男のジャケット大本命! 仕事&休日の着こなしは「ネイビー」の存在なしに語れない。

おしゃれを楽しむ季節もいよいよ本番!!
遊びでも、ビジネスシーンでも強力サポートしてくれる着回しの大本命でもある爽やかな「ネイビージャケット」の存在なしに、初夏のファッションは語れない。

着まわし大本命のネイビージャケット

今期のジャケット選びの中でも、最も本命と言える色が「アビスブルー」。
いわば「ネイビージャケット」だ。誠実な印象を与えながら、爽やかなネイビージャケットは、グレー系やブラウン系など合わせる色を選ばないし、シチュエーションに合わせて様々に着こなすことが出来る。

スーツと違ってジャケパンのスタイリングのキモになるのは、上下のギャップ。
ジャケットとパンツの組み合わせが無限に存在するジャケパンだからこそ、しっかりコツを押さえて明日から活用してみよう。

ネイビージャケットの取り入れ方

鉄板の組み合わせネイビー×グレーのコーディネートなら仕事での信頼感も抜群!

ネイビーのネクタイに、ブルー系のシャツを組み合わせることで清潔感のあるコーディネートが完成する。とても素敵にコーディネートできること間違いなし!

タイやシャツの組み合わせはトーンを抑えて、あくまでもラフになりすぎないように注意しよう!

随所に遊びの効いたジャケパンスタイル

着崩す時はシルエットがルーズにならないように。アフター7に効くチノパンで、ややカジュアルに着こなすことで、周りと差をつけたい。

これからの季節はネイビージャケットにネイビーのポロシャツを合わせてもいい。ポロではなくシャツを合わせる場合は、タイとシャツの組み合わせでトーンを抑えるとラフになりすぎない。
パンツの色をカーキにすればカジュアルダウンできる。

メリハリを効かせて爽やかなスタイルに

ネイビージャケットと白パンは文句なしの爽やかマリンコーディネート。
タイやシャツの組み合わせはトーンを抑えて、あくまでもラフになりすぎないように注意しましょう!これからの夏の時期にはオフィスのカジュアルスタイルにぴったりのコーディネートです。

愛されてやまない組み合わせ「アズーロエマローネ」。
アズーロは「空のような青」、マローネは「栗のような茶」を意味している。

この二色の組み合わせはイタリアオヤジの間で古くから愛されており、ネイビージャケットとの相性も抜群!!
靴やベルトなどの小物に取り入れてもよし!

シャツとベルトで着こなすビジカジスタイル

仕事でも休みでも使えるネイビージャケットだからこそ「ビジカジスタイル」にも積極的に使っていきたい。白パンだとカジュアル過ぎる印象だが、グレーのパンツならビジネスシーンでも間違いない。

ビジカジスタイルに着こなすコツはインナーのシャツを少しラフな素材感にすることだ。
ベルトもいつもと違うカジュアル感のある色使いをすると遊び心が刺激される着こなしになる。

袖をまくって夏の風を感じる着こなし

ジャケットはもはや「ちゃんと着こなす」アイテムではない。
休みやアフター7などのシチュエーションでカジュアルダウンするときは、あえて袖をまくって着こなすと涼しげな雰囲気が出る。

気温が高い日は暑苦しく感じるネイビージャケットを少しでも涼しげに見せる着こなしだ。
夏は手首や足首などの「首」を見せるように着こなそう。

ワントーンで決めるときはアクセントになる色を

ワントーンコーデをするときも、ネイビージャケットを使うと「仕事感」や「きちんと感」が出るが、小物やバッグ類までネイビーにするとファッションとして面白みに欠ける。

ここは「アズーロエマローネ」を意識して、アクセサリーや小物類でブラウンを取り入れて着こなすといい。靴やバッグは、明るめのブラウンレザーで揃えよう。

ノーカラーのネイビージャケットを着こなす

ジャケットというと襟のついたものを着たくなるが、カジュアルではノーカラーのネイビージャケットも着こなしたい。

どうせ組み合わせるなら、ありきたりなボーダーのTシャツや白いワイシャツよりもストライプのシャツを選ぶといつもと違うイメージになりそうだ。
ビジネスマンなら夏用シャツとして1枚は持っているであろうストライプシャツをネイビージャケットに合わせることでスッキリとして涼しげになる。

セットアップはあえてキャップを合わせる

ネイビージャケットとセットアップで着こなすのに、あえてキャップをかぶるカジュアルダウンの着こなしも覚えておきたい。

大人だからこそ「ちゃんとしなくちゃいけない場所」があるにも関わらず、どうしても「きちんとした服装が苦手」という男性も少なくないだろう。
TPOに合わせた服装ができてこそ大人の男。
だが、無理をしなくてもネイビージャケットが真面目な雰囲気を出してくれるから安心だ。柄シャツではなく無地を選ぶのも「真面目&清潔感がある見た目」に見せる着こなしの一つ。

ピンクのネクタイを合わせてみる

ネイビージャケットは定番だからこそありきたりになってしまう。
ビジネスシーンで「ありきたり感」を防ぐためにも、ネクタイで遊んで着こなしていきたい。

大人だからこそ、あえて選んでみたいピンクやオレンジなどの女性っぽい色も積極的にチャレンジしてみよう。夏は“かのこ素材”のネクタイも出てくるから素材感で遊ぶという着こなしもいいだろう。

ネイビーは昔からメンズファッションの要となる色だが、今期はネイビージャケットがかなりアツい!
仕事でも休みの日でも楽に着ていける一着を見つけて、スタイルに清潔感とスマートさをサラっと演出してみよう。
きっと周りの女性たちの熱い視線を感じるはず。

ファッション #ネイビー #ジャケット #ファッション #カジュアル #着こなし

この記事のライター
和田 久美子
和田 久美子
浦和レッズの熱烈サポーター女子☆ 競技とわずスポーツ観戦が大好きです!
関連記事

【外見や内面の印象で、服装選びは変わる!】自分に似合うファッションコーデの作り方

田中 優

【あなたは幾つ当てはまってる?】見た目がダサい男性に共通する、ファッションのNG項目8つ

彩香

【見る人がみれば、一目でわかる!】女子が思う、ファッションセンスがない男性の特徴5つ

彩香

夏の着こなしは、女子ウケを狙え! 大人の男性にオススメなアウトドアファッション・5コーデ

彩香

遊び心満載! プライベートにも着回しできるメンズの「紺ブレ」コーデ10パターン

椎名 香澄

【男子の顔・体型お悩み別】コンプレックス解消のファッションコーデ10パターン

成嶋朋恵

今どきファッションをリーズナブルに楽しむ! 大人メンズの「プチプラ」ブランド10選

猫女