デニム×スニーカーの組み合わせが最高! デニムに馴染む「スニーカー」6タイプ

「デニムに馴染まないスニーカーなんてないのでは!?」と思ってしまうくらい、2つはとても相性の良い組み合わせ。
自分の着こなしに合わせるならどのスニーカーのタイプを選べばいい?何を重視したらいい?
デニムとあなたの好みに馴染みそうなスニーカーをご紹介します。

タイプ①|ハイカットスニーカー

ハイカットスニーカーは足首までかっちり覆うタイプのスニーカー。
素材によって、コーディネート全体の中での存在感も若干異なります。多少、着脱が面倒ではありますが、オシャレ感が強いアイテム。オシャレに関して無頓着になってきた大人メンズにこそ、あえて選んでほしいタイプのスニーカーです。
足首が見えない程度のロールアップが大人な雰囲気。夏には短パンと合わせてもオシャレです。

タイプ②|ミッドカットスニーカー

あまり耳馴染みがないミッドカットスニーカーは、ちょうどくるぶし丈あたりまであるスニーカーのこと。
ストレートやスリムなデニムパンツと合わせて、裾をスニーカーの中に入れてもロールアップとして巻いてもよく似合います。パンツと靴下の色を統一し、あえてスニーカーの色と素材を切り分けする着こなしをしても面白いですね。
そしてこのミッドカットスニーカーはハイカットより履きやすく、ローカットのように脱ぎやすいのが魅力です。

タイプ③|ローカットスニーカー

機能性や素材問わずシンプルに履きこなせるのが、くるぶし下丈のローカットスニーカーです。
デニムも太さや丈を問わずどんなスタイルにも似合うので、誰もが一足は持っているスニーカーではないでしょうか。季節に合わせて素材を選んだり、服装に合わせてデザインやカラーを選べる柔軟性の高いアイテムですね。
「スニーカーとデニムの組み合わせはカジュアルになりすぎるのが気になる」という方であればモノトーンを選ぶのが正解。

タイプ④|ランニングスニーカー

ランニングスニーカーは、歩きやすさや履き心地など、デザインよりも機能性を重視するときに選びたいスニーカーです。
通気性が良いので、靴の中のムレが気になる人はオススメですが、雨・雪に弱いのが難点。アクティブシーンに強いので、天気の良い日はアグレッシブな休日を過ごせるはず。
ランニングシューズはメッシュ生地タイプが多いので、薄手のデニムパンツにも相性◎。

タイプ⑤|キャンバススニーカー

街歩き用スニーカーとして定番のキャンバス地タイプのスニーカーです。ローカットやハイカットなど、タイプは様々ですが、いずれもカジュアルに履きこなせるスニーカー。
カラバリ(カラーバリエーション)が豊富でデザイン性も高いので、お気に入りの一足を選べばコーディネートのアクセントにも使えるアイテムです。
ちょっと冒険した派手めの色のスニーカーを履くときは落ち着いた色で全体をコーデして、シンプル目の色のスニーカーを履くときは爽やかコーデで統一しましょう。

タイプ⑥|スリッポン

スリッポンは靴紐がないタイプのスニーカー。靴紐がない分、カラバリもデザインも豊富です。チェック柄やタイダイ模様など、生地や生地染めの色柄の魅力をそのまま楽しめます。
ツルンとしたデザインなので、キレイめにコーディネートしたいときに重宝する一足。白や黒はノームコアスタイルにも相性ピッタリです。
そしてシンプルに履きたいスリッポンは、キレイにキープしておくのが大人の嗜み。

デニムに馴染むスニーカーにはいろいろなタイプがあります。足首を見せる着こなしにするなら、ローカットやスリッポンを選ぶと良いでしょう。
そしてお気に入りの一足を見つけたら、今度はスニーカーに合わせたデニムの形を選んでみても楽しいかもしれませんね。

ファッション #デニム #馴染む #スニーカー #コーディネート #タイプ

この記事のライター
中村さゆり
中村さゆり
旅行や新作グルメに興味があります。最近は、ファッション雑誌を定期購買するのが趣味です。
関連記事

ダサくならない! メンズの「デニムonデニム」の着こなしコーデを作るポイント

椎名 香澄

これぐらいは知っておくべき! 昔からずっと履き続けられている「定番スニーカー」10ブランド

Ambassador

スニーカーにハマるおしゃれ有名人たち!第1回「スニーカーベストドレッサー賞」の授賞式が開催

MENDY編集部

組み合わせも豊富! デニムシャツのオシャレな着こなし10コーデ

アリス

今日は何色にする?【印象別】大人メンズの「差し色」スニーカー10色

最上 三夏

一足持っておきたい!上質ホワイトの「レザーシューズ」10ブランド

西川 優里

【着こなし万能!】一枚で便利に使える、男の「デニムシャツ」着回しコーデテク

椎名 香澄