栄養豊富な野菜を美味しく!食べ方のレパートリーは?

栄養豊富な野菜。大人になった今も実は苦手だという方も多いのではないでしょうか?
煮る、焼く、蒸すなど野菜も美味しく食べる方法はたくさんあります。
栄養豊富な野菜をがっつりおいしく食べられる料理、食べ方のレパートリーをご紹介します☆

野菜の食べ方①:蒸して食べる

まずは野菜の食べ方としては「蒸野菜」があります。温野菜として「蒸野菜」を想像する人も多いのではないのでしょうか。この方法は栄養素が外に流れにくく、野菜をがっつり食べたいときにおすすめです。

作り方は、フライパンにお好みの野菜を重ならないように置き、少量の水を入れてふたをした状態で火にかけるだけです☆また、やさいに少量の水をかけふんわりラップをした状態でレンジでチンするだけでもできちゃいます。

野菜の食べ方②:煮る!野菜たっぷりのスープはいかが?

野菜は茹でると水に栄養素が溶け出してしまうので、栄養を丸ごと摂れる野菜スープにして食べるのがおすすめです!

作り方は好きな野菜を好きな味付けのスープで煮込むだけなのでとても簡単ですね。お肉も一緒に煮込めば栄養満点のメインディッシュの完成です!

煮ることで野菜のかさが減るので、煮るときにはたくさん野菜を入れましょう。

野菜の食べ方③:焼き野菜が万能だった!

野菜は油で炒めて一緒に食べることで栄養素の吸収率がよくなります。また、焼くことで甘みが増すので生野菜や蒸野菜とはまた違った味わいを楽しめます。

特にピーマン、にんじん、ブロッコリーなどの緑黄色野菜は熱に強いので焼くのに最適!カラフルな野菜を大きめに切ってオリーブオイルなどで焼いて食べるのがおすすめです。

野菜の食べ方④:加熱に強いじゃがいもは茹でる

野菜は茹でると栄養が流れ出てしまいますが、じゃがいもやサツマイモなどのいも類は熱に比較的強いので茹でるという調理方法に向いている食材です。

じゃがいもは皮をむいたり切ったりせずに丸ごと茹でるのがおすすめ。栄養もおいしさも逃げないのでとてもおいしく仕上がります!茹でたじゃがいもはそのままバターをのせて食べるもよし、ポテトサラダにするのもよしです。

いかがでしょうか?野菜の食べ方、レパートリーはたくさんあります。レパートリーも豊富だと飽きずに食べられそうですね☆
栄養豊富な野菜を美味しく食べる調理方法をいろいろ試してみましょう♪

グルメ・料理 #野菜 #レパートリー #食べ方 #煮る #蒸す #焼く #栄養豊富

この記事のライター
江口えみ
江口えみ
青いものに神秘を感じます。 メンズの方に記事執筆ガンバります。
関連記事

多くの女性陣が“不愉快”と回答! 男性と食事をするときに「食べ方」のマナーで気になること

上田 愛子

【薄毛・ハゲ対策】髪に“いい食べ物”と“悪い食べ物”って? こんな食べ方やってない?

山村 梨花

ダルくならない、眠くならない!朝食の正しい「食べ方」&「メニュー」とは?

峯田ルミ子

アノ強烈なニオイが嫌?ニンニクの特徴と魅力、苦手な人にオススメの食べ方とは

きたの奈々

食べ方の工夫でヘルシーに。ファーストフードの健康的な組み合わせ

江口えみ

野菜不足の男性に。レンジで簡単!温キャベツサラダの作り方

下田 有紀

低カロリーで美味しい!素麺(そうめん)の簡単レシピ4つ

関根まさみ