インナーマッスルって体のどこを指す? カラダの“深層部”にある筋肉の鍛え方とその効果

インナーマッスルとは、いわゆる体の表面ではなく体の内側「深層部」に付く筋肉のこと。メタボ体型や肥満の改善にも効果的と言われ、健康維持のためにも非常に重要な役割を果たしています。
今回は、インナーマッスルの鍛え方とその効果についてご紹介します。“見せる筋肉”とは違いインナーマッスルにはこんな効果が期待できます。

「インナーマッスル」を鍛える効果とは?

image1

筋トレなどでインナーマッスルを鍛えることによって、体の内側を支える関節の動きを安定させる効果が期待できます。

姿勢の悪い現代人の大きな悩みの一つ「腰痛予防」にも効果を発揮し、おじいちゃん・おばあちゃん等、高齢を迎えてからの体のバランス維持や転倒防止にも役立つと言われています。

また体の内側にあるインナーマッスル。その筋肉を鍛えることで、普段の座る姿勢や歩き姿も美しくキレイになります。そしてインナーマッスルは、見れば一目で筋肉質だと分かるムキムキとした筋肉とは“質”こそ異なりますが、より健康的な筋肉を作るためには、表面上の見た目の筋肉を鍛えるよりも実は内側にあるインナーマッスルの鍛錬が重要なのです。

「インナーマッスル」とは体のどこを指す?

image2

インナーマッスルは、カラダ全体に散りばめられており、肩の回旋運動を行う「肩関節」、体幹とバランスを保つ「脊柱(せきちゅう)」、歩く・走るなど日常生活をする上で多くの動作を支えている「股関節(こかんせつ)」、脊柱と同じく体幹のバランスと内蔵を支える「腹部」など各部位に集中しています。

さらに、このインナーマッスルの部位を鍛える効果は、ただ単に健康に役立つだけでなく、”体幹”や”バランス“が重要視されるスポーツ競技にも好影響を与えるものとして、最近とくに注目を集めています。

「インナーマッスル」を鍛えるときのポイント

image3

インナーマッスルの鍛え方は、アウターマッスル(表面上の筋肉)とは根本的な考え方から異なります。

インナーマッスル=“負荷の低い”筋トレを長時間行うこと
アウターマッスル=“負荷の高い”筋トレを短時間行うこと

筋トレと言えば、筋肉に重い負荷をかけて行うウエイトトレーニングをイメージしがちですが、体の内側にあるインナーマッスルを鍛える際は、高負荷をかけるトレーニングは必要ありません。負荷が少ない分、長時間・回数を多めに行うことが大切です。

また、インナーマッスルを鍛えるためには低負荷のトレーニングを長時間行う必要がありますので、ダンベルやバーベルなど筋トレの器具を使ったトレーニング方法ではなく、チューブやバランスボール、ストレッチ器具など、体の柔軟性を高めるトレーニング方法を取り入れた方が持続性も上がり、より効果的と言えるでしょう。

他にもある!「インナーマッスル」を鍛える効果

image4

インナーマッスルを鍛えることで、自然と内臓の働きが良くなり、体の代謝も上がります。そして体の代謝が良くなることで、ダイエット効果も生まれ、太りにくくより痩せやすい体を作ることができます。さらにインナーマッスルを鍛えることで、体の内側にある関節が矯正され、体全体の血行促進にも繫がります。

通常の筋トレ時にはなかなか意識をしない内臓の動きを活発にすることで、より多くのエネルギーを燃焼できるようになるのです。

「これから体を鍛えていこうかな…」とお考えの方は、表面のアウターマッスルを鍛える前に、まずは内側にあるインナーマッスルから鍛えていくことをオススメします。普段から内側のインナーマッスルを鍛えておくことで、いざ表面のアウターマッスルを鍛える際にも、良きサポーター役として効果的な筋トレの手助けをしてくれるはずです。

インナーマッスルは、筋トレ効果の見えやすいアウターマッスルに比べてトレーニングを持続していくことが非常に困難と言われています。しかしその分、アウターマッスルとは違った効果も期待できます。
またインナーマッスルを鍛える方法としては、筋トレなどの道具・器具を一切使わず、体一つで出来るトレーニング方法もありますので、手間いらずで始められる点もメリットの一つ。見せる筋肉ではなく、体の内面を鍛え健康維持に繋げるインナーマッスル、ぜひ日々のトレーニングの一環として取り入れてみてはいかがでしょうか。

健康・メンズ美容 #インナーマッスル #鍛え方 #効果 #健康 #体幹 #バランス #筋肉 #筋トレ #ダイエット

この記事のライター
猫女
猫女
駆け出しのライターです。 幅広くいろんな記事を書きながら、なるほどと思わされることが たくさんある毎日を送っています。
関連記事

【溜めずに、捨てる】仕事の「断捨離」で得られる効果と、実践する上で見るべきポイント

浅田ちひろ

なぜ、男は女の裸を見たがるのか? 人間心理「カリギュラ効果」によって性的欲求が高まるワケ

村田 芳実

気になる女性には、“同じ・類似・共通”の法則で近づけ! 心理士が教える「内集団びいき」の使い方

村田 芳実

【男の“ピンク色”がもたらすファッション効果とは?】ピンク色のアイテムで作る、着こなしコーデ

日向ちか

いろいろな効果が期待できる! お風呂のストレッチで得られるメリットと、その実践方法

猫女

お風呂は、湯船にゆっくり浸かろう。疲労回復と安眠効果にオススメの「入浴剤」10種類

浅田ちひろ

バランスよく鍛えろ!「腕の筋肉」をより効率的に鍛えるための正しい筋トレ方法

橋本まいこ