【「食べ過ぎ後悔」の前に読む。】“食前・食中・食後”の消化対策コツ9つ

休日や連休は飲み会や食事会などイベント事が盛りだくさん!
楽しいイベント…でも、気を付けないと「食べ過ぎ」による体調不良に陥ってしまうかも!脂っこい食事やアルコールの摂取が続くと、胃もたれや消化不良を起こしてしまいます。スマートにお食事を楽しむために、胃の「消化対策」についてのコツをしっかり覚えておきましょう。

【食前】食べ過ぎ対策にタイガーナッツを食べよう!

連日の食事会で気を付けたいのは「太る」ことですよね。普段から体に気を使っていても冬は何かと食べ過ぎてしまいがち。そこで、食前にスーパーフードとして話題の「タイガーナッツ」を食べるだけで肥満予防になるといわれているんです。
タイガーナッツは栄養価が高いだけでなく、食物繊維も豊富で腹持ちが良いので、モデルさんも食事前にタイガーナッツを食べることで、食べ過ぎを防いでスタイルキープしていると言われているんですよ♪

【食前】酢のものを食べて消化対策!

image2

胃もたれの主な原因は胃液の減少にあります。十分な胃液が分泌されずに消化不良を起こしてしまうことがあるのです。一番の消化対策は「胃液を分泌させること」にあります。そのために、お肉などのメインを食べる前に酢の物を食べましょう。酢の効果で胃が刺激され、胃液が分泌しやすい環境が整います。食事の前に出される「お通し」が酢のものであれば、必ず食べるようにしましょう。

【食前】炭酸水を飲むと「気持ち悪く」なりにくくなる

image3

食事だけでなく飲みすぎにも気を付けたいですよね。ついこの間までは、二日酔い防止のために牛乳が良いとされていましたが、今は「炭酸水」を飲むと良いといわれています。炭酸水は字のごとく炭酸が含まれています。炭酸ガスが胃に溜まることで、余計なアルコールを飲まずに済みます。また、炭酸水を飲むことで胃が刺激されて活性化するので、正常な状態に整えてくれる効果も期待できるんですよ。暴飲暴食で胃の調子が優れないときは、炭酸水を飲んでみましょう。

【食中】食べ過ぎ対策は「よく噛んで食べる」が定説

image4

「よく噛んで食べると太らない」
一度は聞いたことがある通説ですよね。実際、よく噛んで食べることで消化を良くする効果が期待できます。また「食事」に集中してたべることも重要です。テレビを見ながら・スマホを見ながらの食事だとだらだらと食べ続けてしまうので、できれば食事とテレビの区別をしっかりつけて食べるようにしましょう。

【食中】野菜を積極的に摂取すると胃がもたれしにくい

image5

胃もたれの原因は主に脂っぽい食事、濃い味付けの食事にあります。
居酒屋料理や、デリバリーピザなどのジャンクフードなどのパーティーメニューや、お酒に合う料理はピッタリ当てはまります。
胃腸の調子があまり優れない場合は、お刺身やこってりとした肉類、揚げ物などの消化に悪い食事は避けるようにすることが無難です。

【食中】油分を摂取すると「気持ち悪く」ならない?

image6

食事をせずにお酒ばかり飲んでいると二日酔いが心配ですよね。食事とアルコールのバランスは重要です。二日酔いは、過剰なアルコールを胃が吸収しきれずに起こる現象です。油分は胃に吸収するまでに時間が掛かるので、お酒と一緒に脂質を摂ると、ゆっくりとアルコールが吸収され、胃に負担がかかりません。
油分が多く含まれる食事は、「カルパッチョ」です。オリーブオイルがふんだんに使われたカルパッチョで二日酔いを抑制しましょう。

【食後】食べ過ぎたらコーヒーを飲んで胃を落ち着けて

image7

太らないために、食後はブラックコーヒーを飲むといいという説があります。ブラックコーヒーに含まれるカフェインには脂肪を分解する働きがあるといわれています。カフェインには利尿作用もあるので、お酒を飲み過ぎた時はコーヒーの助けを借りるのもいいですね。食後にコーヒーを飲むと、自分の中で「今日の食事は終わり」と区別できて脳の切り替えもスムーズ。そういう意味でもブラックコーヒーはおすすめです。

【食後】気持ち悪いときは、こまめな水分補給を!

image8

飲み過ぎなどで気持ち悪くなった翌日なら、スポーツドリンクも有効です。スポーツドリンクに含まれるナトリウムが水分の吸収を早めます。たくさんお酒を飲んだ後はお水を飲んで、体外に水分を排出するように心がけ、その作業が終わったら、今度は体内に吸収する水分補給をしてあげるのです。水を飲むよりもスポーツドリンクを飲む方が水分の浸透が早いので、水をたくさん飲んでトイレに行ってスッキリした後はスポーツドリンクにチェンジしましょう。

【食後】どうしても解消できない不快感は薬の力を借りましょう

image9

連日の食事会で気持ち悪くなったら、お薬を服用するという手があります。弱ってしまった胃を正常に戻してくれます。症状によって選ぶ薬も変わってくるので、薬剤師さんのいるドラッグストアで相談しましょう。
食べるのもつらい時は「お味噌汁」だけでも食べるようにしてみましょう。豆腐は消化にもいいのでピッタリです。胃が落ち着くまでは、辛いものや消化に時間が掛かる生ものは避けましょう。無理のない食事をして体内を休ませるようにしてください。

今回は、胃の消化対策を食前・食中・食後別に取り上げてみました。飲み会や食事会などイベント事が連日続く際は、どうしても胃に無理をさせ過ぎてしまう場面が出てきます。どれだけ楽しい食事の場でもスマートな振る舞いができるよう予め節制する手段を心得ておくことも大切ですよ。

グルメ・料理 #食べ過ぎ #消化対策 #食事 #胃もたれ

この記事のライター
雨宮 薫
雨宮 薫
読書とスポーツ観戦が趣味です。 日頃から好奇心旺盛で「面白そうだな♪」という事に興味があります。 記事にも反映できるように頑張ります。
関連記事

多くの女性陣が“不愉快”と回答! 男性と食事をするときに「食べ方」のマナーで気になること

上田 愛子

「ゲッ、ご飯マズいよ…」料理苦手な彼女との付き合い方

華見 月

【食事デートの罠】デートしたいんじゃなく、ただご飯奢ってもらいたいだけのオンナが取る言動3つ

藤本 由佳

【女性にアンケートで聞いた】初めての食事デートは、どんなお店に連れて行ってもらいたい?

上田 愛子

「俺のアソコ、凄く良いと思う。」久しぶりのデート相手、バツイチこじらせ男との居酒屋尾籠…

コラム小説

【大食い男子へ】食事の量を減らすメリットと「小食」を継続するコツを知ろう。

きたの奈々

筋肉作りに欠かせない!「筋トレ後の食事」で気をつけること。

小林 寧々