と言えるでしょう。

基本的に、結婚の先にある出産も見据えるアラサーの女性は、自分のお腹で子供を産める年齢にも限界があるため、結婚に対する焦りはもちろん、恋愛を無駄に長引かせる時間すらも惜しむもの。そのため、もしアラサーで「浮気の関係でもいい」と言い寄ってくる女性は、そもそも結婚願望が皆無か、のちに自分のものにできるだろうと目論んでいる計算高いタイプのどちらか…と考えるのが無難でしょう。

その③▶すぐに泣くオンナ

image3

3つ目はすぐに泣くオンナ、つまり感情的になりやすい女も要注意。ただ「涙もろい」という理由だけなら問題はないのですが、感情の起伏が激しく自己コントロールができない女性は非常にキケンな存在と言えるでしょう。

ふとしたことがキッカケで喧嘩に発展し、その腹いせとして本命彼女に浮気の関係をバラされたり、別れると言ったら泣きわめいて手がつけられない状態に……。なんにせよ、基本的に女性は理性を保てずに感情のまま行動に移してしまうことが非常に多い生き物である、という事実は心に留めておいて損はないでしょう。

また、メンヘラな女にも気をつけるべき。SNSの投稿が妙に感傷的だったり、意味もなく空の写真ばかりをUPしているような人達…。その不思議な魅力に惹かれて、つい放っておけなくなる男性もいるようですが……浮気相手には不向きであると断言できます。

その④▶プライドの高いオンナ

image4

最後4つ目は、プライドの高いオンナ。自分が何事においても一番でありたいと願い、たとえ表面には出さなくとも心の中でうごめく競争心が人一倍強い女性は、自分が浮気相手として二番手の存在であるという事実にだんだん腹が立ち、許容範囲を超えていくにつれ、暴挙に出る可能性が極めて高い存在と言えます。

たとえ浮気相手の女性が年上で自分が下手に出ているような関係であっても、浮気相手の女性を本命と変わらずお姫様のように扱っている場合でも、結果的にそれは同じこと。なにより自分が本命の彼女より格下である、負けている、劣っているという事実は、彼女たちのプライドが許さないのです。そんなプライドの高い女性は、たとえあなたのことを大して好きではなくても、一番手の地位を手に入れるために様々な手段を講じてあなたのハートを掴もうと試みることでしょう。

しかしこのタイプの浮気相手が恐ろしいのは、落とすだけ落として実際にオチたらあっさり男を捨ててしまうこと。最終的に何も残らずすべてを失うという最悪の事態を招きかねません。

浮気は浮気…とお互いに関係性を割り切れるような女性ならそこまで問題にも発展しにくいのですが、実際にそんなオンナは稀。浮気相手として手を出す前に、まずは相手のことを慎重に見極めたほうが、のちに後悔することも少なく身を守るリスクヘッジにもつながると言えるでしょう。

恋愛・デート #浮気 #不倫 #恋愛 #女性 #オンナ #選んではいけない #特徴

この記事のライター
彩香
彩香
ライター兼メディアディレクター。文化服装学院出身。 得意分野はファッションと恋愛で、男性・女性を問わず多数のメディアで執筆や編集を手がける。 趣味は「酒」と「フェス」。 個人のブログでは、主に酒の席で繰り広げられる、男女の包み隠さぬ恋愛トークのリアルについて書いています。 ▼ブログ▼ http://ayaka...